<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

記憶力

祝日なので本日はヨメと娘と銀座へお買い物。
で、銀座マリオンの前でなんだか人だかりが出来てるなー、とおもったらこれでした。

政府与党、30日の衆議院で暫定税率再可決へ 民主・菅代表代行らが阻止訴え
福田康夫首相は、暫定税率を30日に衆議院で再可決し、元に戻す方針だが、29日、民主党は菅 直人代表代行らが東京・有楽町で、暫定税率の再可決阻止を訴えた。
(中略)
福田首相は28日夜、「予算もできちゃって、予算に見合う収入を獲得しなければいけないわけですね」と述べ、あらためて暫定税率を元に戻す考えを示し、30日に再可決する方針。
そうした中、民主党の菅代表代行らは29日午後、ゴールデンウイークでにぎわう東京・有楽町で、暫定税率の再可決阻止を訴えた。
菅代表代行は「あす(30日)の衆院本会議でやるべきことは、再議決ではなくて、国民の皆さんに信を問うための衆議院の解散だと思うが、いかがですか」と述べた。
民主党は、2008年1月に結成した「ガソリン値下げ隊」を「値上げ阻止隊」に変え、徹底抗戦の構えを見せている。
[FNN 29日19時17分更新]

で。
別にこれはこれでいいんですけど、面白かったのはこの街宣車の前にずらっとTVカメラが並んでいて、その横でノートPCを抱えた記者らしき人達が地べたにすわってかちゃかちゃPCを打っている姿。
個人的には記者というと鉛筆&メモ帳というステレオタイプの姿を想像していましたが、当然現代風になってますわな。まあ記者の人は前で人が話していることを聞き逃さずタイプできる訓練をされているものとおもわれますが。
確かに実際に話していることも文章に落とし込むと、いろいろ矛盾が発見できたり、自分の理解度がチェックできたりします。
そのため私個人はPCで文章を書くのは考えてから、もしくは咀嚼してでないとかけない人なんで、その場で打てるのはすごいなあ、とも思いますけど。(当然、書いてから読み直して、もう一度咀嚼して記事を書いていると思いますけど。)

、、、ただ、このときこれが時々マーケットで混乱を巻き起こすヘッドラインの元凶なんだろーなー、と思ったのは私だけですか、そうですか。
[PR]
by ttori | 2008-04-29 21:11 | News

デフレ脱却?

初めの”しごとのことはあんまり書かない”はどこへ、、、。

債券急落、株高や利下げ観測後退で投げ売り―先物一時取引停止
債券相場は急落(利回りは上昇)。米金融危機懸念の後退、日経平均株価の反発、消費者物価指数(CPI)などを受けて、日銀の利下げ観測が消失したことを背景に、投げ売りや損失覚悟の売りが膨らんだ。東京証券取引所では、先物中心限月の下げ幅が2円を超えたため、サーキットブレーカーを発動、取引を一時停止した。2008年1月15日にサーキットブレーカー制度が開始されて以来、発動は初めて。
【ブルームバーグ 4月25日】

いやー、びっくりしました。債券先物にサーキットブレーカーがあるとは初めて知りました。(ちなみに私は株屋ですので、、、。2円で15分停止、3円でストップ高安だそうです)
いろいろ聞いたのですが、銀行が中期のところを現物売ってるとか、スワップの払いを積み上げてるとか、CTAが先物でポジションを作ってるとか、外資系銀行が金利先物を叩き売ったとか。まあよくわからん、ということでしょうか。確かにBloombergでみると中期(5年~7年)あたりが他に比べてえらい利回り上昇してましたが、、。(こちら(Capriのゆる~い日記様)に詳しいです)

一方で株式市場は上昇。銀行・保険・その他金融など金融系が大幅上昇。
なんなんでしょうか。
(まあリバーサルといってしまえばそれまでなんですけど。。。)
(最近は結構バリュー系がしっかりしてますけど、真空地帯でリバウンドって感じ)

CPIが上昇してきて、世界でインフレ懸念が出てきているようで。
金融緩和でじゃぶじゃぶの資金がどこへ向かうのかという議論がありましたが、日銀がじゃぶじゃぶに資金を提供しているときはデフレ脱却できなかったのに、米FRBが金融を緩和したらあっというまに日本もデフレ脱却できそう(というかコモディティ高主導のコストプッシュ型の悪いインフレくさいですが)というのはどうかと思うのは私だけですが、そうですか。
【追記】コストプッシュですけど、これまでCPIで”上がらない”といわれていた電気機器が、これだけ再編が起こって集約が始まるとそのうち原材料アップを転化できるくらいになるんではないかなー、と思うのは私だけですかそうですか。

【追記】ここで娘(ついに先日1歳!!)の写真を載せたら、先日飲んだ某弁護士の方から「お前にマッタク似てない、ヨメ似だろう」(<ちなみにこのかたヨメにあったことはありません、、、。)というコメントがありましたので、もういちど。(いたずらして笑顔で返される巻)
f0005681_848292.jpg

私に似てます(と強がってみる(涙))。

そんな娘にSMAP”そのまま”。
[PR]
by ttori | 2008-04-27 08:33 | Market(マーケット事件簿)

アナ

最近のお気に入りは土日のフジのスーパーニュース・スポーツコーナーの宮瀬茉祐子アナです。
ええ。

付き合ってみたい女子アナは? 1位にフジ・宮瀬茉祐子アナ
株式会社スパイダーネットワークスの運営する直感選択式アンケート「VSist」で行われた『付き合ってみたい女子アナは誰?』のアンケート結果が発表された。延べ総投票数は356,100票。トップ10には、フジテレビのアナウンサーが多数ランクインした。同アンケートはコメントを投稿することができ、1位の宮瀬茉祐子アナ(24,282票)「可愛い、、、清楚な女性は素敵だね」「意外とTV露出が少ない」、2位の松尾翠アナ(15,928票)「最近すごく気になる」「微妙に整っていない所が良いとの評価」、3位の古閑陽子アナ(15,738票)「うるぐす」などの声が寄せられている。
トップ10の結果は以下の通り(全100名)
1位 宮瀬茉祐子(フジテレビ)
2位 松尾翠(フジテレビ)
3位 古閑陽子(日本テレビ)
4位 高島彩(フジテレビ)
5位 葉山エレーヌ(日本テレビ)
6位 宮崎宣子(日本テレビ)
7位 平井理央(フジテレビ)
8位 中村仁美(フジテレビ)
9位 本田朋子(フジテレビ)
10位 戸部洋子(フジテレビ)
【1月18日 10時00分】

しかし直感選択式アンケートってなんでしょ、、、。
すいません、上の方の半分くらいは知りません、、、。
しかし10位以内はフジと日テレしかいないってのも、、、あわわ。。。
確かにフジのアナ採用は確信犯だとおもいますけど、、、。
[PR]
by ttori | 2008-04-20 21:04 | 本 / CD / TV

道路族。

特別会計からタクシー代125億円 8省、5年間で
 国土交通省や厚生労働省など8省が02~06年度、職員が使った総額約125億7千万円のタクシー代金を計28の特別会計から支出していたことが4日、明らかになった。3月に発覚した道路特定財源が原資の道路整備特別会計からのタクシー代金支出に加え、空港整備特別会計、労働保険特別会計などからも支出されていたことが分かった。
 特別会計からタクシー代を支出していたのは国交、厚労のほか、法務、総務、経済産業、財務、農林水産、文部科学の各省。江田憲司衆院議員(無所属)の請求を受け、各省が公表した。
2008年4月5日(土)09:35

個人的に官僚組織についてどうこう意見はないんですけど。(ただし天下りについては別ですが。そもそも”天下る”って表現、変じゃないですか?これだと国が上で民が下、っていう表現ですよね。国民があって国があるのか、それとも国があって民がいるのか、というのは哲学論で結論は出ない話かもしれませんが。あと、一部の官僚は薄給で激務だから天下りで給与補給はやむ得ない、というのはどうかとおもいます。そもそもそれなら給与を上げればいいわけで。)

昔のエントリーでかきましたが、国交省のキャリアのかたと飲んだときにお聞きしたんですが、某一部省庁では課によって残業代の総額(!)がはじめから決まっていて、偉い人順に残業代がつくとか(そして下っ端は超サービス残業)。もちろん官僚組織は超巨大組織ですから、いろんな部署があるとおもいますけど。
笑えない話で、労働基準監督署の担当部局がサービス残業の塊と化しているとかいう話も聞いたことがありますけど。
本石町日記様のこのかたのエントリー(さよなら絶望官僚)(<かなり面白いのでおすすめです)を読んでいてもそのへんのことがうかがい知れますが。(官僚の方が9時5時の窓口しか見えてないから、、ってコメントは金融機関は9時3時しか営業してないから楽チンなのに給料高いという批判に似てますな、、。まさか営業以外に何もしてないとでもorz。部署によってはむしろ3時以降が超激務になる事もままですけど。)

で、パレート分析(パレートの法則)をご存知のかたはお気づきだと思いますけど、こうしたタクシー代やらなんやらを削ったところで高が知れているわけで。もちろん経費の使い方に関してはきちんとガイドラインを造って、きちんと管理しないとだめだと思いますけど。
こうしたタクシー代だなんだという議論ばかりで、一番大きな道路・ハコモノ建設等の非効率性(割高な道路建設など)や建設計画のずさんさから論点がずれてしまわないだろうかと思います。
金融機関の地方勤務経験の方の話を聞けば、地方の金持ちの結構な割合が道路建設等で自分の土地を高値で売った人や、建設業のおっさんだという話は多く、要するに無駄に高く道路建設をしている例がごろごろしているわけで。

そもそも官僚機構は政治家が決めた法案の執行機能なわけで。もちろん、執行権限にともなってその機能の逸脱行為はあるでしょうけど、その官僚機構を運営しているのは一義的には政治家なわけで。
どうみてもスケープゴートにしかみえないのは私だけですか、そうですか。

【追記】ついでに上記のウエブのコメントで職場での「激務でサービス残業」なんて職場はマネジメント層が罵倒される(というかマネジメントの無能さをさらけだしている)対象だとおもうんですけどといいうのがありましたが、国会・官僚の方はそうでもないようで。
まあ私個人は(職場に恵まれているのか)仕事が終わればさっさと帰る口ですからなんとも言えないですけど、、、。
(あ、いやでもちゃんと働いてますって、いやまじで<(-_-;汗)
[PR]
by ttori | 2008-04-19 10:02 | News

そしてだれもいなくなった

銀行家やトレーダー、LIBORの信頼性を疑問視-米紙WSJ
米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は16日、ロンドン銀行間貸出金利(LIBOR)がもはや頼りにならないかもしれないことに銀行家やトレーダーは懸念を持っていると報じた。
同紙によると、LIBORは、世界中の銀行からデータを集計し、毎日算出している短期貸出金利の指標で、数兆億ドル相当に上る社債や住宅ローン、企業契約の基準になっている。
信用危機を背景にLIBORは上昇したが、銀行は現金不足に陥っている状況を明らかにしたくないため、実際に支払っている短期金利を正確に報告していないとの懸念が金融関係者の間にはある。
その通りなら、銀行が直面している難局が実際に報告されているよりも深刻であることになるという。
4月16日(ブルームバーグ)

もはや、何も信じられない、ということでしょうか。
少し前にMarkit(ABSや証券化商品のインデックスの数値を算出、公表している)の数値がヘッジニーズの増大で実際よりも下方に歪んでいるのではないか、というニュースがありましたが。

それも含めて世界で(多分)もっとも有名な金利指標の一つの数値が歪んでる、という指摘はもはやインターバンクの全ての数値が信用ならない、という事だとおもいます。
まさに”そしてだれもいなくなった”という感じ。

まあ個人的な感想は、その時々の実勢を含め時々オーバーシュートしてしまうのはマーケットの常ですので、それにいちいち疑義をさしはさむのもどうかと思いますけど。(そもそもLIBORは”民間銀行の””リファレンスレート(参照値)”ですし。)
もしこうした数値が本当に歪んでいる、と思うのであれば、それでポジションをとればいいと思う(というかこれはどなたかのポジショントーク?)のは私だけですか、そうですか。
[PR]
by ttori | 2008-04-16 23:47 | News

近況。

ちょっとしんどいので、しばらく間があいております。
精神的にガス欠気味。

一応いきております。
[PR]
by ttori | 2008-04-13 22:03 | プライベート

言葉

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格はない

フィリップ・マーロウ
   ~『プレイバック』  レイモンド・チャンドラーから~
[PR]
by ttori | 2008-04-04 20:20 | 本 / CD / TV



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧