「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ついに、、

UBS証が3兆円誤発注 東証、カプコンCB売買一時停止
東京証券取引所は25日午後、カプコンの第5回新株予約権付社債(転換社債=CB)の売買を一時停止した。UBS証券が同日午前、立会外取引(ToSTNeT)で3兆円の誤発注をしたためで、東証は今後売買取り消しの是非を検討する。カプコンCBの残存残高は約150億円しかない。誤発注の規模は3兆円と巨額だが、売り手も買い手もUBS証券のクロス取引でもあり、東証は株式・CB市場全体の価格形成への影響はないと説明している。
 東証は2007年9月、誤発注の規模が巨大で決済が困難な場合などに売買を事後的に取り消せる規定を作った。今回はこの規定に基づきUBS証券が取り消しを申請。その事実を周知徹底させるために東証は売買を一時停止した。同規定によって売買を一時停止するのは初めて。 (13:41)

金融機関の数兆円の損、トレーダー(ソジェンのトレーダー)の1兆近い損、マドフ事件の数兆円の詐欺事件に続き、ついに出ました、数兆円の誤発注。
まあ、しばらくこの業界で働いている方の今回の反応は誤発注といえば、「またU〇Sか!」というところでしょうが、、。(前回は電通新規上場時の誤発注事件)
CBマーケットは東証立会い注文の板が薄く、また主要プレイヤーがヘッジファンドということもあり、業者(証券会社)がマーケットメイクをする特殊な市場。たぶんUBSは客注文と自己ビット(もしくはオファー)を付け合せて、立会い外で東証で執行したのでしょう。ただ、そのときにCBの東証注文入力単位を間違えたということだと思いますが、、、。(売買執行された、ということは、売りも買いも同じ間違いをしているので、同じ人が入力した可能性が高い)
今回の誤発注は、発行が150億しかない、カプコン5回債なので明らかに間違いとはわかるものの、、、。

まあ私の周りの反応は「、、、間違えると業者を東証が発表するのか?」ということで、間違えると東証直々に発表して業界のさらし者になる、という心胆寒からしめる事実を示したことでしょうか、、。

業務連絡
一部の方に評判(涙)なので、ご連絡。
来週一週間お休みいただきます。
ちなみに前回はリーマンショック(+AIGが潰れたりetcがあった)の週、その前はベアスターンズ破綻騒動でしたが、、。
(前回、実家の近くのレストランで、リーマン破綻のニュースを呆然と見ていた記憶がありますが、、、)
今回は何も起こらないことを祈る、、。
[PR]
by ttori | 2009-02-25 21:14 | Market(マーケット事件簿)

Tokyo

Tokyo、モンスター。
近未来都市Tokyoという趣旨でアングルの取り方がかなり独創的。
とっても押井守さんテイスト満点でおもしろかったです。


そうこうしているうちに、危機第二幕。
シティは2ドル割れ、バンカメも安い。
東京のクレジットスプレッド指数i-Traxxも上昇。(ただし、主な上昇要因は消費者金融やノンバンクだったり、、)。多くの産業で国有化が真剣に議論されています。

大学の時、20世紀システムというシリーズ本から、20世紀は国民国家と、大きな政府の時代だと教えられました。そして、小さな政府と、国家が絶対的な権力者ではなくなった21世紀の大恐慌は、再び大きな国民国家と、国家間世界戦争を引き起こす引き金となるのでしょうか。
[PR]
by ttori | 2009-02-22 21:27 | News

気が付いたら、、、

どうにか復帰しました。ええ。マジで大変です。

中国:国外で資源買収活発化、「最後の資金調達先」に-金属安は好機  
中国3位の鉄鋼メーカー、武漢鋼鉄集団と同5位の沙鋼集団は、オーストラリアとブラジルで鉄鉱石鉱山の権益取得を目指している。
  沙鋼集団の沈文栄会長は豪州とブラジルで買収候補の「評価や選択を行っている」ことを明らかにした。その上で「国外での権益取得を目指すのは中国政府の政策だ。従って、中国の銀行から融資を獲得できると考えている」と語った。武漢鋼鉄の広報担当者、バイ・ファン氏は、豪州で鉄鉱石資産の買収コストが低下するなか、同社は「チャンスを求めており、その他の国々も除外するつもりはない」と述べた。
  金属と原油の相場は昨年7月以降70%下落し、6年に及んだ商品ブームは終息した。世界最大の金属消費国である中国は今年、既に原料資産220億ドル(約2兆300億円)相当を買収している。一方、米国と豪州の銀行の貸し渋りは依然として続いている。今月に入って英豪系リオ・ティントは中国国営のチャイナルコに、豪OZミネラルズは中国五鉱集団に、それぞれ資産を売却することで合意した。リオとOZミネラルズの負債は両社合わせて400億ドルに上る。UBS(シドニー)の資源調査担当責任者、グリン・ローコック氏は「中国は最後の資金調達先になっている」と指摘。「中国は銅、ボーキサイト、アルミナ、ニッケル、ジルコン、ウランの純輸入国だ。中国はこれらの原料の供給を確保する方法を模索している」との見方を示す。 資源買収により、世界最大の消費国である中国が支配する原料が増加し、価格に影響を及ぼす可能性がある。中国鉄鋼工業協会(CISA)は、チャイナルコのリオへの出資により、鉄鉱石価格の決定で中国の交渉力が強まるとの見通しを示した。
 2月18日(ブルームバーグ)

こちらの方のblog(ずんちゃか株式投資雑記帳)から。
いや、2兆円ですぜ。日本の新聞は華麗にスルーですけど。
今の時期、これほどの金額のファイナンスが出来る主体はほとんど無いでしょう。そういう意味では金額もさることながら、まさに「デカイ」ディール、と思います。
ついで本日、ロシアと原油パイプラインの敷設と原油の長期コミットの見返りで2兆5000億の融資との報道
これまで中国は世界の金融セクターに率先して投資し損失をだしたためか知りませんが、確か今大型海外投資をするときは許可制をとって海外投資を見直していたと記憶していましたが、、。今後もいい案件なら継続して投資する、という中国の強い意志を感じるようなディールですな。

一方で資源小国にもかかわらず、このせっかくの好機に我がにほんのイメージは「のんだくれ」ですか。そうですヵ。

、、個人的には中がw(酒)さん好きだったんですけどねえ、、。
---------------------------------
東京株マーケット、、、すでに終戦モードというか、主体性はないというか。
場中に為替が動こうが、海外マーケットが動こうが反応なし。「生体反応ありません!」みたいな。(「れいんぼーぶりっじ、ふうさできません!」的に)<あほ
それでもじりじり水準を切り下げ、テクニカルにかなりきつい感じ。下に抜けてきています。
「そらまあ、このバリエーションでは買えませんわなあ」というのが全てを物語っていますけど。年金の買いは継続的に入っているようなのですが、それでもこの動きのなさはなんなんでしょうね、、。
9月期末から実はインデックスで3割以上も下なのですが、10月の短い期間に急落して、その後日経で8000円前後で推移した期間が長かったため、妙に「見慣れた」水準となってしまっていたりします。このまま期末を迎えたりすると、キャピタルが厳しい銀行の貸し出しは増やせず、ますます資金繰りが苦しくなることが考えられますので、3月末、いろんな意味で大変そうです、、、。
そうこうしているうちに中国株が反発。国が大量に資金をばら撒いているインフラ投資のための融資が、目先の株式市場に流入しているそうで。わかりやすいというかなんというか。
[PR]
by ttori | 2009-02-18 20:12 | News

家族

全員でウイルス性胃炎?(ノロウイルスじゃないのか??)で死亡中、、、。

いや、まじでしゃれになりません。

嘔吐と下痢で死にます。ほんと。

皆様もお気をつけください、、、。
---------------------------------------------
本日の歌 レミオロメン「夢の蕾」
<思いっきり”感染列島”の歌です、ええ、、。
[PR]
by ttori | 2009-02-16 20:45 | プライベート

本日の新商品

CAアセット、仕組み債ファンド「チェルシー・ウィッシュ」を3月30日設定

うぃっしゅ?



、、、まさか




、、、、まさか






DAIGOですか??(ああ、書いちゃった、、、、)
<あほ
[PR]
by ttori | 2009-02-09 22:34 | News

この時期疲れていると聞きたくなる

レミオロメン ”3月9日”。

、、、相変わらず涙腺は緩いです、、。

【追記】最近つかれてYoutubeでぼけっとPVみてると時々涙がでます、、、。Greeeen”"。
♪意味のない事は何一つ無いって気がするんだ
思い切りやりぬいたら 気持ち晴れ晴れ
振り返れば ほら見えるだろう?歩んだ道のり 恐れずに次の一歩
ほら 踏み出せ!!!!♪

マーケット、、、このレンジ感は何なんでしょうか。8100円が重いのなんのって。一方で8000円われは確実に買いが入り下支え。三角持合はどちらかに離れると早いんですけどね。
全体的に一時期のような「逼迫感」はなし。北米ではゴールドマンとモルスタが株価が戻ってき始めています。

でも一方で大きな流れとして保護主義が台頭。不況は貧困を生み、貧困は極端な主義主張や大衆迎合・ナショナリズムを使った政治家をしばしば生みます。そしてその政治家が独裁者となり、状況がよくならなければ(大概はよくならない)不満の捌け口を外に、そして戦争に求めます。これは洋の東西を問わず、昔から起こっていることです。社会は進化せず、変遷しているだけであり、人は技術は蓄積されるが世代が変われば経験の多くは受け継がれません。そして歴史は繰り返すのでしょうか。
[PR]
by ttori | 2009-02-05 22:31 | プライベート

ふかよみ

かんぽの宿:売却額、対立深く 総務相・日本郵政、ともに譲らず
 日本郵政の「かんぽの宿」70施設をオリックス不動産に一括譲渡することは鳩山邦夫総務相の反対で一時凍結となったが、約109億円の譲渡額の妥当性を巡る対立が解消したわけではない。総建設費用に比べ「安すぎる」と批判する総務相に対し、日本郵政は「適正な額」と譲っていない。「2400億円かけて作ったものが、100億円なんてバカなことはない」。鳩山総務相は30日の閣議後会見でこう述べた。日本郵政によると、70施設の土地代は約295億円、建設費は約2107億円。例えばさいたま市の「ラフレさいたま」(00年9月開業)は約286億円をかけたが、08年9月末時点の帳簿価格は約16億円。これも「簿価は簿価として、150億円くらいで売らないと大損する」と指摘した。一方、日本郵政の西川善文社長は29日の会見で「取得原価をみると、投資(額)がいかにも大きい。どういう考えでそういう投資が行われたのか理解できないところがある」と語り、民営化前に採算を度外視した投資があったと暗に批判した。
【毎日新聞 2009年2月1日 東京朝刊】

まあ、まず第一印象は、この大臣馬か鹿かと。
言っていることが支離滅裂、だれがこんなやつ大臣にしたんだと子一時間問い詰めたい。問い詰めたい。

とまあ、悪態をつくのはいいですが、この件で思った妄想をいくつか。
1:まずこの大臣はなぜここまでわざわざ突っ込むのか。「2000億以上かけたのになんで100億」という発言は小学生以下ですが、宮内オリックス会長が大嫌いとか、個人的な感情があるなら別ですが、そこまでこだわる理由がわからない。この件で国会で質問したのも郵政選挙で自民党をたたき出された人のようで、まるでその質問はエールの交換のよう。「うさんくさい」とのたまいますが、大臣のほうがよっぽど胡散臭い。

2:しかも「100億安い」といっときながら、「収益上げるために宿泊費上げ」とか微妙な軌道修正も胡散くさい。どなたかが説明したとしか思えない。しかもこのご時勢に単価上げなぞできるとも思えませんけど、、、。

3:一方で100億以上の値段をつけたオリックス側も胡散臭い。このかたも指摘されていますが、単純に年50億以上の期間損失を出している資産を買うのにしても、高い気がする。今ホテル業界は苦境に陥っていて、客単価も宿泊率もガタ減りの現状ですし。もちろん、郵政側に恩を売って、今後のビジネス拡大に期待をしているんだとおもいますけど。とくにかんぽの宿って地元郵便局の利権の巣って話もあるようで、、。

4:また郵政側の動きもわからない。初めは「大臣への連絡ミス」みたいなことでまさかこんなに延焼するとはおもってもなかったんだと思いますけど。にしても脇があまいのか、ぎりぎりまで大臣に知らせなかったのか、、、、。

5:建設費が無駄に高いのはなぜでしょう。採算なんぞ考えないで作ったのはわかりますけど、簿価と比べ建設費があまりにも高すぎ。個人的に何度かかんぽの宿行った事ありますが、確かに金をかけてつくったのはわかりますが、多くが辺鄙なとこにあるのにあの建設費の高さは異常。なんだか突っつくといろいろ出てきそうな感じですな。

まあとりあえず何をこんなにねじれてしまったのかわかりませんが、とりあえずオリックス側はビットを降りて、再入札するんでしょうね。そして初めのビットより低い値段になってちゃんちゃん、となるのに1万リラ。

【追記】本日出回っていたChikirinの日記さんのログ。かなり面白いのでお勧めです。
[PR]
by ttori | 2009-02-03 21:49 | News

ゆめ

金曜日、某政党の方と友人エコノミストと飲み。
話題は経済状況、政治状況、各国中銀のバランスシートについて、そして夢について。
よくわからない状況だったので与太話ばかり。

学生の時、10年後は何をしているだろう、といろいろ妄想。
私はガンダム世代なので、10年後は多分ビジネスになっていると思っていた宇宙旅行。
アーサーCクラークが考えた通信衛星に対して、富野由悠季が考えたコロニーは、同じだけ価値があると思っていたそのころ。

、、、コロニーは落ちるものだ、というのはまあネタとして。

10年目まであと少し。
私は夢に少しでも近づいているのか、と、夜カエリミチ、月を見上げてセンチになってみる。
[PR]
by ttori | 2009-02-02 21:41 | プライベート



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧