「ほっ」と。キャンペーン

馬にはロマンがある、、、株には?

f0005681_9513752.jpgなぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
藤沢 数希 (著)

人気ブログ金融日記から書籍化。
同業者さんなので、興味を持って読みました。

内容的にはそんなに目新しいことはないですが、平易な言葉使いで、現実のことをミモフタもない書き方をしており、かなりおもしろいです。



特に十分たくわえがない人は金融商品の勉強をするよりも、先にボスのケツにキスしてでも収入を増やした方がいい、というのは言葉は悪いですが正論だとおもいます。最近仕事中に携帯で株取引に熱中している人がいるようですが、それで上の不興を買って昇進機会が減ったら、それこそ意味がない、ということです。
、、まあ、本でも書かれていますが、「株は低コストのギャンブル」と捉えると、サボってパチンコしているサラリーマンの一形態だと思うと納得できますが。
昔、為替のプロの方が講演をするときに「為替取引で儲けて、車を買おうと思って来ている方は、お帰りください」という事を始めに述べるということを聞いたことがありますが、リスク・リターンと、現実をきっちり知っている正直な発言だと思います。

個人的には恋愛系の話も入れて欲しかったなー、と思うのですが、そうすると金融の本ではなくなってしまいますか、そうですか。

ちなみに私も多分、「金融・クオンツ」と呼ばれる部署で「プロ」として仕事をしておりますが、仕事場では、こうしたことをすべて承知の上で競馬愛好家の人が多く、部長が部員を引き連れて競馬場に行った事もあります(外人も含む)。

馬にはロマンがあるようです。(笑)

(まあ、株にもロマンがあるんだ!とおっしゃってられる方もいるとおもいます。確かに個人的には株にはロマンがある、、と思いますが、いかがでしょうか?)
---------------------
(練習その2)
f0005681_20543781.jpg
---------------------
[PR]
by ttori | 2007-02-10 09:49 | 本 / CD / TV
<< CM一考 その2 その他編 そんなこんななアメリカ思い出 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧