<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

事業仕分け

水曜日、会社の後輩(男)とヨメ友人(女)と飲み。いわゆる婚活支援というヤツで、、。
女性の方はヨメと同期・同じ職場で働いていた(ヨメは現在仕事を辞めて専業主婦)方なのですが、たまたま職場が銀行の秘書室という男の想像をくすぐる名前の部署(<あほ)なので。食いつきが違いますな。ええ。
ちなみに私はヨメの同僚やら付き合いのある企業の秘書室の方とかいろいろ存じあげておりますが。
普通(?)のOLですから。

f0005681_22544990.jpg面白南極料理人
西村 淳 (著)

先週の王様のブランチでDVD(映画「南極料理人」)が紹介されていたので思わず買った一冊(映画の原作です)。
ウイルスさえ存在できない南極ドーム基地。マイナス50度以上の極寒の大地で料理担当として参加した筆者が様々な食材を使って(そしてひねって)一年間食事を作り続ける様をユーモアを交えて描いています。びっくりしたのはその実情で、食材は超高級和牛から伊勢エビを初めとする超高級食材がそろう一方、極寒の大地ですから当然新鮮な野菜はありません。本書はまずどんな食材が冷凍できるか(牛乳とか卵まで凍らせてもっていく)から始まり、その調理方法、ごみを出さないために様々工夫をしながら料理をしていくさまが描かれています。また、南極越冬隊の日常生活が日ごろの私達の生活とはかけ離れていて、ごく普通のことをすることがあまりにも大変なことになる(少しでも油断すると凍傷になる。野球をしようにもボールが凍ってしまい弾まない)生活で、それでも笑いを絶やさず黙々と日常を過ごす様が描かれています。

圧巻は超高級食材を惜しげもなく使って行われる料理(映画では伊勢えびのエビフライとか描かれているようですけど。本書では工夫してフランス料理のフルコースを作る様や普通にカレーを作るのにも超高級和牛を使う様までえがかれてます)。一年間唯一の楽しみが酒と食事みたいな世界(あまりにも娯楽が無いため、何かにつけてパーティをする)ですから、いたし方ないのでしょうが、この豪華食材の大群は今だったら「事業仕分け!」とか「無駄!」とか言われて切られてしまうんだろうなあ、とも思いますけど、、。
*ちなみになぜかみんなでスーツを着てフランス料理を食べてる写真があります。、、しかしみなさんスーツをもっていったんでしょうか??

まあ映画「南極料理人 (おいしいごはんができました。)」のほうはまだ見てませんが。

この映像をみて、暖かいおにぎりと豚汁が食べたくなってその日の昼に実行した私は影響受け安すぎますか、そうですか。
ただ、やっぱり映像があったほうがおもしろい。食事に関してはビジュアルも重要なんだなあ、とつくづくおもいます。主題歌のユニコーンの”サラウンド”メイキングもいい感じです。いやー、でも映像をみてると極限状態なんだけど、なんだかのんびりしていてあったかくなる感じ&かしこまった感じではなくてあったかいご飯が食べたくなる&料理したくなるのは私だけでしょうか、、。
------------------------------------------------
家の近くの店でお茶。
一口飲んで若干残念な感じになってしまったぷーさん。
(かなりきれいに描かれてました)
f0005681_13265830.jpg

[PR]
by ttori | 2010-02-20 22:37 | 本 / CD / TV

haka No2

ちょっと前にエントリーしたマオリ族の伝統舞踊、ハカhaka。
コカコーラゼロで出演(?)だそうです。

Coca-cola Zero "WILD GAME" 安室奈美恵 vs haka。

いや、別に知っていて取り上げたわけではないんですけど、、。

でも、やっぱり本場のほうが迫力がありますな。

【追記】マーケット、、ギリシャ問題。リスク回避的動き。いまさらギリシャがまずい!という話ですが、データをみると財政赤字も貿易収支赤字も昔からのはなしで慢性的。あるセールスいわく、「いくらドイツ国内で支援反対が根強いといっても、ユーロ崩壊の一歩(そして第二のリーマンショックになりかねない)になるギリシャ離脱(そしてそのあとさらに規模の大きいスペインとかある)を許すほどユーログループの首脳はあほではない」「とはいっても慢性的な財政赤字を放置できない(そしてドイツなどは他国の財政に首を突っ込みにくい)ので、とりあえずぎりぎりまで支援を渋ってギリシャに財政支援と引き換えに赤字削減策を飲ますつもりだろう」とのこと。強制的な力がある(貸し出しのコベナンツが厳しい)IMFが入るかどうか。
そしてそのあとはなし崩し的にスペイン・ポルトガル・アイルランド、、、と続きますが、今の景気だと財政赤字カット>財政出動ができないため国内産業が不振、、、となりかねないですが。とはいえ、ギリシャの主要産業は観光業や海運といったシクリカル。マーケットで話題はギリシャの財政赤字を隠蔽するのに某米系投資銀行が手をかしてきたのでは?と。まあ今その投資銀行はギリシャ債を世界各国に売りまわっていますが、、、(CICにオファーしたとか、HFのポールソンをギリシャにつれてったとか)。
とはいえ、ソブリンデフォルトリスクが相当意識され始めたのは確か。昔から財政赤字を垂れ流しているギリシャやわが国ぐらいならまだしも、もしも米国債が格下げされるとどんな変化が起こるかは身構えていたほうがよさそうです。
[PR]
by ttori | 2010-02-10 22:22 | CM一考

ニュースの閾値

住商、JCOMにTOBへ=主導権確保、KDDIに対抗
 住友商事がケーブルテレビ最大手ジュピターテレコム(JCOM)のTOB(株式公開買い付け)実施に向け最終調整に入ったことが9日、分かった。JCOMをめぐっては、KDDIが先月下旬、米メディア大手からJCOM株を大量取得すると発表。第2位株主の住商は経営の主導権を確保するため、筆頭株主を目指してTOBで持ち株比率を引き上げる。(2010/02/09-20:15)

TOB規制の解釈の違いでミソがついてしまったKDDIによる、ジュピターテレコム(JCOM)への出資。
上場会社の三分の一以上の株を買い付ける際はTOBをしなければならない、という条項に抵触しないようにKDDIは三分の一以上の株式取得を断念して、その残りを元々の株主、住商が買い取る、という話ですが、、、。


、、そしてこの話(住商によるTOB)を一番最初にすっぱ抜いたのが読〇新聞。
というか個人的な感じとしてニュースの真偽に対する信頼性、という意味で〇売新聞は「そんな話はマッタクない!」と会社側に朝いちでそっこー否定されることが多い気がするのは私だけでしょうか。
、、、と、この新聞社の記事に対して妙に斜にみてしまう癖がある私はダメですか、そうですか。

まあ、「にっけいしんぶんの読み方」的記事を載せてしまう産〇さんやら、あんまり経済の記事で「すごい!」とおもう記事が少ない朝〇さんに比べればマシな気がしますが。
一方で日〇の大機小機みたく怪電波を発するクオリティペーパーもあるので全体的に一長一短だとおもいますが、。

まあ必要なのはメディアに対する健全な(<?)猜疑心・リテラシーでしょうか。<あほ

【追記】仕事から帰って疲れてみると本気で涙が出そうになります。
FUNKY MONKEY BABYS「ヒーロー」
日テレの羽鳥アナが出てます。
♪最寄り駅の改札を抜ければいつもよりちょっと勇敢な父さん
Daddy その背中に愛する人の声がする
~ 家族にとってのヒーローになるため転んでも立ち上がるんだぜ
 明日の見えない日本の夜に それでも陽は昇るんだ♪
[PR]
by ttori | 2010-02-09 22:43 | News



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧