ナウシカネタ

同期や友達と話しているときに、いろいろなところでネタになる
風の谷のナウシカ」。

日本アニメの古典で、ベースとなっている環境哲学の考え方から、それで大学の卒業論文がかけてしまうくらい、含蓄を含んだ映画です。



ところが。
うちのヨメはマッタクといっていいほど興味がないらしく、TVでナウシカをみていると途中で寝てしまう、といいます。
先日会社の人達と話している時に気がついたのは、(性別に関係なく)ナウシカ良く見ている派、マッタク興味がない派に真っ二つに分かれる、という事実。
良く見ている派はそのセリフひとつひとつを諳んじる事ができるくらい(<あほ)ですが、興味ない派は「なんでそんなに興奮して話すネタなのか?」と訝しげです。
かくいう私も、良く見てる派ですけど。(だからと言って決してアニメオタではありま、、、ごぶっ)

この違いはなんでしょう?
どうも周りを見るとアニメを良く見ていたか、とか”萌え”とかは関係なさそうです。

、、うーむ、、、気になる。。。
[PR]
by ttori | 2007-03-11 10:17 | プライベート
<< サブプライムあれこれ ベストセラー >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧