いなか

期末だというのに、一週間休みをもらって家族と実家に帰省。

そのときのことをひとりごと。



私の実家は瀬戸内の何もない自然豊かで風光明媚なところであるが、田舎である。ちなみに隣町は”日本一過疎の進んだ町(人口の七割以上が60歳以上というすごいとこ)”として、時々新聞に町の名前が載ったりする。私の生まれ育った町はご他聞に漏れず市町村合併でなくなっていたり、出身の小学校は生徒減少で複式(複数の学年が一つのクラス)だったりするし、当然金融機関(?)は郵便局しかない。東京生まれで選挙の時以外ではより付かない二世、三世政治家よりは田舎を良く知っているとは思うが。(いばれない、、)
(山側)
f0005681_7502840.jpg

ただし田舎だから空気がいい、というのは思い違いで、瀬戸内海沿岸であるために、海岸線の多くが有名企業の巨大コンビナート(ちなみに企業名を挙げると三○化学、東○紡、帝○、三○レイヨン、日○製紙、旭○成等々、ついでに火力発電所もある)で占められていて、空気は悪い。
そんだけ企業があって開けてないのか、と思われるかもしれないが、化学コンビナートは、その面積に比して従業員数は少ない。せいぜい一つのプラントで1000人程度であるので、巨大企業があるからといって従業員がたくさんいる=人口が多いとはならない。
ちなみに私の父も上記の某メーカー勤めのサラリーマンだが、昔は給与振込みが同じ財閥系の某銀行であったため、預金も引き出せず苦労したとのこと。そんな田舎町に財閥系銀行の支店なんざあるわけがなく、昔は他行(地銀・信金)ATMで預金引出しができなかったため、唯一工場内にあったATMは給料日になるとえらいことになっていたらしい。
(ついでにいうと、コンビナート地帯の近くに米軍(海兵隊)・自衛隊の航空基地があり、さらにその先に原子力発電所を建設しようとしているからオソロシ。(危ないものは田舎に集中するいい例ですな、、、)。有事には第一攻撃目標のリストに間違いなくハイってそうな悪寒。。。)

ところがこんな田舎町にも近代化(?)の波が押し寄せてきていて、駅の近くや町の郊外にはイオン系の巨大ショッピングモールができ、セブンイレブンやマクドナルドができ、カメラのキタムラやらちょっと行けばヤマダ電機まであって、一昔前とは雲泥の差となっている。
地元の小さな商店街は壊滅していて、駅前はきれいさっぱり区画整理されており、もはや見る影どころかその面影すら残っていない

当然ながら地元の信金などの地域金融機関は大打撃で、地場の商店街が壊滅して巨大資本が入ってきて、貸出先の減少+不良債権の増大が深刻なわけで。ところが預金はほっといても集まる。田舎は老人の率が高い=貯蓄率が高く、しかも一人ひとりの預金が多い。ほっといても年金振込みがあって、勝手に預金が増えていく

そうなると、どうしても運用しなければならない圧力が大変。
ところが運用担当者ってのは田舎のおっさん、おばさんなわけで(時々若いのがいるけど)、彼らの周りには日経新聞なんか読んだことない人が多く、新聞を開けば紙面は地方版、世界のニュースどころか東京のニュースすらまともに入ってこない。もちろんインターネットとかあって、勉強しようと思えばなんとでもなるが、人員が少なくがんばって勉強しても追いつかないわけで、東京とか都市部からきた口のうまい証券マンとかにころっとだまされて、さぶぷらCDOとか買ってしまってたりしてそうな悪寒。

つらつらと書いてきましたが、全国津々浦々で地方の画一化が進んでるんだなあ、というのが感想。イオンに行けば地元のスーパーでは手に入らないいろんな商品が手に入るし、商品は豊富。テレビやインターネットで地方でもいろいろな情報が入るし。地元のものは”伝統工芸品”としてスーパーの片隅で細々売られている状況。だからどうだというつもりもありませんが、もはや地域とか名のつく機関(銀行とか、市役所とか)がどこまで意味を持つのか、考えさせられます。

、、、あ、これは私のひとりごとです。為念。
(海側)
f0005681_752059.jpg

[PR]
by ttori | 2007-09-29 07:26 | プライベート
<< 次のバブル 福田氏。 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧