<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

来年もよろしくお願いいたします。

明日から家族と実家に帰ってゆっくりしてきます。
とりあえず、とんでもない一年でしたが、なんとか年を越すことができそうです。

思えばこれまでの常識、すべてがぶち壊れた一年でした。
特に9月のリーマンショック以降、まだ3ヶ月ちょっとしかたっていないのが信じられないくらい、世界中の光景が全て様変わりしてしまいました。

せめて年末くらい、ゆっくり過ごし、骨休みとしたいものです。


今年一年本当にありがとうございました。
来年もまた、よろしくお願いいたします。


【追記】そして今年最後もやっぱりGreeeen の 「旅立ち」そして 「」 。
、、、涙腺ゆるくてすいません、、、。
[PR]
by ttori | 2008-12-30 21:37 | プライベート

購入

古くなったTVを液晶に買い換えた。
f0005681_16141568.jpgシャープのアクオス、42インチ。
池袋のビック〇メラで表示価格よりさらに値引き!で。
しかもポイント数万円分ついて。

、、、液晶テレビ、安くなりましたなあ。
クリスマス前、天気のいい日曜日の昼下がりににもかかわらず、テレビ売り場はガラガラ。
北米ではシャー〇の50インチ液晶テレビが十数万で、買うと32インチの液晶テレビがもれなく付いてくる!というトンでも状態だそうで、、、。

2009年に液晶テレビの売り上げが初めて減少へ--市場調査会社が予測
2009年は、液晶テレビメーカーにとって悪夢の1年となりそうだ。
調査会社DisplaySearchは米国時間12月18日、世界各地域におけるテレビブランドの出荷データをまとめた「Quarterly Global TV Shipment and Forecast Report」の最新版を発表した。それによると、2009年の世界の液晶テレビの売り上げは、2008年から16%減の640億ドルに落ち込む見込みだという。DisplaySearchは同レポートで、「(2009年は)テレビメーカーおよびサプライチェーンにとって、これまでで最も厳しい年になる」と指摘している。

営業赤字に転落危機となっている自動車メーカーと並び、家電メーカーも厳しい年の瀬になりそうで、、、。
え?うちの業界?そんな野暮なことは聞かないでくださいよ♪、お兄さん。

、、、、(涙)、、、、。

【追記】グリーという会社が上場、というのを聞いて仕事中延々と頭の中をGreeeenが流れてた私はステレオタイプですか、そうですか。
Greeeen「」、そして最近私の中で最大のヒット「旅立ち

【追記2】マーケット、、、。年内店じまいの様相。相変わらず外人売り・国内個人・信託(年金)買いが続く。個人・年金といっても「値ごろだから買っとくか」「ウエイト維持で買わざる得ない」というアクティブに上値を買いあがる、というイメージでもなく。ファクターも特にこれといって継続的に効くものもなく。バック・ミドルは株券電子化を控えて緊張感が高まり、、、。
[PR]
by ttori | 2008-12-21 16:14 | プライベート

かしたくても、、、

日銀利下げ、高まる為替介入への警戒感
[東京 19日 ロイター] 日銀が追加利下げに踏み切ったことで、為替市場ではドル買い/円売り介入の警戒感がさらに高まるとの声が出ている。
 金融緩和にもかかわらず円の急騰に歯止めがかからなければ、通貨当局はファンダメンタルズと整合性があわないとの大義名分から介入を正当化しやすくなるためだ。ただ、ドル全面安の状況の中でドル/円だけを狙い撃ちにして介入を行っても効果は乏しいとの見方もある。
 17日にドルが13年半ぶりの円高水準となる87円台へ下落。その後の反発も小幅にとどまり、ドルに下げ止まりの兆しが見えないことで、市場ではドル/円が一段と下落すれば、日本政府・日銀がほぼ5年ぶりに為替介入に踏み切るのとの見方が強まっている。
[東京 19日 ロイター]

いきなり全然話はそれますが、貸し渋り、といわれて多くの方が多分誤解されていますが、今の銀行で貸出し余力があるところはほとんどない、と思われます。なぜか?
まず、銀行が持てるバランスシートの量(資産の量、貸し出し+有価証券)は負債(預金)とキャピタル(資本)からBIS規制によってほぼ機械的にMax(会計基準変更で恣意性がはいりますけど、、)が決まります。
で、今バランスシートの左右を考えるとまず左側(資産側)は貸し出しは景気悪化によって貸し出し悪化・引き当て増加(=資本から差し引き)、保有有価証券は損失(同じく資本悪化)。右側の預金はあまり変わらず、一方で資本に計上している株の減損でキャピタルが減少=貸し出し余力の低下(そういえば、こちらの方が書かれていましたが、緑爺が銀行のキャピタルを10%から14%に(=バランスシートを減らせ!)、といってるそうで、、、。今そんなことをすると更なる貸し出し余力低下となる悪寒、、、)。また、インタバンクが機能不全になり、資金が目詰まり。

【追記】このあたりに新しいビジネスチャンスがありそうな気がしますが、、。つまり、必要キャピタルがどんどん上ブレすれば、金融機関はもはや恒常的にバランスシートを抱えられない=ローン市場を支えるために新しい貸し手が必要、ということです(もちろん、BIS規制を緩和して、必要キャピタル計算を緩和する、という手段も考えられますが、それはあくまで小手先)。ですが、ローンの貸し出しの入り口は銀行にならざる得ず、貸出先のモニタリングとレンダーの分離がさらに進む、のではないでしょうか。ただ、これは今回大問題になった証券化商品の世界観そのままなんですよね、、。つまり、情報技術のさらなる進歩と銀行の知恵と情報(フェイス・トゥ・フェイスでの情報)のレンダーへの受け渡し(貸出先のモニタリング技術の進歩)が必要と考えられます。今回の金融危機の教訓を生かして、デフォルトモデルの更なる進化、個別企業の財務情報の精緻化(もちろん単に数値を細かくしても意味はありませんが、、、)、そして人間くさいファクターをどう情報とするか。貸し出し先をモニタリングさせる銀行とレンダーの責任分担の仕方、ローン契約書の更なる高度化、、、このあたりでしょうか、、。
【追記2】もう少し考えを進めると、ローンも大企業向けは会計基準の統一化により、一つのグローバル投資商品になったと考えれば(これまでは相当ローカル商品)、「少ないローンの出してをグローバルに奪い合う」という世界でしょうか。これだけ全世界経済がカップリングしているなかで今後の世界を考えるとおもしろいかも。そもそもローンはアップサイド収益は限定的なのに、ダウンサイドは最大元本全て毀損、というオプションでいうコール売りパターンの商品。だからこそ、多数のローンをまとめて投資分散を行い、専門家(銀行)が「時として政府保証までつけて」運用している、と考えられます。そうした難しい上にアップサイド限定の商品をどうやって買ってもらうか。知恵の出し方や、規制の考え方を整理する必要があると考えています。

そのうえCPや社債発行市場が機能不全で大規模資金を必要とする大企業が軒並みローン市場に殺到(アメリカでもベア危機以降商業貸し出しが急増したそうで、、、)。彼らの必要資金はそこいらの地銀一行レベルですから、メガですら「無理!」って世界、、、。
余裕のある生損保が貸せばいい、ということで大企業によるローンの申し込みが生損保に殺到しているそうですが、ローン貸し出しが本業でない生損保も限界があり。しかも「メインが貸せないのにどうしてうちが貸せようか、、」の世界らしく、、、。

そういう意味では今回の日銀のCP買取はかなりインパクトがあると思われます。
が、株式市場では為替の円高(ドル安)でさらに下落。
為替も為替で、一瞬円安になりましたが、あっという間に行って来い。
この勢いだとECBやBOEもゼロ近くまで引き下げそうで、、。すでにゼロの日米スイスに続き、先進国全てゼロ!の世界。こういうとき、為替変動の注目点ってどこになるんでしょうね、、、。
[PR]
by ttori | 2008-12-20 10:12 | News

ショック!

虎年の獅子座さんがご退職 / HP更新停止だそうで、、。
新しいところでも益々のご活躍(?)を願って。

ある種マーケットの事件なので、、、。
[PR]
by ttori | 2008-12-15 21:09 | Market(マーケット事件簿)

桁違い

米ナスダック元会長、逮捕 詐欺容疑、被害4.5兆円
米連邦捜査局(FBI)は11日、米ナスダック・ストック・マーケット(現ナスダックOMXグループ)の、バーナード・マドフ元会長(70)を詐欺の疑いで逮捕した。同容疑者は「ねずみ講」に似た手口で資金を集め、約500億ドル(約4兆5000億円)の被害を投資家に与えたとみられている。住宅バブル崩壊やその後の金融危機を招いたとして信用が失墜している米金融業界だが、一段と批判が高まりかねない情勢だ。マドフ容疑者は運営するファンドで多額の損失を抱えていたが、好調さを装いながら新規の投資家から資金を集め、配当や解約金の支払いに充てていた疑い。同容疑者は自ら「実体は大規模な『ねずみ講』」などと認識していたとされる。損失額は正確には把握されていないもようだが、米メディアなどによると米金融史上で最大規模の詐欺事件。ナスダック会長に就くなどしていたマドフ容疑者は米証券界の重鎮的な存在で、「ウォール街」への風当たりはさらに厳しくなりそうだ。(Nikkei NET: 12月13日 11:21)

金曜日、ある意味アメリカ上院での自動車業界救済法否決のニュースよりも話題になっていた話。
元NASDAQの会長まで勤めたマドフ氏が高利回りをうたって大量の資金を集めたが、数百人の個人や機関投資家から集めた資金をそのまま配当にまわしたりしていた大規模な「ねずみ講」を働いたとしてFBIに逮捕されました。そしてその総額はなんと、桁違いの500億ドル(4兆5千億円!)!!。初め聞いたときは「このニュース、ドルと円を取り違えてないか??」とおもったんですけど、、。
一部では「あまりに長期間高利回りを維持しており不自然」(米金融関係者)とささやかれていた。」とのことですけど。FRBの不備を指摘する人もいるそうですが、そもそもケイマン籍などのファンドにするとアメリカの法律の枠組みで十分な監査も出来なかったでしょうし。

しかしこのマドフ容疑者、「すべては壮大なうそにすぎない」と自分で言ってるみたいで、、。
金融機関の数兆円の損失やら、GMやらの救済資金も数兆円、EUとか中国が景気対策で数十兆突っ込む、とか、もはや金額でニュースになりたければ兆を超えた額でないとダメだということでしょうか、、。

、、、狂ってる、、、。

----------------------------------------
GM、、、まさかまさかの上院否決。そしてドル円暴落、株下落。GM首脳部は(破綻危機にいたったのは)「今回の未曾有の金融危機が原因」とのたまってますけど、業績が悪いのは今に始まったわけではなく、それこそ何十年も前から言われていたこと。だからこそ、の否決だったのでしょうけど。ただ、GM株価はドイツで2ドル割れまで売られた後は戻り歩調で、NYでは”たった”4%安の3.94ドル。政府がTARPを使って資金援助をする、との思惑だそうで、、。しかし下のエントリーで「(金融市場には)あんまり影響ないかも」とは書きましたが、あくまでそれは「プリ・パッケージ(事前に破綻後の対応を全て決めた上)での破綻」を想定しているのであって「突然死」が起こるとも思えないからでして、、。GMのディーラー網はGMACに資金繰りをつけてもらっていて、GMACが破綻すると立ち行かなくなる販売店が多いよう。まだバランスシートに売るものたくさんあるでしょうに、、。

【追記】しかし自動車産業の方々、なんだかニュースを見ていると、「親方日の丸(星条旗?)」じゃないですけど、「政府はうちをつぶさないだろう」的なあまい見通しを持ってそうな動きに見えるのは気のせいでしょうか。
上院の救済案をつぶしたとして悪役ナンバーワンになってしまったUAWも構成員の福祉切り下げになる「トヨタなみの給料」を今すぐ、はおいそれ、とは飲めなかったでしょうけど。それにしても残る資金源は政府のTARPとFRBですが、TARPは自由に使える枠があと150億ドルしかなく、残りは議会と調整、一方のFRBも議会が否決した上に金融機関でない自動車産業に直接資金を注入するすべは限られています。ウルトラCのGMACの銀行移行はキャピタルの薄さがあだとなり、傘下のResCapと共に債務者にデット・エクイティ・スワップのオファーをして見た目上のキャピタルの嵩上げ>バークリアを目指していますが、難航中。
年末に向けて難しい調整になりそうです。
[PR]
by ttori | 2008-12-13 22:23 | News

週末

木、金、土と飲み会3連投。

金曜日、友人達と忘年会。弁護士数名、PEファンドの方数名、投資銀行のプリンシパル・インベストメントの方、エコノミスト、M&Aバンカーの方、HFセールスの方。同年代(30代)の金融関連の仕事をしている友人10名余り。
話題はPEファンドの内情、それぞれのファームの内情、バンカーの処遇。そしてやっぱりリストラの話題。弁護士事務所の内情とか。
M&Aバンカーの方が先日合コンしたら、相手の女性が友人弁護士(この日の飲み会にも参加)の秘書さんだと判明、合コン開始10分で「しゅーりょー。」だったとか(笑)。(狭い業界ですが偶然にもほどがあります、、笑)

土曜日、大学時のサークルの先輩と飲み会。外資系大手システム会社や大手ガラスメーカー勤務のエンジニア、家電メーカーのエンジニアの方と飲み。話題はそれぞれの近況、それぞれの業界について、リストラの話題、友人の近況、そして健康について。メタボ、通風、コレステロール。「久々に会って早々健康についての話題とは、俺達もおやじになったのぉ。」と(笑)。
焼き鳥を堪能、その後先輩行きつけのバー(<お酒好きにはお勧めの店です)に洋酒を飲みに。
日ごろ飲めない珍しいお酒がたくさんあって、おいしかったです。
ちと飲みすぎ(with 葉巻)ましたが、、、。

--------------------------------
f0005681_2222441.jpg本ではないのですが、この雑誌。。。
電車の中吊り広告で「時には買わない知性もある私(はぁと)」ってのが、、、。
ある意味女性の購買意欲はすげーなー、と思ってしまいます、、、。
[PR]
by ttori | 2008-12-07 18:07 | プライベート



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧