<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スワップション(少し追記しました)

三菱UFJモルガンが993億円のトレーディング損失、300億円の増資へ
三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJモルガン・スタンレー証券(秋草史幸社長)は21日、親会社の三菱UFJ証券ホールディングスに対する300億円の第三者割当増資を実施し、資本増強すると発表した。フィクストインカムのポジショントレーディングの一部業務で1─3月期に993億円のトレーディング損失を計上し、2011年3月期決算で大幅な最終赤字になるのが主因。
 増資後の三菱UFJモルガン・スタンレー証券の自己資本規制比率は250%程度になる見通し。払込期日は4月22日。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の11年3月期当期損益は1450億円の赤字。このうち、11年1─3月期にトレーディング損失を計993億円計上したことが大きく響いた。
 会見した三菱UFJモルガン・スタンレー証券幹部によると、損失の原因は、1)トレーディングで相場を見誤った、2)問題となったポジションを圧縮するため損切りした、3)その他のポジションでも評価の甘い部分の評価を見直した──の3点だった。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、今回損失を計上した業務を縮小する。
 三菱UFJ証券HDは同時に、2011年3月期当期損益が500億円の赤字になる見通しだと発表した。
(ロイター2011年 04月 21日 17:50 JST)

というわけで久々に出てきましたマーケット事件簿。
今回は三菱UFJモルガンスタンレー証券(ながっっ)*のスワップション(金利のオプション商品)における損失1000億**。わたしゃ株屋で債券畑ではないんですが、調べてみたことを少し。
*過去最も長い社名だと思ったのは太陽神戸三井銀行とか、日興ソロモンスミスバーニーとか。
**兆じゃないからマーケット事件簿にしては小さいなー、っていうのは感覚が多分おかしいです、ええ。

、、、まー、実は会社の外人に「三菱がスワップで大損してるらしい、、」という噂を聞いたのは2月?3月頭くらいだったかな?と思います。そんときは「ふーん」位にしか思ってなかったんですが。

さてさて、デリバティブというと直ぐに数字がインフレしてしまいます***。今回は「三菱UFJは130兆円!のポジションをもってた、、」という話にになってますが。で、実際にどうだったの?ということで三菱UFJのディスクロージャー資料から数字を拾ってみましょう。
***これはデリバティブが相対で取引されるため、見た目ポジションゼロでも、裏で大量な残が積みあがってるため(例えばあるオプションの契約を100億JPモルガンとして、GSで反対売買したらエクスポージャゼロですが、グロス残は200億)。下記に出てきますが、例えば三菱UFJの金利スワップ残はあわせて約570兆!もあります。

2011年(平成23年)3月期 中間期のディスクロージャー資料13Pに連結のデリバティブの保有残高が出ています。

(1) 金利関連取引 (単位:百万円)
         契約額等        時価 評価損益
                うち1年超
金融商品取引所
 金利先物
  売建 4,872,638 2,816,437 △14,767 △14,767
  買建 3,262,810 2,060,858 17,734 17,734
 金利オプション
  売建 3,368,294 43,515 △999 557
  買建 3,568,916 43,640 1,067 △906
店頭
 金利先渡契約
  売建 21,634,720 119,763 3,150 3,150
  買建 24,139,602 142,092 △2,759 △2,759
 金利スワップ
  受取固定・支払変動 264,835,154 198,680,174 7,999,716 7,999,716
  受取変動・支払固定 270,205,464 195,083,420 △7,575,676 △7,575,676
  受取変動・支払変動 32,881,487 24,440,911 △25,074 △25,074
  受取固定・支払固定 498,096 461,855 △39,813 △39,813
 金利スワップション
  売建 72,044,440 49,437,342 △895,743 △275,953
  買建 49,721,274 31,748,383 835,082 257,770
 その他
  売建 5,297,056 4,500,993 △28,591 △11,577
  買建 3,004,154 2,014,715 27,648 16,698
合計      ー ー 300,972 349,098

確かに他の金利先渡契約や金利スワップなどはほとんどエクスポージャーがマッチアウトするような形になってますが、金利スワップションだけ売建72兆/買建50兆となっており、差分22兆円の売エクスポージャがあります(金利スワップは売265兆/買270兆の5兆、時価差分は4000億)。また、1年超のポジも売差分18兆も出ています(三菱東京UFJ銀は売建6兆/買建5兆と桁一つ違うので、ほとんどが証券部門のポジションだと思いますが)。
もちろん単純に裸でもってるとも思えません。現物やスワップでヘッジしているとも思えますが、それぞれの商品での利益でみるとこの時点ですでに150億円の損失が出ていることがわかります(もちろんヘッジポジションで利益が出て相殺されているとも思いますが)。さらに時価評価を見ると、6000億の売超となってます。

ちなみに10年3月期のポジションは売建60兆/買建40兆とやっぱり20兆円の差分エクスポージャがでてます。この時の時価差分はほとんどゼロ、09年3月期をみると売建43兆/買建32兆の差分10兆円時価差分600億売超、08年3月期は売建28兆、買建23兆の差分5兆円時価差分は1800億の買超。確かに直近ポジションが大きくなってます。

しかしながら、普通考えるとあまりにも大きいポジション。もちろん実態はわかりませんが、どうも6000億のショートしたところに急に踏まれて大ヤラレした、という風に見えます。6000億で1000億のロス、というと17%くらい****。一部ではディープアウトのオプション(例えば日経オプションでいうと5000円プットとか、ありそうもない現値から乖離したストライクのオプション)のショートを踏まれた、との話もありましたが。確かに例えば10年3月期だと20兆も売超なのに時価差分額がゼロ、ということは安いオプション(=アウトのオプション)のポジションが多い、ともとれます。
****bloombergでスワップのチャートをみると、10年とか昨年12月中旬に妙な上ひげをつけてたりして、「あーこのあたりでロスカットかなんかしたのかなあ」とも思いましたが。アウトのオプションなんて一瞬で価格が倍になったりしますので、実際のとこどうなのかはわかりません。

ともあれ、大怪我なのは確か。かつて私もアウトのオプションのショートは危険と教わりましたが。プロでもオプションの売りは難しい、ということでしょうか、、。

【追記】しかしよく見ると一貫してノーショナルは売超、時価はほぼフラット、というポジションなので、基本アウトショート、ニアorアットがロングの単純なボラスマイルに沿った戦略では、とも。そういうシンプル戦略(リクイディティはなかったかもしれませんが)で大損、ってどう考えてもリスク管理とか、モデルの問題だとおもう私はフロントの人間だからですか、そうですか。

【追記2】下記コメントいただきましたが、株と違って金利オプションは長さ(例えば10年のスワップションと1年のスワップションといった)でリスクが全然ちがいますから、単純に上の分析で”どういうリスクエクスポージャだったか”はわかりません。ただ、全体でガンマショートになっていたところに”昨年度後半のJGBマーライオン相場 by はちご先生”でやられた、んだろーな、とも思います。個人的にはオプショントレーダの人は”長短ミスマッチ”までポジションをとらんのでは?とは思いますけど、、(デュレーションはマッチさせてボラのみにリスクエクスポージャを限定してた、という意味、イールドカーブとボラの期間構造でアーブやってた、って話なら知りません)。
[PR]
by ttori | 2011-04-22 20:30 | Market(マーケット事件簿)

はちご先生2

1で株式現物市場について述べましたが、続いて株式デリバティブ(派生商品)市場。

通常、デリバティブはオプション・フューチャー・その他デリバティブという風にいわれます。

その中で一番簡単で有名なのが先物だと思われます。
先物はある期日(満期日)での当該銘柄(指数)の指定値で決済されるという派生商品です。例えば日経平均先物は、日経新聞社が発表している日経225種といわれる指数に連動するデリバティブです。

一般に間違えられやすいのですが、先物は先渡し契約の一つの分野です。これは指定期日に指定した値段で決済を行うことを先渡し契約といいます。例えば現物株を指定値段(例えば3ヵ月後の引値など)で売買することを先渡し(フォワード)契約といいます。

この先渡し契約を標準化して上場させたものを先物(フューチャー)といいます。時々このへんの知識があいまいな方が「先物をOTCで売買したいんですが、、」というとんちんかんな質問が出たりします。

現在日本で最も出来高(コントラクト)が多いのが日経平均先物。また機関投資家が多く使うTOPIX先物。日経平均先物は指数に1000円をかけたものが標準形となっており、通常3,6,9,12月隔月の第二金曜日の各構成銘柄のオープンの値段で決済されます(この日をSQ(スペシャル・コーテーション)日といいます。ただこの言い方は日本だけらしく、海外では”エクスパイヤー・デート”といったりします)。
*気をつけなければならないのはこの”コントラクト”数。最近時々韓国の先物契約数が日本の数倍、という報道があったりしますが、これはこの”コントラクト”数をいいます。ただ、日本の先物が一枚当たり1000万円程度の参照契約金額(ノーショナル)となっていますが、韓国の先物はそれよりもはるかに小額となっています。

でデリバティブの特徴といえばレバレッジ。上記の日経平均先物は現在一枚あたり100万弱の委託保証金(担保)で売買することができます。つまり1000万円近い契約を100万円程度の資金で売買することができることになります。レバレッジ10倍。この委託保証金は売買翌日までに、売買した証券会社を通じて、証券取引所に収められることになります。
気をつけなくてはならないのはデリバティブは個別契約。つまり誰かと誰かの契約となります。通常売買契約と一緒で売り手と買い手がいます。通常の売買契約は買い手と売り手が株券と現金を受け渡して終わりですが、現物株券が存在しないデリバティブ契約は売り手と買い手が満期日までその契約を維持しなければなりません。

つまり長期のデリバティブ(中には数十年も続く)は相手が必ず最後まで契約を守る、ということが前提となります。これは面倒ですよね。だって相手が数十年も必ず存続してるかどうかも怪しい(これをカウンターパーティリスクといいます)。値段が上がったら取引を解消したくても、相手がやだ、といって解消できないかもしれません。

こうした不便さを解消するために出てきたのが、先物や上場オプション市場です。この先物契約は契約相手が必ず証券取引所、となります。前の記事で書きましたが、証券取引所の上場市場の特徴は全てを一般化し、”価格のみ”の交渉で売買できるような商品設計となっている点(だからこそ、先物は受け渡し日や委託保証金(担保)の金額が画一的で融通がきかなくなってます)。またこの委託保証金の計算はSPANといわれる計算方法で過去24週の当該指数のボラティリティ(変動数値)の最大値をベースに計算され、売買日の次の日に証券取引所に収めます。また、相手が必ず証券取引所でさらに売買する指数デリバティブも株券と同じくまったく同じ契約となりますので、買った相手を気にせずに、売り戻して契約を終了することができます。


、、、うーむー、どんどん長くなっていくなあ、、。
[PR]
by ttori | 2011-04-03 17:01 | Market(マーケット事件簿)

はちご先生

はちご先生に触発されて、株式市場まわりに書いてみるなど。

普通の方は株を買うとき、「東京証券取引所」で取引をされることがほとんどだと思われます。
ですが、東証で株を買ってその後どうなってるか気にしない方も多いと思われます。
ので、決済についてとか、OTCマーケットとか、レンディング市場について少し書いてみようと思いいます。

普通東証で株を買うと、T(トレードデート、実際に株を買った日)+3(営業日)で実際の株券と現金の受け渡しが行われます。つまり、4月1日に株を買ったとして(土日をはさまないとすると)4月4日に実際に株券と現金の決済を行います。

普通の方はいわゆる「カウンターパーティ」リスクなんぞなにそれ?って感じだと思います。デリバティブなどの”相手と1対1で取引する”場合は、取引相手がもしかしたらつぶれて、買った株券渡してもらえないかも、、、っというリスクがあります。これがカウンターパーティ(取引相手)リスク。東証で株を買った場合、もっとも特徴的なのが、このカウンターパーティリスクが低い(ない、とは言いません)所にあります。

脱線しますが、アメリカなどでデリバティブの規格化標準化、取引所への取引集中というのはこのカウンターパーティリスクの遮断という側面があります。デリバティブ(金融派生商品)は各個別の取引ごとに微妙に条件が違ったりして、一般化されていません(細かいことはISDAといわれる、デリバの大元の契約書で標準化されていますが、、、)。一方で取引所取引は”だれでも””規格化され””受け渡しまで規定され””売買相手は全て取引所”という特徴があります。

「そんなん普通じゃん?」と思われる方がおられる方も多いと思いますが、普通私達の商取引において全ての条件が一緒、という取引はまれ、だと思われます。つまり株券(会社の所有権を象標化し一般化した券面)という”一般化した”券面を、”規格化”したマーケットで”価格のみを交渉して(板売買)”取引するのが証券取引所となります。

そして一番大切なのが”決済上”での”売買相手”が証券取引所、というところ。普通株を買った場合、”売り手”というのはわかりません。もちろん証券取引所は”売り手”も”買い手”も把握しています。が、私達は株を買ったとき、わざわざ相手を見つけて株券と現金を渡す手間を省くことができます。

証券取引所は何をしているのでしょうか?
証券取引所で売買できるのは指定証券会社となります。指定証券会社は自分のところのお客様が売買する株等の明細を把握しています。証券会社は証券取引所を通じてその取引の決済(株券と現金の受け渡し)を行います(上記T+3で)。株券そのものは”ほふり”と呼ばれる保管振替機構に集中的に集められています。現在は上場株券は紙そのものは物理的になくなり、電子データとなっており、証券会社とのデータのやりとりだけとなってます。
証券会社は全てのお客様の売買を通算し、差分のみの株券をほふりを通じて現物株券の移管します。一方で各売買主体ごとの細かい現金決済もまとめて東証と決済を行います(この時の指定現金決済銀行に仙台の77銀行が入ってたりするんですが、理由を知りたい方はググッてみたら面白いかも)。

一方で通常の株売買市場で”ザラバ”といわれる普通の売買市場以外に”立会い外””市場外”取引といわれる市場があります。

先ほど取引所取引の特徴として”売買相手がわからない”というのを挙げました。一方で機関投資家など大口で取引する場合、”一日では売買できる量じゃない”けど、”今”売りたい、というニーズが発生します。投資信託とかが突然の大口解約で資金が必要立ったりする場合ですね。
この場合使われるのが”立会外””市場外(OTC:オーバーザカウンター)”市場です(東証の場合はTostNet、大証/JASDAQはJ-Net、証券会社が相手での場合取引所を通さない市場をOTCというなど)。
これはザラバ取引が”決済相手は”取引所ですが、売買相手は不特定多数、というのに対して、売買相手が確定していて、決済相手が証券取引所(もしくは証券会社)というものです*。
*ここで取引所取引が決済など”規格化された”取引にだと書きましたが、一方で証券会社が相手となるOTC取引はこうした規格化した部分をカスタマイズできます。例えば決済をT+2にしたりT+1にしたり。株式市場で一般にOTC取引というと決済は証券会社経由、売買報告は証券業協会(JSDA)となっています)。

こうした売買は多くが”証券会社”が相手となり、売買が行われます(顧客同士で相手を見つけて売買する場合も多い)。取引所が”商いを集めて””売買相手を見つける”という機能を証券会社が代替しているともいえます。

証券会社が相手となるとき、顧客がある銘柄を”買いたい!”といったとき、証券会社はプライスを提示し、合意できれば立会外市場で売買を行います。このとき売り手の証券会社はT+3で相手に株券を渡してあげないといけません。

このとき出てくるのが株券レンディング(貸借)市場。
もちろんその日のうちに買い戻すことができれば株券の受け渡しは一日のネッティング決済ですから受け渡すことができますが、買い戻すことができなければ株券をT+3で受け渡すことができません。そのため証券会社はその当該銘柄をもっているところから株券を借りてきます。これを株券レンディングといいます。

レンディング市場というと”空売り”と密接な関係があります。通常空売りとは”株券を他社から借りてきて、売却し、価格が下がったところで買い戻して利益を上げる”という行為です。この”株券を借りてくる”市場がレンディング市場といいます。

通常証券会社のレンディングデスクは大口の株券保有主体(信託銀行など)と連絡をとって、株券を一年契約などでまとめて株券を借りてきます(消費貸借契約)。TOPIXなどのインデックス運用のFM等が貸し出しの主体となり、通常数十bpsでまとめて数千億単位で年間貸し出し契約を結んでいる例が多いと思います。証券会社のレンディングデスクはこの借りてきている株券の在庫を見ながら様々な主体に株券を貸し出しを行います。

、、、しかし思った以上に長くなってしまったなー、、。
とりあえず本日ここまでー。また次の機会にー
[PR]
by ttori | 2011-04-03 11:22 | Market(マーケット事件簿)

きっとこの世界の共通言語は英語ではなく笑顔だと思う

東京メトロのCM

東京メトロ CM 2010年 TOKYO HEART
つながる瞬間篇 新垣結衣
(この新垣結衣さん、超かわいいと思うのは私だけですか、そうですか)
で使われている曲、高橋優さんの「福笑い」。

きちんと聞いた事がなくて聞き流していたのですが、MTVでPVが流れていてその歌詞が心に残ったのでアップ。
特に「きっとこの世界の共通言語は英語ではなく笑顔だと思う」は泣けます。
この曲、今回の地震の被災者の方への応援メッセージとして流れているそうです。

[PR]
by ttori | 2011-04-02 12:34 | CM一考



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧