カテゴリ:夢( 2 )

デジャブ (夢の中でシリーズ2)

その日、Tはいつもより早く目が醒めた。
「勝負の日だ、、」
その日、Tは見込み客に新しい商品のセールスを行うことになっていた。

普段口下手で、あまりセールスがうまくないTは会社を出て、先輩社員とその見込み客に対してセールスピッチを行う。何度も練習したその資料をめくりながら、先輩のスクーターの後ろに乗って客先に向かう。

田舎の工場。工場に入るとき、空気が変わった。まるで過去にタイムスリップしたような感覚を覚えながら、Tはその工場に入る。
初めは緊張してセールスを始めたTは、なぜか不思議な感覚を覚えた。始めから、まるで過去やったこことを、そのままなぞるかのような流れるようなセールストークが口をついて出る。深く考えずに練習したことを感謝しながら、一通りピッチを終え、手ごたえを感じながら、少し風にあたろうと外に出るとTはつぶやいた。
「まるで昔やったのと同じ、まるでデジャブ(既視感 )みたいだったな、、」

少し外を歩こうと、工場を出て田舎町を歩いた。

しばらく歩くと大きな道に出た。
「あれ?こんな道、あったかな?」

少し戸惑いながら、Tは歩みを進める。まるで誰かに誘導されるかのように。

昼下がりの田舎町は、車や自転車が行きかい、田んぼの傍を歩くTを追い抜かしていく。
空腹を覚えたTは、やがてしばらく歩いた先にファミレスを見つけた。
「まあ、結果が出るまでしばらく時間があるし、飯でも食べとくか、、」
そう思い、Tは導かれるようにそのファミレスに入った。


ファミレスは混んでいた。窓際の席を見渡すと、いっぱい。
「仕方ないな、、。二階に行くか」
二階に上がったTは戸惑った。そこはまるで江戸時代の古い家屋のようなたたずまいだったから。


「、、、なんだこれは、、、」
衝撃を受けたTは直ぐに先輩に連絡を取ろうと携帯を取り出そうとして気がついた。ズボンのポケットが妙に重いことを。

あわてて携帯を取り出したTの目が見たものは、






見たこともないような巨大な携帯電話だった。
[PR]
by ttori | 2011-08-27 21:05 |

こんな夢をみた

(下記はあくまで私が今朝みた夢を物語風にしただけで、特に他意はありません)

「運命の朝だ、、、」

その日、Tは普段よりも1時間も早く目が覚め、そのまま狭いワンルームのベットの上でごろごろしてすごした。

時の政権が新卒就職支援と低迷する支持率アップを目指し成立させた「新卒就職支援法」。
平凡な名前のこの法案は、大手企業を中心とした経済団体の猛烈な反対を押し切り導入されたが、その後少子高齢化の進展と膨大な補助金により徐々に企業に受け入れられ、現在は制度自体が定着している。

その内容は国の就職支援団体「若年就職支援機構」が、新卒学生の就職先を一括して決めてしまう、というもの。口さがない連中に言わすと「新卒の配給制度」といわれるこの制度は、当初「職業選択の自由」の剥奪、と評判が悪かったものが、やがて「勝手に仕事を与えてくれる」と当時の言葉だと”草食系”といわれる学生が多数をしめた国内大学卒業生に受け入れられていった。

ビッグマザー、と呼ばれる巨大なシステムが、新卒の各プロファイル -幼稚園から大学までの詳細な成績・そのつどの性格分析、家族状況などの個人情報保護法の強化によって企業がもはや手に入れる事ができない詳細な個人情報- や、企業側の膨大な新卒に対する要望と企業業績・時価総額などの企業情報および、過去のトラックレコードをもってして、各個人の就職先を決める。

Tは大学が用意した大型バスにのり -周りにサークルの友達や、大学の講義で時々見かけて気になっているかわいい女の子も目に入ったが- 心ここにない、という風でぼんやり窓のそとを眺めながら、都内某所にある就職センター・ホールに向かった。

その日、若年新卒ハローワーク・東京センターはごった返していた。

これだけネットが発達しているのにもかかわらず、就職先はメールなどではなく「紙で」渡されるという前近代的な方法を取っており、 -センターに言わすと「情報漏えいやメール誤配信、成りすましの対応」だそうだが- (もはや形骸化している)就職活動解禁の当日はセンターホールは年に一回だけ、割り当て通知をうける学生でごった換えすことになる。

もちろん、この割り当てに対して不服であれば自分で就職活動をしてもいいし、実際この制度に不満をもつ外資系企業などは独自の就職募集をしていた。が、とはいっても外資系や一部の大手商社などはすでにインターンシップという制度によってすでに就職できる人間がきまっている。

さらに国内の少子高齢化にもかかわらず、デフレで国内の景気は冷え切っており国内の雇用は雀の涙、「自由枠」は激戦となっており、そこから自由枠 -募集はどこもかしこも若干名という表現-での入社は一般学生はほぼ絶望的となっていた。

Tは巨大なホール -都内一等地にある国の体育館のような施設- で自分の名前が呼ばれるのを今か今かと待った、、右手にはスマートフォン。
直ぐに実家の両親に結果を伝えるために。

「〇〇大学、Tさん」


「えーっと、君のはこれだ」
ぺらっとした紙を渡されたTはそれを受け取り、直ぐにその場で開いてみた。
第一希望の某自動車メーカーはどうだっただろうか?業界は?
第二希望業界の金融は?

まずいろいろなディスクレーマー -これのオファーを受けるのは君次第、私達はこの仕事の提供を保証するものではなく、云々- が書いてあり、そして文章の真ん中あたりに中くらいの文字でこう書いてあった。





「ブライダルプランナー」


(多分続きません)
[PR]
by ttori | 2011-07-15 06:20 |



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧