そこで個性出さなくても、、、(公的ってなによ)

まー、最近仕事のねたばかりですが。
尽きるまで。

さて、下記エントリーでイスラム(オイル)マネーについて書きましたが。
その三羽烏の一人(<?)、公的資金について。




株式市場が下がると「公的が下支えている、、、」とまことしやかに語られた時期がありました。
昔はPKO(プライス・キーピング・オペレーション)という言葉もありましたが。

一般に公的というと、政府を思い浮かべますが、債券市場と違い民間企業の支配権たる株式を売買する市場に、ダイレクトに公的な国家機関が入ってくることは”まれ”です。(例外的に日銀がちょっと前に買っていましたが、、)
そのため、一般に株式マーケットで公的というと、公的な年金基金を指します。大きなところだと、かつて年資金と呼ばれていた年金積立金管理運用独立行政法人GPIFや、株式市場で物言う投資家(アクティビスト)として有名な企業年金連合会(PFA)、さらに巨大な資金力を持つ郵貯・簡保などがあります。
(追記:あ、ちなみにPFAは厳密には公的じゃないですが、、、)

彼らの投資行動として、想定ポートフォリオといわれる、株式・債券・外株・外債の運用比率が決まっている事が特徴として挙げられます。もちろん、この数字を厳密に当てはめて運用しているわけではなく、ある程度のバッファーを持たせて運用しているようですが、もし株価が下がり債券価格が上昇すると、想定ポートフォリオを維持するため、運用ポートのウエイトが下がった株を買い、想定投資ウエイトから比重が上がった債券を売る、というオペレーションを行います。

もちろん、日々機動的に売買しているわけではないのですが、かれらのポートフォリオのほとんどが信託銀行経由で売買され、上記特徴から”逆張り”投資をするため、大きな金額のオペレーションがあると、「これは公的か?」という憶測を呼ぶようです。
余談ですが、上記のリバランスを考えると、国内では「株式買い、債券売り」とか、「株式売り、債券買い」というオペレーションが発生します。このとき、現物売りを受けたブローカー(証券会社)は先物でヘッジしたりしますが、この動きを見て、ヘッジファンドが債券先物買い・株式先物売りのロングショート(<?)を行っている、、とかわけのわからない記事が出たりするんですが、、。

実は、GPIFやPFA・郵貯簡保などは彼らの運用方針や、運用方法、委託先を公表しています(彼らのホームページにあります)。もちろんこんな資料、マーケットのプロでないとあんまり注目している人はいないとは思いますが、、。
内容を見てみると、かれらが、様々な信託銀行・運用機関に運用委託している事実が公表されています。(ご興味がある方は、上記公的のホームページを調べてみてください。委託先の信託銀行の名前から、委託金額までかなり詳細なデータが公表されています。)

f0005681_2211564.jpg実は平成17年まで一部ある程度推測ができた資金がありました。
それは郵貯・簡保のパッシブ運用資産の動きです。
なぜか?

ホームページに出ていますが、かれらの運用資産のほとんどが信託銀行に指定単独運用という形(郵貯・簡保だけの特別運用)で運用されています。で、多くの運用資産がパッシブ運用(TOPIXや日経225といったインデックスに連動するポートで運用)やアクティブ運用(ポートフォリオマネージャーが様々な運用戦略で運用)で運用されているのですが、パッシブ運用の場合、どのインデックスに連動させるかで、その特性が大きく変わります。
現在日本株式パッシブ運用の約8割の資産がTOPIXをインデックスとして運用されています。ほか、5%のラッセル・ノムラ・プライムなどが続きます。(ラッセル・インベストメントの資料から)
つまり多くのパッシブ資産のほとんどが東証約1700銘柄で構成されるTOPIXに連動されているのですが、実は郵貯はTOPIX1,000FLOT(東証1,000銘柄で構成)、簡保はTOPIX500をインデックスとして採用していました。(現在はTOPIXに変更済み)
かくいう私もそんなインデックスで運用している運用機関、他にほとんど聞いたことございません

もちろん、TOPIXの様々な問題点(中小型株の流動性問題や、浮動株問題など)を解決するために新規開発されたラッセルノムラインデックスのようなインデックスならまだしも。
「1,700銘柄も見てられるか!。1,000でほとんど網羅してるから1,000で十分だ!」
「いや、500銘柄で十分だろ。うちそんな人員いないし」


、、、、とか、そんな会話がなされたとモーソー。
(あ、最後のはあくまで私の想像です。為念)
[PR]
by ttori | 2006-10-28 22:01 | Market(マーケット事件簿)
<< たかっ!(インカムトラスト増税論議) 新しいこと(ソニーという会社) >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧