カテゴリ:Market(マーケット事件簿)( 84 )

ヒルズ黙示録

f0005681_19395138.jpgヒルズ黙示録 ~検証・ライブドア~
大鹿靖明 著


題名はともかく、内容はかなりしっかりしていて、お勧めの良書です。
六本木ヒルズを舞台にホリエモン、村上のおっさん、三木谷社長、それに群がる投資銀行の姿を克明に描き出しています。

読みながら、日本のベンチャーに資金をじゃぶじゃぶにして方向感を狂わせた金融の役割にも暗澹たる思いを抱きましたが、、。

オラクルにしろ、マイクロソフトにしろ、技術とマーケティングドリブンで、きちんとコア技術があるのに対し、日本のベンチャーはインターネットという基盤の上で、技術を輸入し日本風土に合うよう組み替えただけの、促成栽培企業が多い印象。
インターネットのありようそのものに影響を与えるほどのベンチャーって、日本にはほとんどいないんだなあ、と感じてしまいました。

もうひとつ思ったのが、どうしてライブドアは有り余る資金(正確には時価総額)でWeb作成から、広告代理店など”イメージ作成コンサルティング”に方向を向けなかったのかなあ、という点。

しかしまあ、ベンチャー企業をして資金がじゃぶじゃぶなのを見て、この国の金融の異常な状況を再認識した感じがしました。
[PR]
by ttori | 2006-06-18 19:39 | Market(マーケット事件簿)

阪神

阪神株履歴(マーケットまわりだけ)

昨年末、村上ファンドが大口投資家として表面化

5月末、MSCI(モルガンスタンレー・キャピタルインターナショナル)に組み入れ(阪神株に買い需要)

6月頭:阪急が阪神を完全子会社化および930円でTOB

直後:村上さんがインサイダーで逮捕


、、、しかしすごいタイミングですね。
MSCIは世界的なインデックス(日本だとTOPIXとか日経225とか)のひとつで、これにトラックしている資金は何十兆もあると言われてます。
しかもTOBでMSCIから阪神株は、組み入れからはずれるとか、、、
たった2週間やそこらでこんだけいろいろあったら、裏がなんかあるのかなあ、と思わざる得ません。まあ、捜査の主体が証券監視委員会とかではなく、地検なので、きちんと日柄を選んで逮捕しているんだとは思いますけど。

村上のおっさんが「プロ中のプロ」とか言ってましたが、その後の報道を見る限り、決してプロのファンドマネージャーとは思えないことをやってます。
証券市場でのいちプレイヤーとしては、とかげの尻尾きりで少し罪をみとめて、あとはシンガポールへバイバイ、という悪しき前例にならない事を祈るだけですが。
[PR]
by ttori | 2006-06-11 09:54 | Market(マーケット事件簿)

芝桜、為替

芝桜のある、秩父にある羊山公園にいってきました。

、、、人、多い。。。

後ろの山が白いのは、石灰岩が豊富なためで、これはセメントの材料になるそうで。
(旧秩父セメント・現太平洋セメントがある)

f0005681_921564.jpg


円、110円割りましたねえ。
東京時間の金曜日の夕方、110円近辺でもみ合っていると思ったら、110円を割ったらあっさり50銭くらい、ストーンとおちてましたが。

内外の専門家が「ドル安、ドル安」と言っているのを聞くと、逆張りしたくなるのは、私が為替は素人だからですか、そうですか。

最近出た、UBSの為替部(だったかな??)の方が書かれた
「高金利通貨」という本を読んでると、
「エマージング系・高金利・コモディティ系の通貨のボラティリティが下がっている」
と書いてありましたが、ボラが低下していると、その後の大嵐をどうしても想像してしまうのは職業病ですか、そうですか。

数年前、日経のボラがずっと底値を這っていて、「ここが底値だ」といい続けて、ボラロングを繰り返していた人の姿を思い出します。。。。(そしてあきらめて、ポジションを閉じてしまい、大きく動いたときには往々にして乗り遅れると、、、、(涙))

、、台風の天気予報を聞くと、「嵐だ♪嵐だ♪」とうれしくなるのは私だけでしょうか。。。
[PR]
by ttori | 2006-05-14 09:30 | Market(マーケット事件簿)

NHK(CO2取引)

むかしNHKで「マネー革命」という番組があった。
そのなかでジム・ロジャース(ジョージ・ソロスとクオンタムファンドを創設、世界中をバイクとか改造車で走り回る投資家、大金持ち)が
「誰も注目してないときに投資し、みんなが注目し始めたらその相場は終わりだからポジションをクローズする。そしてあなた方(NHK)が今、私に取材にきている、ということは、相場が最終局面にきていると考えられるから、そろそろ警戒したほうがよさそうだ」(かなり意訳)
みたいな事をいってましたが。

で、先週末のNHKスペシャル(4月30日)。
地球温暖化と、京都議定書に伴うCO2取引(ナットソース社のトレーディング風景)を取り上げてましたが。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/060430.html

その排出権取引ですが、2006年もののCO2先物(というのか?)はロンドンで4月中旬に高値30ユーロ/トン超えたと思ったら、4月末に数日で急落して、なんと20ポイント割れ!!50%近く急落してしまいました。。
(Bloombergのデータを見て書きましたので間違ってたらごめんなさい)


そう。NHKスペシャルは、相場がまさに数日で半値まで暴落した時に放送された、という恐ろしいタイミング。。。
放送が一週間早ければ、もっとすごいことになってた感じ、、、

もちろん、NHKがどうこう、というつもりもありませんし、彼らに罪はないと思いますが、上のジム・ロジャース氏の話を思い出して、こういうこともあるんだなあ、と。

わたしの世界では某D証券のMさんが、見通しをことごとくはずす「ネガティブインディケーター」として有名なのですが。
あと有名な例だと、アメリカのモルガンスタンレーのエコノミストとか。

まあ、よのなかそんなもん、って例でした。
[PR]
by ttori | 2006-05-04 13:32 | Market(マーケット事件簿)



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧