<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ねずみ

巨額詐欺事件のマドフ被告に禁固150年の判決
 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米ナスダック・ストック・マーケット(現ナスダックOMXグループ)元会長のバーナード・マドフ被告(71)は29日、巨額詐欺事件の裁判で禁固150年の判決を受けた。この事件は、最近では規模が最も大きく長期にわたるもので、マドフ氏は3月に事件への関与を認めていた。
(中略)マドフ氏は昨年末に逮捕され、今年3月12日、証券詐欺、郵便詐欺、マネーロンダリング(資金洗浄)など11の罪を認めたことを受けて直ちに拘置所行きを命じられた。同氏は数十年にわたりネズミ講のような手口で、数千人の投資家から数十億ドルをだまし取った。
(中略)これまでのところ、裁判所が選任したBMISの管財人は、1341人の口座保有者が推定132億ドルの損失を被ったことを確認しており、12億ドル余りを回収した。ソーキン弁護士は、集めた金の大半はほかの投資家への償還に充てたとし、「入ってきた金は出て行っていたということだ」と述べた。
(ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル):Nikkei Net)

今回マドフ容疑者が行っていたのはポンジースキームと呼ばれ、日本ではねずみ講(無限講)と呼ばれるものです。
簡単にポンジースキームを説明すると、
例えば、窓腐キャピタルという会社が、Aさんから年率100%!という利回りを約束して100万円預かるとします。でも窓腐キャピタルは運用能力がない会社でした。1年後、Aさんへの支払いのために別のBさんから同じく100万円預かり、Aさんに200万払います。
次の年、Bさんへの支払いのためにCさん、Dさんから100万づつ預かり、Bさんへ200万渡します。さらに次の年はCさん、Dさんへの支払いのために別の4名から100万づつ預かり、、、ということを繰り返します。

ポイントは2つ。1つ目は後から入って来る人がいればこのスキームは存続する、とういうこと。
2つ目は初めに入った人(ここではAさんやBさん)は年率100%!というリターンを実際に得ている、ということ。
今回マドフ容疑者は最終的に5兆円まで膨らしたそうですが、普通に考えれば累計で2~3兆円近いキャッシュインフローがあったと思います(厳密には計算していませんが、、)。ところがマドフ容疑者が捕まったとき、彼の周りには数百億程度しかなかったとのこと。上に書きましたが、残りの金はどこかにペイアウトしたとかんがえられます。そして、早くにペイアウトした人にとってはこのマドフ容疑者はまさに”天才キャッシュマネージャー”だったに違いありません。ただ、その”初期の投資者”が誰だったのか。

さて
このポンジースキーム、日本では”無限講”として、”無限なぞなく、いつかは破綻するスキーム”として法律で禁止されています。が、このスキーム、どこかでよく見る仕掛けだと思いませんか?


そう、国民年金のスキームです。
もちろん国民年金のほうは”割賦賦課方式”という名前を使っていますが。(<間違えてましたので訂正しました)
最近よく”かつては4人で1人の老人を支えていたが、少子高齢化で将来2人で1人を支える”必要がある、とか言われます。実はこれっておかしな事です。
一般的に保険などは自分が積み立てたお金を運用し、それを元手に将来の年金のペイアウトが行われます。ところが現行の国民年金は今の老人への支払いは、現在はまだ給付を受けていない若い世代が支払った年金のお金を老人への支払いに当てています。まさに上に書いたスキームとまったく一緒です。そしてそれがために”若い世代の”未納付が問題化するのです(もし積み立て方式であれば自分の積み立て自分の給付の問題で完結する)。もちろん上のスキームでは人口構成がピラミッド型であれば、問題は起きないでしょうが。

いろいろ調べると、設立当初、国民年金は積み立て方式を志向していたようです。ところが、70年代あたりから、将来の年金給付を増やす一方で、国民に不人気な納付金の引き上げは先送りが繰り返され、その結果として賦課方式へ移行していったようです。
つまり目先の利益(選挙とか)をとって負債を将来に先送りした結果です。(そして賦課方式を使ったことにより、目先の運用努力やコスト削減がおろそかになり、無駄な施設をたくさん作ったり社保庁という腐った組織をつくった遠因になったと思います)


ええ、この構図、最近どっかで見ましたね。
そう、GMです。
かつてGMは目先の労務費の増加を嫌って、UAWとの交渉で賃金を引き上げる代わりに年金給付を増額する、という手段を使い、短期のキャッシュや利益を極大化させようとしました(現在は年金債務はP/LやBSに乗せることが多いのでそこまで露骨なことはできませんが)。その結果徐々に増えていった退職者向けの支払いにキャッシュフローを圧迫され、新規の投資が限られ競争力を失い最終的にBSに巨大な穴があいて、破綻しました。しかしながら、GMもどれだけ債務が増え累積赤字が増えても、金融危機でオバマ大統領が引導を渡さなければしばらくは存続できたと考えられます。

そして日本でも同じ構図が考えられます。国民年金は現在100兆近くあります。少子高齢化により納付金は減り、一方で払い出しは増えていきます。確かに税金を使いキャッシュフローをまわしてやれば、どれだけ穴が開こうとも、制度自体は存続すると思われます。しかしこうした年金支払いの金額が増えれば、その財源が必要となります。この財源のため教育費や科研費をへらしたり、増税により国民の消費や企業の活力を削げば、日本という国もGMと同じ道を進んでしまうのではないでしょうか。
GMの黄金時代は70年代。そして日本の黄金時代は80年代。10年後に日本国家破綻というニュースを見る日がこないことを祈る。
[PR]
by ttori | 2009-06-30 21:54 | News

過剰

マイケルジャクソン死去。GMと並び、私達の”アメリカの象徴”が又一つ、、。

さて
害債様のところで、「外食がえらいことに」なっている、とのエントリーを読みながら、なんでこんなことになっているのだろうか、とふと思いました。

日本にすんでいると過剰サービス、過剰割引に慣れてしまいますが、なんでそんなことが起こるのか。

一つ考ええるのは「日本はその産業・需要に対して過剰の人員・人口を抱えているのではないか?」という妄想。

金融業にしてもオーバーバンキングとか言われます。
外食産業にしても、タクシー業界にしても、建設・建築業にしても。

多くの識者が「日本は輸出立国」といいますが、要するに国内で消費しきれないくらいの供給元があって、その生産過剰を外に輸出していると。

つまるところは日本は常に「供給過剰」なんだと。

もちろん、過剰な値引きを否定するつもりはありません。株屋としては「株主のために無駄な人員を削減して固定費を削減しろ!」という主張はわからないでもないですが、日本の低失業率が治安悪化を食い止めている一つの要素と考えると、社会的安定のマクロ的視点で考えると多少の余剰人員を抱えるのは相対的にコスト安なのではないかとも思えます。

しかし、過去のエントリー((開発主義の暴走と保身)を読んで)で、日本の高度成長を支えたもっとも大きな要因は日本の農村部の余剰人員を吸収したこと、と書きましたが、今なぜ「社内失業」といわれるほど国内に余剰人員が多くありながら成長できないのか、という問題。

ひとつに考ええるのは、日本の”国”としての産業構造が間違っている、という問題。

単純な効率化はその低コストの人員をもつ国(インドなどの新興国)にかないません。効率、というのを”コストと生産”で捉えると、そのコストにしめる人件費が高ければ高いほど、低人件費の国での生産が”効率的”になりますし。さらに日本というマクロで考えたとき、国内で消費しきれないほどの生産余力があるのならば、日本の生きる道は輸出以外ありえず。

そう考えると、少子高齢化はある種、”社会的生産過剰コスト”低減にはなるものの、展望が見えず、バリュー投資以外で日本のロングはいつになったらできるのか、と暗澹たる気持ちになりますね、、、。
[PR]
by ttori | 2009-06-28 10:59 | プライベート

最近のいろいろ

最近仕事から帰って子供と遊んで、そのまま寝てしまうパターンになっているttoriです。
普段は9時過ぎに子供寝かしたあと、本読んだり勉強してたりするんですけど、最近本も読めてないなあ、、。
(ブラック・スワン ナシーム・ニコラス・タレブ著も積読になっております。)

下記金利の話は頭のなかごちゃごちゃして、こんな状態で勝負はできませんわなあ、って感じ。

全然関係ないですが、飛ばし読みしていたblogで「道端で声をかけられやすい人」というのがあった。
私もどっちかというと声をかけられやすい体質(?)な気がするので。

「見た目ふつうっぽい」とか「ぼーっとしてそう」とか。「お人よしっぽい」とか。

うーーん、、、普通っぽいかなあ。

ちなみにロンドンの住宅地街で友人3人(私含め男2人、女2名、全員日本人、ロンドン留学中の男とロンドン在住の航空機系の女性1名を含む)とその日予約したレストランを探してふらついていたら、なぜか私が道を聞かれたことがあります、、。

まあ、そんなこんな日常のぼやきでした。
(何があったかは聞かないで、、)
[PR]
by ttori | 2009-06-24 21:00 | プライベート

インフレ

二つ前のエントリーでインフレについて書きましたが
暇な時間に某短資会社の方のレポートを読みながら「今の状況でインフレになるってのはどういうことだろう」とぼんやり考えてまして、その駄文。
(あ、以下はあくまで経済学を系統だってまったく勉強してない私の妄想です。)

まずインフレとはなんぞや?と考えると、物に対して貨幣価値の減価だと考えています。
となると物の需要と供給、貨幣の需要と供給で決まると考えられます。
もし物の需要が減り、物の価値が下がる一方、貨幣価値がそのままだと物価の相対的な下落=デフレだと個人的に理解しています。そして、デフレに陥らないためにマネーサプライ(通貨の供給)を増やす=貨幣価値の相対減価で、物価下落、貨幣価値下落、あわせてちゃんちゃん、というのがマネタリストの基礎だと思っています(あ、あくまで個人的な見解、妄想です)。

では現在のドルの状況はどうでしょうか。
ドル圏だと考えるとおおきくなってしまいますが、物・サービスの供給量を測る指標として考えられるのがフローとしてはGDP成長率があり、そのフローに対してマネーの供給量を測る指数としてマーシャルのkという指数があります。

ではインフレ”量”を測る量は何があるのか?わかりやすいのが金利となります。もし将来貨幣価値が減価してしまうなら、現在価値に割り引くため金利が高くなります。

では現在物の供給状況はどうなのか?
米GDPは昨年度で約1400兆円。GDP成長率は1.5%程度を予想されています。つまり年21兆円程度の経済の拡大があり、その分だけマネーサプライ(通貨の増加)が増えてもおかしくない、と考えられます。さらに、もともとの資産の価値の増大とかもありそうです。

ではそれに対するマネーサプライってどう測ればいいでしょうか?一つはフロー増加分(GDP成長率)とストック(これまでつみあがってきた資産)に対してファイナンスされているお金の変化を見てやればいいと考えます。もう一つはFEDが供給しているマネー量と、信用創造(FEDのマネーを何倍に拡大させてマネーがあるか)がどうなっているかです。

ストック(民間マネー:債務と資産)の変化については通産省の通商白書2008概要版におもしろいグラフがあり(4P)、アメリカの民間債務残高と家計返済原資の何倍かという図があります。
その図を見ると、現在アメリカの家計の負債は約1500兆円で、2000年から年間11%の伸びとなり、現在ではその積み上がりは家計返済原資の84倍にものぼっています。つまり、その分信用創造が拡大していたことになります。が、この数字をよく見ると、家計返済原資は収入 - 支出で計算されるため、2005年から債務返済よりも支出を優先したためにこのような数字になっていると考えられます。で、もし2000年までの7%の債務の増え方が普通でだとすると99年で700兆円、7%成長で2008年まで来ると約1300兆円。200兆円分余計に積み上がったものだと考えられ、この分だけ債務の減(信用収縮)が起こりうる、と考えても罰はあたらなそうです。

さらに日銀の”資金循環の日米比較2008年4Q”という資料をみると、アメリカの金融機関の資産は5980兆円。うち預金取扱機関の資産1580兆円、負債1480兆円となっています。もし1割デレバレッジが進むと約160兆円。さらにその他金融仲介機関の資産が3020兆円、負債が3050兆円あります。資産の中身は株とか債券とか。現在株や不動産など資産が減価していますから、その分のマネー供給はすくなりそうです。

つまりデレバレッジ(信用収縮)がどんどん進む現状では、いくらFEDがお金を供給しても、信用の収縮(タネ銭とそれを元手にレバレッジをかけた総量)でマネー全体の供給が減っていきます。ここまで見てくると、物価の下落に対して、マネーの供給過剰(信用:レバの増大)は起こりそうもありません。つまりインフレが起こる下地はあまり無いように見えます。
ではFRBは何を恐れているんでしょうか?

マネーの供給側のFEDのバランスシートを見ると約200兆円の資産が乗っています。民間のデレバレッジに抗してFEDがバランスシートを拡大(信用創造)した結果です。一方で中央銀行の債務=紙幣発行がありますが、これは約87兆円程度しかありません。つまり、預金準備(=銀行がレバレッジかけて貸し出せる金)が110兆円以上超過して積みあがっているということ。FEDが恐れているのはこのお金がいっせいに貸し出し(マネーの急増)に向かうことでしょう。でも、上記に書きましたが、そのマネーの供給先(マネーの需要先)はバランスシートの健全化のために簡単には戻りそうにありません。

さらに、将来にわたって現状の信用収縮が続くかどうかです。さきほど見た民間の信用収縮はもし同様に7%成長を続けていくのならば200兆円くらいは2年程度でその差分は埋め合わせられそうですが、本当にそれで済むのかどうか。

もう一つ考えると今議論している中で、インフレを測る数字として、金利があります。ここの金利とは、”国が借り入れるときの付利”です。つまり、もし国が大量に資金が必要となり、その資金の出してがいなければ、民間の資金需要とか、物価の下落とは関係なしに金利が上昇します。では今米国債の買い手はだれでしょうか?

実は米国債を買える主体ってそんなに多くはありません。なぜなら、国債がもっとも信用力がある債権のため、民間の資金は国債よりもいいレートで資金を基本的には調達できないからです(負債の年限とか、イールドカーブとかこの際端折ります)。つまり、もし米30年国債を買うために民間の人が30年の資金調達したらかならず損することになります。では国債を買える主体はどこなのか?一つは資金調達をする必要のない人、さらに銀行のように常に低利の資金が根雪のようにたまっている機関。為替リスクを考え無ければ各国の中央銀行等々。
米国債金利が上昇する=国債を買う人が少なくなる、、、この事態は現在のドル安で海外からのファイナンスが滞ればでてきそうな話だと思います。

つまりまとめると
①債券の発行の増加によって、ドルそのものの価値が毀損してインフレになる可能性
②将来今のデレバレッジが終わって、FEDが大量供給しているマネーが将来一斉に信用創造に向い、マネーの大量供給=マネーの減価を引き起こす可能性
がある、と考えられます。

しかし我ながらごちゃごちゃしてるな。
もうちょっと頭のなか整理する必要がありそうです。
[PR]
by ttori | 2009-06-15 22:06 | News

いんぼうろん

あんまりこんなことは書きたくないんですけど、、、。

某blogである金融マーケットの”事象”について「陰謀的」で「暴落の原因では?」という書かれ方をされている方がおられました。

まあ私個人に何も害があるわけでもないし、でもその”事象”を推し進めている会社の直接担当部署で制度的な話や経緯、ビジネス的な側面や現状を知る(というか直接かかわっている)人間として、「これこれこういう経緯なんですよ」的コメントを出させていただきました(まあ、その事象が”ダーク”とか”プール”とか怪しい単語でごく一般的な投資家相手のことでは無いのでそういう誤解がでるんでしょうけどね)。
ところが「いや、あなたは裏側をしらない、だまされている。これは陰謀だ」的コメントをいただきまして、激しく脱力しているので、まあこんなエントリーを書いてるんですけどね。

金融ビジネスに限らず、ビジネスが現場の”人”と”人”で成り立ち、ある種クラブ的な側面を持つことは否定しません(そしてその”クラブ”が行き過ぎた例が”談合”と呼ばれているんではないでしょうか)。そのビジネスを規制している当局の規制も利害を調整し、人が決めている以上、思惑が入り、全ての人を満足させることなど出来ないが、最大公約数的に物事を決め、少数が切り捨てられていることもままある現実は確かにあると思います。

ただ、少しでもビジネスをしている方なら骨身にしみていると思われますが、今の世界は少数の人間が全てをコントロールできるほど簡単でも薄っぺらくもないと思います。逆説的に言えば、重層的になり、個々の人ではとっても見通せないほど複雑化した社会だからこそ、”陰謀説”が流れるんだとおもいますけど。

確かに最終決定者はいます。日々何らかのジャッジが必要なことはビジネスの世界にはくさるほどあります。いろんな思惑で物事がきまることは否定しません。でも、そのジャッジのプロセスを考察し、結果を吟味し、その意味を推し量り、そして自分にどんな影響がでて、自分のビジネスにどう影響するか。そして自分に何が出来るのか考え抜く努力を怠り、簡単な”陰謀で片付けて”はダメだと思います。
そういう意味での健全な批判、考察は日々必要だと肝に銘じています。

まあ金融再編は”実は〇〇(ロックなんとかとか、ロスなんとかとか)が裏で糸を引いて、、”とか書かれる事多いんで、今度大手金融機関のM&A担当の人とか、M&Aバンカーに”〇〇に操られてるの?”って聞いてみよっと(笑)。
[PR]
by ttori | 2009-06-13 22:07 | プライベート

米国債

こういう兆円単位の話題もあるようで、、。
米国債など「13兆円」不正持ち出し、邦人?2人を拘束 伊警察
イタリアの報道によると、同国警察は総額1340億ドル(約13兆円)の米国債などの有価証券を不正に持ち出そうとした日本人とみられる2人をスイスとの国境で拘束した。2重底になっているカバンに大量の有価証券を隠し持っていることが発覚し、押収された。
 日本政府も拘束の事実は確認しているが、日本人との情報が本当かどうかは不明としている。氏名や持ち出しの理由なども分かっていない。
 イタリア警察は有価証券の金額があまりにも巨額なため、偽造の可能性を含めて捜査を進めているもよう。有価証券が本物の場合、総額の約40%の罰金が科せられる可能性があるという。
(Nikkei Net 2009/6/11 14:18)

いやー、世の中にはお金持ちがいるもんですねえ。13兆円とは。ってあほか。
あんまり米国債の実務に詳しくないインですけど、米国債ってまだ券面発行してましたっけ?
そもそも日本人かも怪しいそうで。できたら13*0.4=5.2兆円の罰金はらってぷりーず!。<あほ

それよりも米国債市場。
ここのところの動きは変すぎだと思うのはあほな株屋のかんがえですかそうですか。
「Green shootsなんて信じているのは株の馬や鹿の連中だけ」とせせら笑っていた債券すぺしゃりすとな方々においてはまさか雇用統計の数字一つで趣旨換えしたとでも。まさかねえ。
2年USトレジャリーが1.3%とか。景気回復で年内2回利上げ織り込みですか。そおですか。

インフレ怖い派とデフレ怖い派の論点は「今の量的緩和の出口」がどうなるか、という話だそうで、。
個人的には「出口には十分注意するけど、結局しがらみから出遅れてインフレ」になると思っているのは根性が曲がってますか、そうですか。

【追記】株マーケット、、、予想通りというか、個人的にはこんなに早く日経1万回復するとはおもってませんでしたが。まあ、これまでも「マネーじゃぶじゃぶ」での「ファンダメンタルを伴わない」株上げは何度もありましたし。じりじり値を上げてインデックス短期ヒストリカルボラ急低下。でもインプライドはそんなに下がらず。下が怖い人たちがまだまだたくさんいるそうで、、。
[PR]
by ttori | 2009-06-11 21:12 | News

いろいろ

金曜日、某中央銀行の方と友人エコノミストや後輩と飲み。
話題は、各種統計集計の裏話、日常の業務の笑い話や金融機関の金庫の話。金融機関のノベルティグッズ(お札型タオルや油取り紙がある!とのこと)についてや金融機関の最近のCM事情。
普段あんまり聞かない面白い話しが多かったです。

土曜日、家族で某タワーマンションを冷やかしに。
考えてますよ的コメントをすると相手は真顔で値段交渉。かなりの大型物件で一般に(地域的に)人気物件だといわれていたものですが、表示価格から一割は割り引いている様子(さすがに「すでに決まっている部屋も多いのでなかなか表立って値引きできないんです、、、」と)。いろいろ話を聞くと他の地域のマンションの値引きはびっくりするくらいだそうで。でも土曜日の日経にもでてましたが、大幅値引きの効果で在庫がはけてきているそうですが、(聞きにいったマンションは大手不動産系)中小マンション業者は在庫がはけても会社が存続できない事態に陥る例が多そうで、、、。(毎週上場マンション業者はばたばた倒産してますしね、、)

地価が底入れしなければ経済は復活しない、といわれますが、それほどまでに不動産が経済に与える影響は大きいんだなあと、最近ぼんやり考えてます。(このあたり、規制が多い業界ですからきちんとウオッチしないといけないんですけど、、)
[PR]
by ttori | 2009-06-07 07:01 | プライベート

暴言

「これからは車もエコ!」

、、、、車乗ること自体がエコではない、という突っ込みはしないのはおとなのやくそく♪

さて、UAWに支配されたGMの車にはだれが乗るんですかね。まあ彼らは”米国の”労働者(元も含む)の団体なので、彼らが採算が悪かろうが、既得権益と彼らの雇用(とUAWの金づる)を無理くり、政府を使ってでも維持しようとするのはわかりますが。

翻って、日本。
今日本の自動車産業は競争力を保っています。
でも50年後、トヨタがGMと同じような事態に陥らないと誰が確信をもって言えるでしょうか。
低コストを武器とする新興国に雇用を奪われないため、競争力を保つための技術革新を社会的高コスト(高年齢化で少数の若者で多数の高齢者の年金を支える為には高税率が必要となると考えられ)をまかなうほど、日本の労働者は産み出し続けられるのでしょうか。

【追記】マーケット、、、強いですねえ。先週金曜日はMSCIリバランスが入って(引けにかけて値がとんだ銘柄が多かったですが)、USで最後20分でインデックスが上に跳んだのはそのためだと思われますが、月曜日、寄りその上で寄り付く、というとっても強い感。日本では新興市場が上昇。商社・鉄鋼・海運のシクリカル銘柄が上伸。コモディティの上昇などを捉えて「リスクアピタイトが戻ってきた」と語られる方が多いですが、今リスクを取れるのはごく一部のファンドだけだと思うんですけど、、。その一つ、CTAが暴れているんでは、とのコメント。ここのところ復活していたフローバリューファクターは伸びが鈍化。まだまだモメンタムが効く。
[PR]
by ttori | 2009-06-02 20:57 | プライベート



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧