<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

しかし

ここんとこほんと毎日何かおこりますね、、、。
世界中の金融機関ってどんだけ潰れる&国有化されれば気が済むんでしょうか。。
しかもアメリカ議会、否決って。火に油そそいでどうする。

東京マーケットは各所でいろんなゆがみがでてまして、株だと先物と現物がえらい乖離していたり、バリューが叩き売られたり。

まあ突き詰めればすべて金詰りなためなんですけど。

しばらくしんどい日々が続きそうです、、、。

【追記】しかし、日々いろいろな金融機関の危機が伝えられて、みなさん世界の金融機関ツウ(?)になってしまってるんではないかと。これまで、普通の方はシティとかなら知ってる、ちょっとしたOL(?)ならゴールドマン、モルガンスタンレー、メリル、少し詳しくてJPモルガン、リーマン、一人くらい知り合いがいそうなUBS、ドイチェ、HSBC、バークレイズってとこでしたが、フォルティス、ワコビアまで出てきて、さらにはワシントンミューチュアル、デクシアなんて知ってる方は金融機関関係者でもかなりマニアな方くらいだったでしょうに。。
[PR]
by ttori | 2008-09-30 22:09 | Market(マーケット事件簿)

やっぱり

というべきか、なんというべきか、
各市場で大量のフェールがおきているとのこと。
株・債券・デリバティブ等々。

「株は大丈夫じゃない?」とお思いのあなた。
実は東証で売買してもフェール(株券の受け渡し決済不能)は起こるのですよ。
しかも証券取引所で売買すると、相手(売り手、買い手)が見えないのでたちが悪い。
決済当日になって「ダメでした、、」といわれるのです。

東証がこの状態ですから、OTCものの商品(スワップやらCDS等々)なんぞ目も当てられない状態でしょう。。。

そらカウンターパーティリスクがはね飛んで、モルガンスタンレーすら大変な状態になりますわな。

こういう場合、資金の出し手(日本だとメガバンクとか、系統金融とか)は強いですわな。

ああ、月曜日が怖い、、、。
[PR]
by ttori | 2008-09-20 18:31 | Market(マーケット事件簿)

絶句

前の休みのときはベアの破綻騒動でしたが、、、。


、、、、前より数倍悪いんですけど、、、、。



、、、、言葉もありません、、、、。



リーマンが破綻(チャプター11)、メリルはバンカメに救済買収され、AIGが資金繰り悪化で株価急落、、、
数年前(というより半年前すら)ではとても考えられない事態になってまいりました、、、。
つーか、AIGがつぶれるような事態になったときにはとんでもないときだとおもってましたが、、。
、、、ほんと言葉もありません、、、。

【追記】しかしどうしてこうなったのだろう、と考えると、一つは無理なエクスポージャーの拡大ということに尽きる、と思います。いろいろな方が言及されていますが、グラス・スティーガル法の改正に伴い、巨大な預金というキャッシュフロー・レバレッジをもつ商業銀行(シティやBOA、JPモルガンなど)に比べて、短期の資金繰りを市場にたよってレバレッジをかけている投資銀行が商業銀行に商圏を侵食され、利益を上げるにはレバレッジをより高める方向に進み、いずれクレジットサイクルにつかまって苦境に陥る、という指摘は前々からされてました。でもまさか投資銀行大手五行のうち、モルガン・スタンレーとゴールドマンサックス以外のメリル、リーマン、ベアーがなくなってしまうとは、思いもしませんでした、、、。
一部の方が指摘されていましたが、コーポレート(無担保取引)は王様の取引、アセット(有担保)は奴隷の取引、といわれます。アセットがらみの取引は、コーポレートの様な信頼ベースでの無担保取引とは違い、プライス次第でいくらでも市場が取れるため、アセットがらみの取引は後発組みが先行して利益を上げやすい。ところが、アセットそのものがバブルになりやすく、クレジットサイクルの最後でアセットそのもののバブルが弾け、後発組を破綻に追いやる、と。これは資金ベースが弱く、コーポレートカバレッジが弱かった日本の旧長銀など、不動産に傾斜して破綻したとマッタク同じ構造かと。最終的にコーポレートに強いモルガンとゴールドマンしか生き延びれなかったのは重いです。これで世界中を見回して、純粋投資銀行と呼べるのは片手くらいしか残ってなくなりましたね、、。

【追記】しかし10chの古〇一郎はどうにかならないのですかね、、、。マッタク不勉強&意味不明なコメントを臆面もなく言う上に、質問も(日本語として)意味不明。日本語能力が明らかに不足している人をいつまで使うのでしょうか。いつもはトンデモ系だとおもわれている木〇某氏がとってもまともで、大人にみえてしまうのはどうかとおもいますけど、、。
[PR]
by ttori | 2008-09-16 18:02 | Market(マーケット事件簿)

そして、、その後

来週一週間お休みいただいて、家族と私の実家に帰ってきます。

、、そーいや、前回休んだのはベアが潰れかけたときだったよーな、、、。

大変なことにならない事を祈る(涙)。

---------------------------------------------------
最近気になっているCM

サザエさんは…「25年後の磯野家」を実写で 江崎グリコ新CM

グリコのCMで25年後の磯野家を実写で!と話題性十分です。
浅野忠信:カツオ、宮沢りえ:ワカメ、瑛太:タラちゃん、小栗旬:イクラちゃん役だそうで。
宮沢りえのワカメちゃんがはまり役でしょうか。
しかし、、なぜイクラちゃんがお金持ちになっているのでしょうか。

なぞだ、、、。

---------------------------------------------------
【追記】しかし、、マーケットは徐々に平静を取り戻しつつあるようです。今週に入ってアセット・フロー系バリューファクターが共にかなり効いてきて(ただし、グロースはあまり効かず)、今日もびっくりの効き具合でした。本日はファクターは右肩上がりでしたので、SQ終わった後、どなたか買いを入れていた可能性も考えられます。

リーマンは、、、、やっぱりの展開になってしまいそうです。
最近は金(NY時間)・月(東京時間)の間に問題を一気に解決する傾向にありますので、下記でかきましたが、リーマンの決算を見たとき思ったのは”あ、これはダメだ、週末までに何かおこるな”ということでした。

マーケットは次の標的を見つけに走っていますが、そろそろ大所も片付きはじめてますし、このバリューの効き具合はいろいろな”戦後”を織り込みはじめているのかもしれません。

あとリーマンのニュースの影にかくれていますが、こういうニュース(ドイチェがポストバンク買収)も。
これはこれで大きなニュースだと思います。
どんどん金融機関が再編されていますなあ。。
[PR]
by ttori | 2008-09-12 21:47 | CM一考

国有化

なんともコメントのしようがないのですが、、、。

米政府、ファニーメイとフレディマックを救済へ=下院委員長 米下院金融サービス委員会のフランク委員長(共和党)は6日、米政府が連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を国の傘下に収める計画だと明らかにした。
7日に正式発表される可能性があるという。
同委員長は、ロイターに対し「すべての株主が不利な扱いを受けることになるだろう」と述べた。また「政府が新たな経営者となる見込みだ」と述べ、現最高経営責任者(CEO)らが解任されるとの見通しをほのめかした。フランク委員長は5日に、両社の救済策についてポールソン財務長官と協議していた。
[ワシントン 6日 ロイター]2008年 09月 7日 14:21 JST

ついにこういう事態になりましたか、、、。
日本時間の明日朝(NYの日曜日夜)発表だそうです。

これが今回の一連のクレジット危機の最終週になればと思いますが、どうなることやら、、、。

【追記】こちらの方が書かれていますが、今回の措置を受けて、直前までAAAだったファニー・フレディのCDSはデフォルトだそうで、、、。ただ、ファニー・フレディがカウンターパーティのデリバティブのクレジットイベントにはならないため、スワップなどは存続だそうです、、(ISDAマスター上のクロスデフォルトにはひっかからない、という意味)。しかもこういう事態を想定した手当てがしてあったそうで、、、。なんとも用意周到ですね、、。
一方で株価はどちらも1ドル割れ、通常NYSEでは1ドル割れると上場廃止なのですが、特別処置で存続だそうで、、、。どこまで用意周到なんでしょうか、、、。

そうこうしているうちに次の目玉(リー○ン)。昨日株価が暴落してあわてて決算発表をしましたが、なんとも生煮えな内容。大赤字とあわせてキャピタルインジェクションを発表したかったみたいですが、韓国の公的に蹴られて何の発表もなし。今週末になにか出るか注目してます。
[PR]
by ttori | 2008-09-07 22:16 | News

しくみ

毎回みながらすごいよなあ、と思うのが

ピタゴラスイッチ

特に途中途中に出てくる仕掛け

毎回毎回よくこれだけできるもんだと感心してます。
[PR]
by ttori | 2008-09-06 17:54 | 本 / CD / TV

またか、、。

まあ、やはり書かざるえないので書きます。

昨日のエントリーで
>ファクターはマッタク効かず、基本的なバリューファクター(E/P、B/P)とかはむしろ大幅マイナス。資金が流失している、という話はあまり聞かないのですが、これだけ手ひどくやられると萎えます。
と書きましたが、今日はその倍ひどいイメージ。
バリューがここ数週間リターンが悪化しているのは結構多くの方が指摘されていましたが、今日はいつもの数倍悪かった印象です。

昨年の8月を彷彿とさせる、指数ベースではあまり動いていないのに、中身は強烈に歪んでいた一日でした。特にE/Pなどはきれいに右肩下がりで下がっていましたので、だれかが前場かけてポジションを閉じに行っていた印象です。

「海外ファンドのアンワインド?」という声も聞きましたが、バリューが悪化しているのは先週から、特に海外がレイバーデイで休みの昨日もひどかったですから(休日出勤してんのかな?)かなり切羽詰っている感じがします。

原因はなんだろうか?と考えていますと、過去エントリー(8月9日”スポーツの夏”)で
>なんとなくバリュエーションが信用できない&今の割安バリューはシクリカルピークなのでは?という話や、原油が下落して世界的にファクターリターンが混乱している、という話、さらにはヘッジファンドの大きなドローダウン(損失)の話(金融ショート・原油ロングでの損失)などなど、、。
と書きましたが、シクリカルなピークだと、今後最も業績が悪化するセクターがもっとも業績がよくて、株価が割安に見えてしまう、バリュートラップにはまってしまっている&エネルギー・資源ロング組みの巨大ドローダウンの影響かなと。
直近のニュースフローを見ると、大手ファンドのオスプレイ・マネジメントが巨額なロスを出してファンド閉鎖とのことで。ただ、昨年ほどレバレッジがかかっているとも思えない現状、さらに昨年は大手ファンドの多くが同じようなポジションを取っていたといわれますが、多くのファンドは昨年の教訓を生かして、ベットしているファクターを分散してきているはず。実際にルネッサンスやAQRのポジションに相違が出ていると指摘されている現状、この惨状は奇異に感じます。(もちろんあまりにも出来高が少ないので余計にインパクトがかかっている可能性もありますけど、、)

当然この動きがどこまで続くか、ですが、まだ水曜日。木・金曜日が残っている、というのはきが重いです。
[PR]
by ttori | 2008-09-03 21:56 | Market(マーケット事件簿)

こども寝かしつけて

一緒に寝てしまったら、、、。

福田首相、辞任を表明 「ねじれ」で政策停滞
(Nikkei NET 9/1 01:05)

どういうことやねん、、、。


(また追記します、、)

【追記】まあ、あっちこっちで書かれてますから書きませんが、どうみてもすねた子供の対応ですね、、。それを冷静に客観視しながら本人がしゃべっているところが救えないというか。

マーケットは「動かんだろうなあ」と思ったらやっぱり動かず(安倍さんのときと同じですな)。午前中は株むしろ高かったし。午後は先物に売りが出て急落しましたが。大口売りが出て日経平均は12900円から12500円割れの水準まで叩き売られてました。ファクターはマッタク効かず、基本的なバリューファクター(E/P、B/P)とかはむしろ大幅マイナス。資金が流失している、という話はあまり聞かないのですが、これだけ手ひどくやられると萎えます。そして結構話題になっていたのがアジアの各国できな臭い話。タイで非常事態宣言、中央銀行がバーツ防衛で介入、同じく韓国ウォンも安値でこちらも中央銀行が介入中。こんなので韓国の銀行はリーマンを救えるのでしょうか、、、。あと日本人に人気のオーストラリアドル・ニュージーランドドルも直近の安値近辺まで売り込まれています。ロシアはいうに及ばず、なんだか世界的にヤバイモードになってきた気配、、、。
[PR]
by ttori | 2008-09-02 06:22 | News



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧