「ほっ」と。キャンペーン

自己充足予言

為替関係のひとから聞いた話し。

先日、某米系証券会社が円ポンド(英国)の為替オプションにからむ大規模な英ポンド売り/円買いを出したそうだ。



それをみたマーケット関係者は「すわ、円キャリー解消売りか?!」として(半分わかってやったところあるとおもいますが)高金利通貨(オーストラリアドルやニュージーランドドルなど)が叩き売られたとのこと。

「多分、これは日本の某タバコ会社が英タバコメーカーを買収して、その資金フローの為替ヘッジがらみだと思うんだけど。。」とのことですが。

これを聞いておもったこと。
円キャリー自体が「自己充足予言(予言されたことを実現するような行動をすること。オプション理論で有名なロバート・マートンの父親で、コロンビア大の教授であったマートン・シニアが提唱した)」で、ちょっとのことでほんとに大きく跳ねとびそうだなあ、と。
みんなが、「円キャリーの巻き戻しがあって円高になる」と思って行動して、ほんとに円高になったりするんだろうなあ、と思ったしだいです。

、、まあ、マーケットなんてそんなもん、といってしまえばそれまでですが。。。
[PR]
by ttori | 2007-04-19 21:21 | Market(マーケット事件簿)
<< 目覚まし、キターーー。 まつざか! >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧