tobasi

(下、追記しました)

米シティやBOA:800億ドル規模ファンド設立-ABCP市場救済へ
金融大手の米シティグループ、バンク・オブ・アメリカ(BOA)、米JPモルガン・チェースは15日、資産担保コマーシャルペーパー(ABCP)市場の回復のために、最大800億ドル(約9兆4000億円)規模のファンドを設立することで合意したと発表した。 3行の共同発表資料によると、マスター・リクイディティ・エンハンスメント・コンデュイ(M-LEC)と名付けられた同ファンドはストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)から資産を買い取る。SIVはコマーシャルペーパー(CP)などで資金を調達し、社債やサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン担保証券などを購入する。M-LECには他の金融機関も参加する可能性があるという。
CP市場の混迷でSIVなどが資金を借り入れできず、約750億ドル相当の資産売却に追い込まれた状況を受けて、大手投資銀行ゴールドマン・サックス・グループの前最高経営責任者(CEO)だったポールソン米財務長官は、シティグループやBOA、JPモルガンの幹部らの会合を設けた。
10月15日(ブルームバーグ)

いろいろな方がコメントされているので、個人的な感想。

今回の危機では”だれかが””どこかで”損を被らなければならない(事実元本部分のローンはデフォルトしているのですから)ですが、今回出てきた話は、”損失”確定まで時間をかけます、じわじわ損を出せばみんな持ちこたえられます、という話だと思います。

、、、この手の話は日本のバブルのときの”飛ばし”と同じスキームだと思うんですけど。。
で、この手のスキームを使って生き延びたところは皆無だと思いますけど。
シティ、JPモルガン、バンカメレベルだと大丈夫だとでも言うんでしょうか。

ABCPの発行がストップしたため、ここ数ヶ月商業銀行によるローン貸し出しが急増しているそうで。特にローンの出口のCLOの発行がストップし、その上SIVなどから次々と持ち込まれる担保証券化商品の処理も含めると、ほっとくとどんどん自分のブックが膨らんでしまうので、こうした”自分以外”のところで処理して欲しい、という事かもしれません。(このスキームだとオフバランスにできて、ブックから切り離して”他人事”にできますしね。)
ブックが大きい商業銀行のこうした”不良債権”処理はしばらく時間がかかるのではないかと思います。

追記:歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。師匠にならって。

リライト(ブックを)♪

軋んだ債券を吐き出したいのは
価格の証明が他にないから
掴んだはずの僕のM-LECは
「政府」と「自由」で矛盾してるよ
歪んだサブプラ消し去りたいのは
SIVの限界をそこに見るから
自信過剰な僕のブックには
来年のカレンダー 日付がないよ

消してリライトして
くだらない仕組債
忘られぬボーナスを
起死回生
リライトして
意味のない価格も
”飛ばし”成す原動力
全身全霊でくれよ

支えていたポジション切って泣いて
所詮ただ解雇を知って泣いて
腐ったポートを
薄汚い嘘を
(原曲「リライト」作詞・作曲:後藤正文 唄:ASIAN KUNG-FU GENERATION)

うーむう、、難しい、、、。
[PR]
by ttori | 2007-10-16 21:43 | News
<< 空白の一日 携帯 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧