「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雇用

こちらの方(漂流する身体。とってもクレバーなことを面白く書かれて大好きな方です)が書かれていたのを読んで、個人的に考えたこと。
(毎度毎度ですが、経済学をまったく勉強した事の無い(大学の専攻は物理です)私の妄想です。その辺ご容赦いただければ幸いです。)

議論の元は生産性の向上が雇用を圧迫するか?という問題。
オークンの法則(失業率の変化とGDP成長率にはリニアな関係がある)が破れているのでは?という議論。

個人的な理解からすると、生産性は投入生産要素(資本や労働など)からの付加価値がどれだけ産み出されるか。つまるところ生産性向上とは投入資源が一定のとき、産み出される付加価値が増えること。
付加価値の捉え方としては製品やサービスの生産・消費拡大、GDP成長が考えられます。単純に考えると付加価値が拡大する(GDPが成長するとか)のは生産性が変わらなければ投入資産が増えたということであり、一方で生産性が成長すれば投入資産は一定でも付加価値生産は拡大するということだと思います。
で、上で議論されているのはオークンの法則についてで、投入資産のうち、労働の割合がどうなっているかという風な捉え方をしてます。(前置き長々とすいません、、、)

個人的な捉え方を書くと、現在は雇用がかならずしも一国の中で完結するとも思えないし、アメリカでは生産拠点の海外移転(オフショアリングという話題もありました)により、産業構造として新しい新規領域・高付加価値セクターへの雇用の移転があって始めて失業率が本格低下を始めるという意味では、上のリンク先のシカゴ連銀総裁の見方と同じかなあと(つまり、失業者のスキルと雇用者の要求とのミスマッチ)。その上で、失業期間の長期化ということはアメリカで新規成長セクターが出てきていないのでは?という問題意識もでてきます(これはこれでとっても大きな問題になりそうですが、、、)。
また、アメリカのGDP成長の一部をオバマ大統領が輸出倍増により実現するのであれば、なおさら雇用問題が大きくクローズアップされることになります(輸出、ということであれば海外の雇用を国内に移転するとの見方。それが過去ブロック経済や近隣窮乏策など様々な問題を引き起こしてきましたが、、、)。この策のイワンとしていることは、自国内の需要喚起ではなく、海外需要をあてにしている、ということ。

そこから考えると、過去FRBは雇用統計の明確な反発をもって引き締めに転じています。
ところが上記のように生産性向上してGDPが成長し始めているのに失業率が低下せずFRBがジレンマを感じる事が出てくる(そして利上げはせずに文言だけでインフレをけん制する>資産インフレを引き起こす)のではないか?とも思います。いくつかのブログでも、近年過去の不況からの脱却時において失業率が明確に反転し始めて不況前の水準に戻るまでの期間が延びている、という話題は各所で取り上げられていた記憶がありますが、米国の産業構造の変化に対応しているのでは?ともおもいます。
もし未熟労働者(業界固有知識などを持たないという意味の労働者)の雇用や単純労働者が雇用回復の中心としてるのであれば、その雇用の多くは現在海外へ工場移転により海外で雇用が行われます*。未熟労働者が必要なのはまったくの新規産業か海外移転できないサービス業だと考えられます。そしてサービス業の雇用の多くは景気に遅行していくのでは?とも考えられます。さらにGDP成長の一部を輸出(海外需要)に頼るのであれば国内需要の低い伸び>国内サービス産業の活況の遅延、、となりなおさらでしょう。
もちろん生産性向上は既存労働者の技術スキルアップや技術革新だけで達成できるとも限らないし、新規雇用が生産性を向上させる面もあるかもしれません(このあたり上記リンク先では不透明、という表現がされています)。
*ただ、景気回復が必ずしも海外の生産(つまりアメリカ国内にある研究や高付加価値部門ではなく)から雇用が回復するとも限らないですが、、。キャタピラー(だったかな?)は海外にあった生産拠点をアメリカ国内に戻す、という話も出ています。オバマ政権としてはわざわざ”輸出”で稼ぐ、といってますから、生産拠点の国内還流を起こすような諸制度を手当てするつもりかもしれません。

そう考えると、過去将来のアメリカの利上げについて書いたエントリーでFRBは「インフレに十分警戒するけど、しがらみで出遅れてインフレ」という腐った見方をしている、ということを書きましたが、なんとなくあたっているかなあ、ともおもいます。

あ、もちろんこれは単なる私の妄想です。上記のような「経済構造」みたいな漠然とした言葉で「雇用」というリアルな数字を説明できるとも思っていません(明確に調べるためには雇用統計で新規の雇用先:現在は人材派遣で、その派遣先がどうなっているか調べるとわかるかもしれませんが、、、。まあ現在の雇用統計はアメリカ国勢調査の調査員による政府雇用で歪んでいる、という指摘も)。ただ、もう少し生臭い話からするとFRBの利上げ時期というマネーリアルな問題についての見方の一つの頭の体操としては面白いかなあ、とも思います。

【追記】攻め!「YUI Gloria」
[PR]
by ttori | 2010-03-22 10:15 | プライベート

最近読んだ本

f0005681_2073112.jpgマネーの進化史 ニーアル・ファーガソン
フリー <無料>からお金を生みだす新戦略 クリス・アンダーソン
IMF(国際通貨基金) 使命と誤算 大田英明
禁断の市場 フラクタルでみるリスクとリターン ベンワー・B.マンデルブロ/リチャード・L.ハドソン
そして
メタル・トレーダー 地球を売買する男たち  A.クレイグ・カピタス /飯島宏
もはや絶版となっているようですが(私は中古で買いました)、伝説のメタルトレーダー・マーク・リッチの物語。その生い立ちから商品トレーダー会社・フィリップブラザース(その後のフィブロ・ソロモン、最近までシティの傘下)で頭角を現し、自らの会社を興し、汚職をものともしない姿勢で巨額のマネーを稼いでいく姿が描かれています。イランに食い込み、第三国との武器輸出やマネーロンダリングや脱税を繰り返し、そしてイラン原油密輸の罪で有罪を受けるまでの過程が描かれています。そしてその傘下のトレーダーが惨殺されたり、麻薬に溺れて早世するなど、後ろ暗いところも余すことなく描かれています。

最近メタルを初めコモディティ投資が一般化し始めていますが、コモディティ投資を始める前にこういう世界でもある、という事実をしるには面白い本でした。
[PR]
by ttori | 2010-03-18 20:10 | 本 / CD / TV

今週の間違い

家族で東京ディズニーランドへ。
そこであった、「カールじいさんの空飛ぶ家」の人形(↓こんな感じ)をみてヨメが一言
f0005681_16422548.jpg

「ああ、カールじいさんの空飛ぶ家ね」と。



、、それはこんな感じですか?
f0005681_16474696.jpg

(85年の阪神優勝時に道頓堀でダイブして昨年見つかったカーネルじいさん)<あほ
[PR]
by ttori | 2010-03-17 16:44 | プライベート

統計(追記あり)

統計というのは普通に考えられるより予想外に難しいものなんですが。
これはひどいと思うんですけど、、。

7―9月GDP、0.6%減だった4.8%増から修正3回
 内閣府は11日、2009年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)が物価変動の影響を除いた実質で前期比0・1%減、年率換算で0・6%減のマイナス成長だったと発表した。
 7~9月期のGDPは、昨年11月発表の速報値では年率4・8%増だったが、同12月に1・3%増、今年2月に0・0%増へと下方修正されていた。今回、3度目の下方修正でマイナス成長に転じたことで、GDP統計の信頼性がますます揺らぎかねない状況だ。
 下方修正の理由について、内閣府は、製造業などが抱える在庫を示す「民間在庫」の計算で季節によって大幅に変わる要素を取り除いた結果、数値が引き下げられたと説明。09年後半以降、景気が回復基調にあるという見方は変えないとしている。
(2010年3月11日 読売新聞)

速報で年率4.8(四半期で1.2)%>1.3%>0.0%と来て最後はマイナス0.6%。特に7~9月期はリーマンショックからのリバウンドで高めに出る、という話ではあったとは思いますが、、。

ちなみにこちらで一次速報と二次速報の違いが書いてあります。
要するに一次速報は設備投資や在庫統計をモデルで推計して計算して、二次速報は法人企業統計などの調査を加味して推計したものなんですが。

確かにリーマンショック後に急激な在庫調整や投資抑制(派遣切りとか話題になりました)があり、その後のリバウンド局面で急激にもどったりしたので、過去時系列推計だとうまく捕らえきれないんだろうなあ、と思います(そもそも鉱工業生産指数とかも過去無かったような爆落>リバウンドをしたり)。それこそあれだけ巨大な国土と人口の統計なのに、たった一ヶ月でGDP成長率8%達成!!ときちんと出してしまう中国(そして誰もその怪しさに疑問を呈さない)に比べてコンマ以下の話ではあるんですけど。

ちなみに政治家の方はこの統計を元に「景気回復してます」とのたまっていたわけで。投資家に誤解を与える情報を流していたともいえます。ただまあ日本人、悲観的過ぎるから上方にぶれさせて「気分だけでも」景気回復してもらえれば、実際に景気回復するかも。
景気は気から、といいますし。

、、、ダメですか?<あほ

【追記】東京株マーケット、、日中ボラなし。死亡中。とりあえず来週の日銀の政策決定会合で新たな量的緩和(?)策が出てくるかが焦点。とはいえ、2年国債も残存3年も利回り20bp以下に潰れている現状、何を期待しているか不明。ただ、外人に対してこの「金融緩和」と言う言葉は魔力があるようで、前回の量的緩和アナウンス時点も外人大幅買い越し。このまま日経高値で期末を迎えるか?との期待感が高まり、、。
海外では昨日出たリーマン破綻のレポートが話題。特に話題は「レポ105」取引。基本的にレポ、レンディング(貸借)取引は法律上、売却に準ずる取引としてBSには計上されます(つまりBSから貸し出した証券は売却したものとして切り離される)。それを悪用して(つまりサブプラ債券などをまるでみずからのBSからはずしているよう)BSをきれいにみせていた、との見方。要するに会計上の穴をついていた点はかつての日本の飛ばしと似ていますが、違いはBS上の会計でレバレッジレシオや各種数値をきれいに見せていたのか、PLまで操作していたのか。後者はその後の配当とか様々な法律の問題を引き起こす点でしょうか。(ちなみにSIVにしても同じで自らのBSから各種エクスポージャーを切り離したように見せるための装置の一種のようでしたし。なぜそんなことをするのかというと、銀行はBIS規制で自らの資本に比してしかBSをもてないから。)
株がらみでいえば過去、某テレビ局の株を大量保有するラジオ局の株買占めでそのラジオ局がもつテレビ局株をレンディングに出して議決権を第三者に逃がしたり、「エンプティボーディング」といわれる株のエコノミーははずしているけど、株主議決権だけ持っている大株主とか話題になりましたが。
[PR]
by ttori | 2010-03-11 22:19 | News

場外乱闘

カネがないなら島を売れ=財政危機のギリシャに-独
財政危機に見舞われているギリシャはエーゲ海の島を売却し、赤字を穴埋めするべきだとの議論が、同じユーロ圏のドイツで浮上している。あまりに無神経な提案に、「両国間の世論が険悪になる」(独紙)との懸念もある。独大衆紙ビルトによると、与党の一部政治家らが「破産者は所有物で金をつくらなければならない。ギリシャには借金の形にできる無人島がある」などと語った。ギリシャには3054の島があり、うち人が住んでいるのはわずか87という。
 市場では、ギリシャが国家破綻(はたん)の瀬戸際に追い込まれれば、ドイツを中心とするユーロ圏諸国が救済せざるを得ないとの観測がある。ただ、放漫財政のツケが回ったギリシャへの「血税」投入にドイツ人の反発は根強い。ギリシャのパパンドレウ首相は5日、メルケル独首相との会談後の記者会見で、「われわれは主権国家。島売却など問題外」と、余計な提案を一蹴(いっしゅう)した。 
【フランクフルト時事】(2010/03/06-07:22)

なんだか表題なんぞ特に日本の某消費者金融のイメージで語られてますけど。財政赤字を垂れ流してきたギリシャに対し、ドイツなどが「なんで俺達の税金を投入せなあかん」(<なぜ関西弁、、)って感じで、ギリシャは国有資産を売ってすこしでも財政赤字を減らす努力をしろと。
ただまあこの”島”が必ずしも国有だとは限らんのですけどね、、。
とりあえずぎりぎりまで努力する姿を”見せる”ことが重要かと。
50億ユーロのベンチマーク債の起債に成功したので、なんだか場外乱闘ぎみになってきてはおりますが。

しかし、こういう議論を見てると某極東の島国は平和だなあと。
債務がGDPの2倍近くに膨れ上がっても、対外債務ではないので喫緊にどうにかしなければ!という危機感は世間一般では微塵も感じられません。

まあキャッシュがまわっているからいいという話でおしまいなんですけどね。
[PR]
by ttori | 2010-03-08 22:32 | News

親子の会話。

ある日の夜。
ヨメ「(PCを見ながら)これ買ってー。」
私「ダメー。今おかねないー。」という軽い会話をしてましたら。

私の実家の親から携帯にTV電話で着信。
で、娘(2歳10ヶ月)の映像を送りながら親と会話していたら、親から
母親「(実家は畑で野菜とかを作っているので)何か欲しいものある?」と聞かれ

娘が大声で携帯に映っている私の母親(娘の祖母)に向かって
「パパ、お金がないんだってーー!!!」
と大声で答えてました。

、、、めちゃ恥ずかしかったです。ええ。
子供の前では夫婦の会話でも考えなければならないと思ったこのごろ。

【追記】東京マーケット、、生体反応なし。ギリシャよりもやばいと噂されていた英ポンドが急落。英プルデンシャルがAIGのアジア子会社AIAを円換算で約3.5兆円で買収との話し。ちなみにこのディール、時価総額が約2兆しかない英プルデンシャルが2兆円のライツイシューで増資して3.4兆円のキャッシュと株で買収というとんでもディール。しかも増資株数を決定していないことが裏目に出て、格好の空売りの標的に(株価が下がれば下がるほど増資株数が増える)。為替ではそのからみだと思われますが、このかたがかかれていましたが、前日1.480ストライク一ヶ月のポンドのプットを大量に積み上げた方がいたとのこと。
一方でNYでヘッジファンドの巨頭たちがユーロ売りの議論。政府当局が「取引記録、残しとけよコラ」と牽制。
ただ、なんとなくこれらのニュースフローを見ると、リスクアピタイトがまた戻ってきた印象。某著名エコノミストが書いてられましたが、ジャンプしていた米貯蓄率が再び低下を始めています。投資意欲が戻ってきた、との見方。
[PR]
by ttori | 2010-03-02 20:55 | プライベート



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧