小さな記憶

【7月21日18時13分】
”小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れているもんだ”
小さいとき、児童文庫の小説の中で読んだワンフレーズ。
(この言葉を言ったキャラクターは、たしか盗みに入って子供に撃退される田舎のチンピラだった記憶がありますけど、、、(笑))
なんていう本か忘れてしまいましたが、ずっと覚えていた言葉です。

、、どなたかなんていう本か知っているかたがおられたら、お教えください。。
(<あほ)



-----------------------------------------------------------
【追記】友人に教えてもらっていろいろgoogleしたらわかりました。。
ネット、べんりですね、、、。
f0005681_21405234.jpg
←これです。
山のむこうは青い海だった
今江 祥智 (著), 長 新太 (著)
子供のときの記憶って意外としっかりしているものですね、、、。
思わず感動してしまいました。
ストーリーに関してはここにでてます。
今読むとないちゃうんだろうなあ、、。
[PR]
by ttori | 2007-07-25 22:08 | 本 / CD / TV
<< 虎キチ 最近読んでる本。 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧