ジャンプ項

仕事でばたばた。
娘(7ヶ月)とあんまり遊べない(涙)。

米ステート・ストリート傘下のSIVがCDOの清算開始-S&P
米格付け会社大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、米金融資産管理のステート・ストリート傘下のストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)と呼ばれる運用会社が、組成した債務担保証券(CDO)の清算を開始したことから、同CDOの格付けを最大18段階引き下げ、投資不適格(ジャンク)級にしたことを8日までに明らかにした。
S&Pは、ステート・ストリートのSIVであるカリーナCDOのシニア債を最上級の「AAA」から投資適格級の2段階下の「BB」に引き下げた。別のトランシェは「AAA」から「CCC-」に18段階下げた。S&Pは、CDO保有者が重大な損失を被る可能性は高いと説明した。
S&Pによると、カリーナは、裏付け資産の信用力が大きく低下して以来、清算を開始した初のCDO発行体となる。
S&Pは他のCDO13本について、CDO清算の前触れとされるデフォルト(債務不履行)通告を受けている。CDOの担保資産の投げ売りが広がった場合、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン担保証券の評価額が一段と下落する公算だ。
S&Pは文書で、カリーナの「清算プロセスが始まったとわれわれは考える」と発表した。
投資家は、SIVが資産売却を余儀なくされることを懸念している。SIVは約3000億ドル(約33兆7800億円)相当の証券を保有しており、資金繰りに行き詰まりこれまでに750億ドル余りを投げ売りしている。
CDOやサブプライム関連証券の値下がりにより、シティグループとメリルリンチ、モルガン・スタンレーは合わせて300億ドル以上の評価損を計上した。
S&Pは10月22日、サブプライム住宅ローン担保証券を束ねたCDO206 億ドル相当を格下げする可能性があるとして「クレジットウォッチ」に指定している。
ブルームバーグ・ニュースがまとめたデータによれば、カリーナは2006年9月に、当初15億ドル相当のCDOを発行している。ステート・ストリートの広報担当、キャロリン・シチョン氏への電話取材には返答がなかった。
(11月8日:ブルームバーグ)

金曜日、一部株式市場で”ある米銀が破綻した”という噂が流れていましたが。
で、同時に銀行株を初め叩き売られてあっという間に日経で200円くらい急落しましたが。
まあ、過去金曜日はよく”某ヘッジファンドが破綻した”とかいう噂が出まわることがありましたので、またか、とは思いましたが、それでほんとに(それが原因か知りませんが)マーケットに影響するのを見て、薄ら寒い気持ちになったのは私だけですか、そうですか。

かつて九州の地銀が女子高生の携帯メール一つで取り付け騒ぎ寸前まで行ったことを考えるに、こうした噂で本当に破綻するところがでてくるのではないか?という悪寒。

で、多分原因となったニュースは↑だと思いますが、これはこれで大変なことで、AAA格の債券があっという間にCCCだそうで。SIVに関しては日々格付け会社にポートの時価情報が行っているはずで(でないとCP格付けが維持できないと思う)、それがいきなり18段階すっ飛ばして格付けが下がったのを見ると、だれもSIVのCPを買おうとは思わないでしょう。シティが考えていたM-LECも間に合わないのではないか?とおもいます。

とりあえず、月曜日も株安いんだろうなー、、。
[PR]
by ttori | 2007-11-11 10:38 | News
<< 東京モーターショー バブルの後始末 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧