<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ハカ

ラグビー自体はあまり見ないんですが、これはすごい有名なので。
見るとすごい迫力です。

The Haka - New Zealand Vs Tonga
ラグビーニュージーランド代表オールブラックスの試合前の踊り、ハカ。
(あまりの迫力に見てるだけで血圧が上がってしまうような気がするのは私だけ?)

元々ハカhakaとは、マオリの民族舞踊だそうで、ニュージーランドのオールブラックスが有名ですが、上の映像みたくトンガやサモアなどのラグビー代表にもハカがあるそうで。
調べると、普通お互いのハカを尊重して相手のハカが終わるまで待つのが礼儀ですが、NZ対トンガの試合ではあまりに興奮したトンガ代表がNZがやっている途中で対抗するようにハカをやった*とか。

いや、目の前でこんなの見せられるとそら興奮してしまいますわな、、。
*ちなみに上の映像がその”ハカ・バトル”として有名な2003年のワールドカップ時のニュージーランドvsトンガ戦のハカだそうです。
[PR]
by ttori | 2010-01-31 10:13 | 本 / CD / TV

ライ麦畑でつかまえて、笑い男。

木曜日、同じ大学OBで金融機関で働く方の集まりで飲み。
某大手運用機関で働く後輩が転職したいとかこぼしていたので、子一時間、人生相談。「人生って厳しいですよね、、」、、、。
金曜日、久々に連絡をもらった商社でHF投資をしていた方と飲み。現在はHFセールスということで、いつもお誘いいただいている友人HFセールスを誘って3人で飲み。おやじトーク炸裂。

米作家J・D・サリンジャー氏、91歳で死去
小説「ライ麦畑でつかまえて」で知られる米作家J・D・サリンジャー氏が27日、米ニューハンプシャー州の自宅で、老衰のため死去した。91歳だった。代理人が発表した。
[ボストン 28日 ロイター]

「ライ麦畑でつかまえて」と聞いて本よりもむしろ笑い男を思い出した私はダメ男ですか、そうですか。
ちなみに私、野崎孝著の訳版は読んでなくて、村上春樹訳の「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を半分まで読んで積読になっております。<だめだめ

では久々にもう一度見ますか。<何をだ?
[PR]
by ttori | 2010-01-30 01:24 | 本 / CD / TV

デフレ

家の近くにあるステーキとカレーのふらん〇亭
ちょっと前まで、”そこそこの肉を””そこそこの値段”で食べられたので結構好きだったんですが、、。

久しぶりに行ってみると、メニューが大幅改定。
、、、そこいらのファミレスと変わらない残念な感じなメニューに、、、。
明らかに平均単価を下げて、さらに質も落としてしまっている感。
席から見えるところに大きな鉄板があって、そこで肉を焼いているのがみえるようになっている店なので、余計に残念な感じが増幅、、、。

まあ今の時代、チェーン店でひとりあたま単価2000円狙いは若干高いのはわかるんですけどねぇ、、。
----------------------------------
さてこれはなんでしょう?
f0005681_235539.jpg

エアコンです。
ただ、設置されているのが実は新宿ルミネのエレベーターの
室外機ってどうなてるんだろうか?それとも室外機が要らないタイプなのか?

【追記】下記コメントいただいてよくよく考えたら室外機が建物の外にある必要がなくて、エレベーターの箱の外壁に設置してあるだけ、なんだと気がつきました。いやー、あほですな。室外機=外という固定観念にとらわれてしまってました。ええ。
[PR]
by ttori | 2010-01-27 23:06 | プライベート

バフェット

f0005681_23423141.jpgバフェットの株主総会
ジェフ・マシューズ (著), 黒輪篤嗣 (翻訳)

世界最高の投資家にして手元の100ドルを620億ドルまで増やした男、バークシャーハザウェイCEOウォーレン・バフェットが開くバークシャーの株主総会の様子を2年分、実況中継形式で記述し、バークシャーの事業やバフェットの手法について解説を行ったもの。バフェット賛美の本でも、表面的な解説本でもない、ナマのバフェットの姿が描かれ、とっても興味深い本です。

まず2年にわたる株主総会の様子が描かれています。「資本家のウッドストック」と呼ばれるネブラスカ州オマハで開かれるバークシャーの株主総会は、通常の会社の株主総会とは違い、2万人~3万人もの参加者(年々増えてるとのこと。「増えれば増えるほど質問のレベルが下がる」との指摘もありますが、、)とバークシャーについてではなく「バフェットの話を聞きたい」という人間であふれかえります。総会でバフェットとその相棒、チャーリー・マンガーに出されるのは”投資の仕方””ドルの行方”から”中絶の問題”、果ては”宗教観”まで、普通の株主総会では聴くことができないような質問ばかり。

加えてバフェットの事業の実態について書かれています。特にバフェットのポートフォリオについての考察。多くの方がバフェットというとコカコーラというイメージをお持ちですが、基本的にポートの中心をなすのはガイコを中心とする保険事業。そして家具会社や絨緞会社、ペンキメーカーに保険・飛行機会社といった種々雑多な企業群となっています。
詳しく見るとバフェットは”世界最高のポートフォリオマネージャー”というのが実態であるとおもいます。そしてその手法はどこまでもバリュー投資。保険事業を中核にすえるのはフリーキャッシュが手元に滞留しやすいからです。本書にも指摘されていますが、バフェットが買収した会社は手元のキャッシュフローをバークシャーに吸い上げられてしまうため、新規事業や事業拡大にお金が回っていない企業が多い、という実態が指摘されています。例えばバークシャーが買収してポートの大きな部分をしめていた「ネブラスカ・ファニチャー」という会社は買収当時全米有数の家具・家電販売会社でしたが、新規出店をほとんどせず、買収時同じ規模だったベストバイ(現在全米一位の家電小売チェーン)はその後ネブラスカファニチャーの数十倍の大きさまで成長しています。加えてポートの中には時代の流れの中で事業が破綻寸前の企業も含まれています(CEOが詐欺罪でつかまったジェネラル・リー(再保険会社)や現在苦境に落ちいている新聞社や出版社といった例や間違いも多くを犯している実態も描かれています)。一般に長期投資家だと見られていますが、(本人は大量破壊兵器と呼んでいる)デリバティブなどにも積極投資を行っている姿や、金融危機でマーケットが崩壊し悪名高いオーションレート証券(ARS)市場で、債券が投げ売られている姿をみて市場に飛び込み数十億ドルを投資し、たった2ヶ月で倍になったと嬉々として報告する姿も描かれています。最後はバフェットがもし亡くなったら、バークシャーがどうなるか、という議論もしています。

個人的に興味深かった記述は、かつて救済のために資金を投資したソロモンブラザースがいわくつきの世界最高のコモディティトレーダー、マーク・リッチ(アメリカから不正トレードで追放され、スイスで世界最大のコモディティトレード会社グレンコアを作り上げた)と取引しているのをみつけて取引をやめさせたこと。「彼との取引で利益が出ているのでいいではないか」とソロモン側が反論したことが書かれています。

最近バフェットが鉄道会社を買ったために「これからは鉄道の時代だ!」とはやす向きがありますが、上記のようなことを考えると(本書にも鉄道投資についてバフェットが「そんなに高いリターンは望めない」との発言がでてますが、、、)鉄道会社の巨大なキャッシュフローをあてにしての投資ではないか?バフェットが投資したから今後巨大なグロース産業に鉄道がなる、とは思わないほうがよさそうです(もちろん、鉄道”関連”は成長産業かもしれませんが、、、)。

ただ、世界最高の投資家バフェットの姿を脚色無く描いてある本書は、バフェットの手法をあぶりだし、現実のバフェットの姿が描かれている良書だと思います。
[PR]
by ttori | 2010-01-23 23:40 | 本 / CD / TV

ガジェット

友達のblogに出てたんですが、前の美人時計(最近いろんなバージョンがあるみたいですが)に続いて

ユニクロカレンダー(音がでるので注意です)

映像かなりカッコイイ。まるでおもちゃが動いているみたいですが、、。
[PR]
by ttori | 2010-01-21 20:56 | プライベート

日航

政府、日航支援19日に正式決定
日本航空の経営再建問題で政府は、企業再生支援機構による支援決定の日程を、来週19日とすることを正式に決めました。  「(総理からは)遺漏なきように準備をして、飛ばし続けながら再生を行うということに万全を期してほしいということでした」(前原誠司 国交相)
前原大臣は15日夕方、鳩山総理と会談し、日航による会社更生法の適用申請と企業再生支援機構による支援決定の日程を来週19日とすることを正式に決めました。
(TBS News 15日20:36)

、、このニュースを読んで、「何で政府が会社更正法適用申請の日程を決めるんだ?」と思った私はニュースをきちんと追いきれてないですか、そうですか。
まあJALの人達は当事者ではなくなったということですな、、、。
[PR]
by ttori | 2010-01-15 21:56 | News

さんタク!

飛行機マニアにはたまらない映像:今年のさんタクでキムタクとさんまが航空自衛隊、ブルーインパルスに搭乗するというもの。→1234
飛行機ファン必見の映像。ブルー、かっこいいです*。ええ。(正確にはさんまは乗らず、キムタクだけ5番機に搭乗するんですけど:ちなみにブルーインパルスは機体としてT-4という国産練習機を仕様していますが、それでも十分Gとかかかって大変なはず。)

*特に離陸直後急上昇するコックピットからの映像、コックピット越しに眼下で5機編隊がスモークを引いて飛んでいる映像なんて感動ものです。
[PR]
by ttori | 2010-01-09 17:42 | 本 / CD / TV

年初からA型インフルでへろへろ

年末年始で実家に帰って、その行き帰りの新幹線の中でもらったのか、どうなのかわかりませんが。
思いっきり家族全員インフルにかかって死にかけ、、。

私自身は月曜日くらいからおかしくて、火~水曜日にめちゃくちゃ調子わるくて、でも会社いってしまいまして*。水曜はあまりにもきついので、早めに帰って病院に行ったら、40度近い熱。「月曜日から調子が悪い」というと、鼻に棒突っ込まれてチェック。「通常2~3分、最大8分くらいかかる」と言われた検査がものの30秒程度できれいにA型インフルの反応が出る、という「まさにウイルスまみれ」な状態。。。
*風邪っぽかったら周りに影響があるのでたとえ年初だからって素直に休みましょう。

で、インフルの治療薬タミフルは発症して2日経つと効かなくなるらしく、「薬もらったらその場で飲んでください」といわれ、タミフルや抗生物質、解熱剤などをもらい、(病院から歩いて1分くらいなので)かえってもらった全ての薬を飲んだ(つもり)後、即睡眠。でも40度近い熱が下がらず、夜中「ほんとにこのまま死んでしまうんじゃないか」くらいな勢いで辛い状態が続く。
途中、あまりのつらさに解熱剤らしき薬を飲んで就寝。

で、運よく朝起きると37度台まで熱が下がっていました。
「いやー、やっぱりお医者さんにもらった薬はよく効くなあ。」
と思いながら、朝飯ですこし果物などを胃にいれ、薬を飲もうと袋をあけてみると、、

、、、、解熱剤一錠も減ってない。
代わりにタミフルが2錠減ってる。。

、、、、つーことはナニか、昨日熱で苦しんでいるときに肝心要の解熱剤を飲まずに、その上6時間後も解熱剤と間違ってタミフルを飲んだと、、。**
**タミフルはかなり強い薬なのでいい子はマネしては(<?)ダメデス。
いや、きれいに包装が分けてあって、順番にあけていくと間違えないようになっているんですけど、、、。

、、、ちなみに今年のおみくじは、私は末吉、ヨメが小吉、子供が吉。
昨年は大吉でした。

今年一年家族全員無事に過ごせることを祈る。。
[PR]
by ttori | 2010-01-08 20:09 | プライベート

ごあいさつ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


-----------------------------
f0005681_1030462.jpg友人に薦められた"Too big To Fail"(英語)を読み始めました。予想外に厚くて(汗)びっくりです、、、。
[PR]
by ttori | 2010-01-02 20:29 | プライベート



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧