<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

世界の政治家いろいろ

いろいろ読んで面白かったので。

フランス・パキスタン:「血と武器のカラチ」
カラチ爆破事件の真相?

2002年にパキスタンのカラチで、フランス海軍建設局DCNの11人の技師が殺害された爆弾テロ事件についてのレポートです。2002年はセプテンバー11に近く、このテロもアルカイダの仕業***だといわれていましたが、実際に調べてみて本当にそうか疑念が出てきた、というもの。

順をおっていくと、この爆弾テロは1995年のフランス大統領選挙(シラク氏vsバラデュール氏)に絡み、その前のミッテラン大統領時代の94年にフランス製潜水艦をパキスタンに売却した際約束したパキスタン軍部へのリベート(裏金)の支払いが滞った事に伴う、パキスタン軍上層部の抗議ではないかとの見方です(第三国への武器・技術輸出に絡んでは売買代金の一部をリベートとして政治家・軍部に渡すことが過去横行していたそうです。昔読んだBCCIの本にもその手の記述があります。ただ、OECDの指針で現在は先進国においては禁止されています)。特にこのテロは軍で使われるTNT火薬を使った自爆テロであった事もいっそう疑惑を書き立てます。
で、なぜリベート支払いが滞ったかというと、この潜水艦売却リベートが95年の選挙時ルクセンブルク経由でシラク大統領の対立候補であったバラデュール首相(ミッテラン派)の選挙資金になった、との疑惑があり、シラク大統領が大統領当選後そのリベート支払いを差し止めてしまったからでは、とのこと。

なんでそんなことが今出てくるかというと、このバラデュール首相の懐刀であったのが今のサルコジ大統領**であり、このテロを引き起こした94年の潜水艦売却のバックリベートを受け取っていたのではないか、との疑惑が出てきているようです。もちろん本人は「そんなことデタラメだ」と全面否定してますが。

先進国の選挙資金で言うとオバマ大統領の資金集めはWebを経由して大金を集めました。
一方で日本では故人献金疑惑とかありますが、ちょっとスケールが違う*なあ、と。
国際政治は奥が深い。

*ちなみにG7最高のトラブルメーカーは大富豪のベルルスコーニ伊首相だと思います。18歳のモデルやコールガールを口説いたり(ちなみに20代の娘がいる)、「私はイタリア女性が好きだ」「100歳まで生きる。できれば120歳まで」とか言ったり。そうこうしてると奥さんに三行半突きつけられたり。ちなみにサッカーセリエAのACミランのオーナーでもあります。
**女性遍歴という意味ではフランスのサルコジ大統領もまけてませんが。ただ、奥さんに男とNYに駆け落ちされたりしてますけど、、、。
***実はこの事件、アルカイダがかなりたってから犯行声明をだしているそうです。そういう意味ではやつらも適当なんだなあ、と。売名行為上等!ってことでしょうか。
[PR]
by ttori | 2009-08-27 21:09 | News

宴の後で

上海マーケットに振り回される日々。そりゃ業績回復のほとんどが中国向け一本足打法ですが、為替も株も連動し過ぎちゃいますかね、、、。

ポルシェ前社長が捜査対象=VW株価操作事件で-独メディア
独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)への出資拡大をめぐり、株価を操作した疑いがあるとして同国高級スポーツ車メーカー、ポルシェの本社を検察当局が家宅捜索した事件で、捜査対象が同社のウィーデキング前社長とヘルター前財務担当取締役であることが20日、明らかになった。独メディアが報じた。
 ポルシェは昨年10月、VW株式を75%まで買い増す方針を発表した。これを受け、同社株の下落を見込んで空売りを仕掛けていた投機筋が買いを入れたこともあり、同社株価が一時急騰する場面があった。
 ウィーデキング氏は、ポルシェによるVW買収に向けた計画を主導。ヘルター氏はその右腕としてオプション取引などを駆使し、VW株式の確保に努めた。だが両氏は7月、ポルシェとVWの統合をめぐり、ピエヒVW監査役会長らVW側との主導権争いに敗れ、辞職を余儀なくされた。(2009/08/21-08:02)【フランクフルト時事】

昨年こんなエントリーを書きましたが、そのポルシェとVWの戦いもついに終焉を迎えたようです。戦いを指揮したCEOは更迭され、インサイダーで取り調べられるとのこと。ちなみにVWの株価は
f0005681_22415343.jpg

ついに下に突き抜けています(WSJによるとカナリのショートが入っているとの事)。そして、そのポルシェは借り入れでまかなっていたVW株買収資金のファイナンスを維持できず、VWの普通株の持分をカタール投資庁に80ユーロでぶん投げ、VW株のオプションも同様に売却するようです。
ちなみにもともとVWとポルシェは創業者が同じフェルディナント・ポルシェで同根会社*ともいえますが、マーケットでは結構な数の投資家がポルシェの買占めでファンダメンタルから乖離した株価をみてショートし、何度も煮え湯を飲まされてきました。そういう意味ではついにVWも普通の株に戻ったともいえ、ファンダメンタリストの溜飲を下げる事態となってますが。
*まあ今回の騒動を日本で例えると、豊田自動織機の社長が乱心してトヨタの株(トヨタは元々豊田自動織機の自動車部門が分離独立。今でもそれなりのトヨタ関連株を保有。ただ、現在では豊田自動織機は敵対的買収の標的になる、との懸念から持ち合いを分散しています)を買占め、”おれが社長だ!”と騒ぎ出すようなもん、だと思っていただければ、、、<ちょっと違うか。

しかし、、一時とは言え世界一の時価総額まで乱舞したVW株。この株の乱舞のせいで閉鎖したHFやコングロマリットを所有していた大富豪が自殺したとか、いろいろな事件を引き起こしたVW株。こうしたことを見ているとリーマンショックから1年を前に、いろいろな宴の後始末が進んできた印象です。
[PR]
by ttori | 2009-08-21 20:44 | Market(マーケット事件簿)

英語

毎日通勤時、私は英語のCDを聞いてる(あ、もちろんCDのまま持ち歩いているわけではないですが)んですが、私が聞いているのがこれ>Nonstop English Wave

で、毎週”ビジネスに使う英会話”というコーナーがあるんですけど、今月号の話題を抜粋すると、、
(あ、下記は英語での会話の意訳)
ロバート(R):5番通りのショッピングセンターの工事に対して、サンコウプロパティーズから支払いは受けているかい?
シュンイチ(S):いいえ、まだです(中略)
R:それは困ったことだな。今朝出勤する途中で友人から電話をもらって、サンコウが破産申請したらしい
S:申請したのはチャプター7ですか?チャプター11ですか?
R:友人はいってなかったが、、、。それは重要なのか?
S:アメリカでは連邦破産法に6種類、破産手続きがあるけど、ビジネスでは7条か11条が普通なんだ。7条は清算、11条は会社は営業を続けて債権者や破産裁判所と協力して負債を返す努力をするんだ
R:サンコウは大手企業だから、11条だろうな。

、、、なんだかリアルすぎます、、、。
まあ、リクイデーション(清算)とかチャプター11とかよく使うので違和感はまったくなかったですが、、。
*ちなみにこの後の展開は、チャージしてた料金がこれだけで、かかった費用がこんなもんで、ロスがこれくらいでそうだねー、という話になります、、。

、、しかし朝から(英語とはいえ)こんな話題を聞くとダークなきぶんになりますな、、、。
[PR]
by ttori | 2009-08-18 22:12 | プライベート

カッコイイとは、こういうことさ(時には)

TVを見ていたら、南のドーナツ型の島の映像が出てたので思わず。
(何度目の紹介かわかりませんが)

宮崎駿監督 ”紅の豚” エンディングテーマより
”時には昔の話を”  唄:加藤登紀子


大学時代、飛行機作り*に熱中していた**(ラリってた?笑)者としては、ナウシカもいいですが、宮崎アニメの中では紅の豚が一番好きです。

というかポルコロッソかっこよすぎ。

「飛ばねえ豚は、ただの豚だ。」***

、、、この歌だけでも泣けます。ええ。

*なので私はアニオタではなく飛行機オタなのです、ええ。<だからどうした
**残念ながらこの番組は2009年大会は開催中止となり、番組打ち切りの危機(こんなところにもリーマンショックの余波でしょうか:涙)でしたが、どうやら来年は開催のはこびとなるようで、なによりです。
***ちなみに、フランス語版のポルコの吹き替えはジャン・レノだそうで。なんだかイメージに合うような合わないような。
[PR]
by ttori | 2009-08-16 22:08 | 本 / CD / TV

英語訳

最近話題のHFT(灰フリーク円海・トレード)はいろいろあるのでスルー。
しかしいつもTVなどで怪電波発しているKO大学金〇教授の「高周波取引」って、、、。
どんな周波な怪電波ですか。
どう見てもきちんと調べてないっしょ。

ついでに昨日帰りに読んでた携帯で産経新聞から。
民主政権でJAL解体? ANAとの合併説も再燃
【ドラマ・企業攻防】
日本航空(JAL)が正念場を迎えている。2009年4~6月期に過去最悪の990億円もの最終赤字を計上。当初の8月中から9月にずれ込む見通しとなった経営改善計画がその命運を握るが、切り札と位置づける年金支給のカットはOBの反発で合意は間に合わない。自民党に加え、国土交通省や財務省との太いパイプで銀行団から支援を引き出し何とか延命してきたが、民主党政権が誕生すれば、逆風はさらに強まる。銀行団や政府内でかねてからくすぶるJAL解体による全日本空輸(ANA)との統合説が再燃するのは必至だ。
■新社名が問題?
「JALとANAが統合した場合、社名が問題になる。『JANA』(じゃーな)だと、別れのあいさつみたいで縁起が悪い。『ANAL』(アナル)は、絶対にダメだ」。航空業界では、昔からこんなジョークが語られ続けてきた。しかし、新しい社名を真剣に検討せざるを得なくなる可能性も否定できなくなってきた。
(以下略)
【8月14日19時21分配信 産経新聞】
こらこら。
JALやANAより、むしろ大丈夫か産経新聞。さすがにANALはまずい*でしょうが。

*個人的に考えたのはDAL(大日本エアライン、ダル。ダルダル、とかではなくて、ダルビッシュ?)とか。GAL(グローバル(ガバメント)エアライン、ギャル)とか。<あほ

続いてまじめな?話題。

“OPhone”に見る中国の強さ
中国で2009年7月中にも販売が始まる「OPhone」をご存知だろうか?中国の偽物携帯と思った方は残念。確かに,中国にはiPhoneと見た目がそっくりな偽物iPhoneである「HiPhone」や「CiPhone」があるらしいが,こうしたものとは本質的に異なる。OPhoneは世界最大の契約ユーザー数を持つ携帯電話事業者,中国移動(チャイナ・モバイル)が,真面目に作っている携帯電話プラットフォームなのだ。NTTドコモで言う「FOMA」に相当するものが中国移動のOPhoneである。 OPhoneの実体は,米グーグルのAndroidをカスタマイズし,中国移動仕様に仕立てたもの。アプリケーションのランチャーのほか,ミドルウエアなどに手を入れている。Androidで用意されたAPI(Application Programming Interface)はそのまま残してあり,Android用のアプリケーションとも100%の互換性がある。「OPhone独自のAPIとして全体の10%程度を追加してある」(OPhoneに詳しい技術者)という。つまり,OPhone上ではOPhone専用のアプリケーションだけでなく,Androidのアプリケーションが動く。
(中略)
 ところでなぜ,中国移動がiPhoneそっくりのOPhoneを提供するのか。同社の会長兼CEOである王建宙氏によれば,「通信事業者の収益基盤を端末メーカーに取られないようにするため」だという。iPhoneのように携帯電話メーカーが端末とアプリケーションや音楽の配信サービスをセットにして提供すると,携帯電話事業者は通信料金だけを稼ぐ単なるネットワーク屋になってしまう。アプリケーションやコンテンツの販売という“おいしい”部分を握られないためには,携帯電話事業者自らがこうしたサービスに乗り出す必要がある。そのための端末がOPhoneだというわけだ。実際,中国移動はOPhoneの販売と同時期に,OPhone用のアプリケーション・マーケットの提供を開始する計画を持つ。 こうした事情があるとはいえ,日本人である記者の眼には,中国を代表する企業がiPhoneそっくりなものを作ることに違和感を感じる。一方で,Androidという改変自由なプラットフォームを使ってiPhone対抗の端末を作り上げるその行動力と闘争心にうらやましさも覚えた。というのも,NTTドコモが7月10日に国内初となるAndroid端末の出荷を開始したが,グーグルが提供する環境をそのまま使って出してきているからだ。OPhoneと同じようなコンセプトのものは期待しないが,どこかに“ドコモの意地”が見たかった。
(ITMedia)

ちなみに昔J-Phoneってありましたな、、。
パチもんはCi-PhoneとかHi-Phoneとかあるそうですが。
この企業戦略は面白い。一顧客あたりの課金を引き上げるには魅力的なコンテンツをそろえる必要があります。その場合、追加的なアプリを自社開発するか、既存のものを使ったり、オープンにして提携先に開発してもらったりするパターンがありますが、日本では主に後者を選択してます。
(さらにSoftbankはインフラに徹して、端末丸ごと外へ出してしまう(iPhone)パターンになってます)
ちなみにこのO-phone、OSはGoogleのアンドロイドを使っていますが、Webポータルやメールサービスなどは自社開発しているそうで。
この記事を書かれた方の主張はわからないでもないですが、コンテンツが自由にやり取りできる日本とは環境が違う面もあるとは思います。さらにソフト開発の手間とその費用・収益のバランスを考えたとき、微妙な判断だと思いますが。

ただ、こういう端末もある、というのは面白い。まあ、このまま行くと中国を最大の成長マーケットとして捉えるガラパゴス・日本の携帯メーカーは最大の新興マーケット・中国でも再びつまずく可能性も。
[PR]
by ttori | 2009-08-15 10:08 | News

二度目

の紹介。<あほ
古いですが、私はサンボマスターは天才だとおもうのです。
ええ。 

歌声よ おこれ

♪歌声よ響きあって言葉を超えて
にごった僕の罪を砕いてくれ♪

、、、え?なんでいきなりって?まあいろいろあるんですよ、お客さん♪
(今週ヨメが実家に帰っていて、家で一人で飲んだくれているだけですけど。。)

【追記】マーケット、、、強いですねえ。。ファクターはふらふら。効いたり効かなかったりでFM泣かせな相場展開。東京勢が売って海外勢が買う展開。しかも先物主導の空中戦。某欧州系の日経買い越しが話題。昔はほとんど出ないネームで別の欧州系からの乗り換え?との観測。リビジョンが効き始め、決算数字の精度が増し始め少し日常の雰囲気に戻る感。でもリビジョンって地雷があるから大変なんですけどね、、、。
[PR]
by ttori | 2009-08-11 21:48 | 本 / CD / TV

非日常

f0005681_11485564.jpgカッシーノ! (1,2)
浅田 次郎 (著)

はっきり言ってこのエッセイはとっても楽しい。
小説が非日常であるとすると、このエッセイも非日常を、まるで日常のごとく書く。
その上で、「日本の親父は働くことを美徳とし、母親は育児や家事に追いまくられて日常をこなしている。もちろん、勤勉も勤労も誇るべき美徳であるが、その対価として享受すべき幸福をまったく確認せずにすごす人生はあまりにもむなしい」。

本書の各国(ヨーロッパからアフリカ大陸、アメリカ大陸まで)を旅しながらカジノめぐりをし、その各国の民族性の違いを発見しながらの旅は、とっても楽しい。特にカジノ(ギャンブル)はその性格が端的(ヨーロッパでも格式のイギリス、楽しみを優先させるフランス、客がひたすら統計を取って、ようやくベットするドイツ、外貨を持ち出せない南アフリカ等々)に出ていると思われます。
ただ、多くのところで記述されていますが、いまやどこにでも同一のスロットマシンが鎮座しているとのこと。各国の事情を勘案しても、こんなところにもグローバリゼーション(世界の画一化)がおこってるんだなあ、と。

カッシーノ!1の中にこんなくだりがあります(ルーレットの玉を狙ったところにディーラーは投げ入れることが出来るか、という質問に対してカジノ・バーデン(オーストリアのカジノ)のプロのディーラーとの対話で)、
”「そのように考えられているゲストの方は多いと思いますが―」
「ディーラーはシリンダーを回し、その回転方向とは逆にボールを投げ込みます。しかもシリンダーの内側には十四個の障害物があります。」
「いかに熟練したディーラーでも、この不規則な障害物がある限り、思った場所にボールを落とすことなどできるはずはありません」
マネージャーはそういってにっこり笑い、私はウームと考えた。話しながらマネージャーの投げたボールは「0」に落ちていたのである。
「これは?」
「もちろん、偶然です」
その先の質問を避けるように、マネージャーは去っていってしまった。”

まあ、、、日曜日のお昼時、ビール飲みつつこの本を再読しながら、ある種プロのかっこいいこんな記述に当てられて思わずこの本のエントリーを書いてしまう私はみーはーですか、そうですか。
(ちなみにMITの学生がラスベガスのカジノのディーラーを打ち負かす話もありますね)。

ビジネスとはある意味ギャンブルに近い(同じ、とは言いませんが。でもビジネスマン、みんなそう思うとおもいますけど、どうでしょうか)。

でもそうでも日常から離れ、違う世界に身をおき、空想の世界に身をゆだねることが小説やエッセイなど本を読む楽しみの一つだと思います。
そういう意味では、日常からもっとも切り離されたギャンブルの世界を、さらに世界紀行とあわせながら読める、ほんと休日の昼下がりにぼんやりゆっくり読める本だと思います。
[PR]
by ttori | 2009-08-09 11:49 | 本 / CD / TV

ろっぽんぎ

下のエントリーで書いた貯蓄率ですが、今回のGDPから改定されて家計貯蓄率の数字が上方修正して、マイナスの貯蓄率はなかったことに、、、。

変死女性宅以外も訪問 麻薬事件 押尾容疑者宅捜索へ
 合成麻薬MDMAを使用したとして、俳優の押尾学容疑者(31)が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、麻布署は四日にも、同容疑で押尾容疑者の自宅や、同容疑者が出入りしていた東京都港区の六本木ヒルズ内の部屋などを家宅捜索する。麻布署によると、六本木ヒルズ内の捜索は、女性の遺体が見つかった部屋のほか、押尾容疑者の供述から、ほかにも出入りしていた部屋が浮上しており、関連性が確認され次第、捜索するという。女性の死因は不明で、麻布署は押尾容疑者が女性の死亡について何らかの事情を知っている可能性もあるとみて調べている。
【東京新聞】

ちなみに最近六本木ヒルズネタとしてはこういうのもありました。

早大OBデイトレーダー集団 株価操縦疑いで強制調査
早稲田大学の投資サークルOBのデイトレーダーらが組織的に株価をつり上げ、多額の利益を得ていた疑いが強まり、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で、このグループのリーダーの男(28)らへの強制調査に乗り出していたことが16日、関係者の話で分かった。デイトレーダーの組織的株価操縦に監視委の強制調査が入るのは初めて。監視委は六本木ヒルズにあるグループの拠点などを家宅捜索し、告発を視野にメンバーへの聴取を続けているもようだ。
【MSN産経ニュース - ‎2009年7月16日‎】

まあ私達の業界で”ヒルズののろい”とかいわれますが。
これまで開業当初に入居していたテナントの多くが破綻したり(ライブドアに始まり、村上ファンドやグッドウイル、さらにはリーマンまで。入居の法律事務所が仕手戦にかかわって、所属弁護士が海外逃亡した例もありましたね、、)、撤退したり(楽天やYahoo!など)、さらに事故が起こったりと何かと話題を振りまく存在ではありますが。

ただ、上記のような問題が起こったとき、わざわざビルの名前まで出して報道されるのは六本木ヒルズくらいですし、オフィス棟からレジデンシャル(居住棟)まで東京の盛り場の近くの一等地にあれほどまでの大規模開発を行った例はない(他で思いつくのは恵比寿ガーデンプレイスくらいか?大手町はオフィスのみ、豊洲とかはマンション中心)ため、必要以上にメディアに露出してしまっている面は否定できませんが。

で。
開発もとの森ビルのWebを見てみました(こちら)。

森ビルのこれまでの沿革を見てみると、
1955年に森不動産として設立され、
1978年にラフォーレ原宿、
1986年にアークヒルズ、
そして2003年に六本木ヒルズ
と、若者向けや外資系向けといった、それまでトラディショナルな不動産会社があまり正面から取り扱わなかったと思われるニッチマーケットを中心ターゲットにして大規模開発をしてきた会社という印象を持ちます。
そして、六本木ヒルズはその終着点だといえる存在かもしれません。
さらに直近の決算を見ると(こちら)、
2009年3月期決算
営業収益(売上):1,787億円 5.3%増
営業利益:371億円 △15.6%
経常利益:173億円 △27.2%
当期純利:41億円 △89.6%
で、
・「ビル事業」の営業収益は、前年比118億円減(△11%)の1,001億円となりました。六本木ヒルズの一部オフバランス化が主な理由です。
だそうで、、、。



、、、しかし一番上のニュースに戻ると、私は上記の俳優の方はよく知りませんが、高級住居マンションで、居住者でもない人間があっちこっちのの部屋に勝手に出入りしてた、というのはどういう管理なんだろうか、と単純な疑問。
[PR]
by ttori | 2009-08-04 20:08 | News



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧