株主議決権のお値段

IDEC、モリテックスの株主宛文書について抗議を申し入れ
[東京 19日 ロイター] IDEC <6652> は19日、モリテックス <7714> が14日付で株主に宛てて送付した「『議決権行使書』ご返送のお願い」と題する文書について、同社に対して抗議を申し入れるとともに、対処に必要な措置を開始したと発表した。
 この文書に記載されている「議決権を行使した株主様にはQuoカードを進呈」の部分に関し、会社法にある利益供与禁止規定や、会社法や民法にある取締役の善管注意義務などに違反するといった法律上の問題があるとしている。
 また、IDECでは、Quoカードが進呈される株主は、モリテックスの会社提案に反対した株主に対しても進呈される趣旨と理解しているとし、株主に対して、この文書によって議決権の行使を左右されないよう呼びかけた。
 モリテックスは筆頭株主のIDEC <6652> から経営陣交代を求める株主提案を受けており、6月27日の株主総会に向けて委任状争奪戦を繰り広げている
(6月19日18時29分配信 ロイター)



私も小口ながら株をもっていますが、この時期送られてくるのが、配当や、株主総会の案内、そして株主総会の議決権行使についての紙です。
で、最近話題になるのがプロキシーファイトと呼ばれる、委任状争奪戦
特にブルドックソースに対する、スティールパートナーズ(しかし、この名前、英語だと本来”steel鋼鉄”という意味ですが、日本語表記するとなんだか”steal強奪”だと思ってしまう表記ですな、、、。となると、日本の新聞風に訳すと(<訳すな)強奪集団?、、笑えない。。。)や、ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)、ブランデス等々、海外のファンドが経営に物申す事態が増えていることに起因して、日々新聞紙上をにぎわせていますが(しかしこれらのファンド、意外と日本語HPがあったりするんですね、、)。
もちろん、こうした議決権行使についての専門業者もいるわけです(インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)やGlass Lewis とか)。

専門的な話をすると、単純に議決権だけ集めたければ、委任状を集めるという行為以外では、株券貸借で期末を越えるて株券を借りる(専門的な話をすると株券レンディングは、消費貸借契約で、所有権は一時的に借り手に移るため、権利確定日にレンディングをしていると借り手に議決権行使権がある)と、議決権のみを得ることができます。しかもこの場合、エコノミーは貸し手にあるので、期末のみ株券を借りて、返してしまえばほとんどコストもかかりません。(もちろん、権利付き最終日に買って翌日売ればいいのですけど、その場合オーバーナイトでのリスクがあります)

で、こうして低コストで集めた議決権で、会社に大きな圧力をかけて議決権レバレッジをかけることができるわけですが、それにより場合によっては大きな利益を得られる場合もあります(特に合併やらなんやらが絡む場合)。
実はこの手法はニッポン放送の騒動のときに、ニッポン放送の持つフジテレビ株の議決権を行使させないための一つの手段として用いられた手法なのです。
【追記】ちなみに、この手法は株主総会や取締役会の決議を経ないでできたりします。これが金庫株だと通常の売り出しと変わらなくなるのですが、、。

で、上の記事を読んだときに、議決権にも値段がつき初めて、マーケットたち始めるとおもしろい、というか株式マーケットの根本から変えてしまうのかなあ、とも思ったりするわけです。

本来株式とは、会社の支配権と、財産分与権に起因する経済的な権利の面の二面があるわけですが、こうした上のような動きがでてきて、その権利が分離し始めたとき、私達は”株主”をどう考えればいいのか。

もちろん会社(法人)は株主のものです。ですが、こうして議決権のみ保有する株主が出てきたときに、会社はどう考えればいいのか。もちろん優先株などで議決権をコントロールできる新会社法など、テクニカルにいろいろできる環境が整ってきていますが、本来に立ち返って、株主は何がしたいのか、会社は何のために作られたのか、公的な組織としての上場の意味もあわせて少し立ち止まって考える必要があるのかもしれません。

(でもクオカードって、、、どうなのでしょうか、、、、)
[PR]
by ttori | 2007-07-15 10:56 | Market(マーケット事件簿)
<< 調査 脳内イメージ >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧