「ほっ」と。キャンペーン

選択ミス?(JPモルガンが発注ミス) マーケット事件簿2

仕事関連の事は書かない、というものの、、、
この際、まーいいか、と。

f0005681_18344871.gifJPモルガンが誤発注 東証指数連動取引
2006年09月25日23時44分
 外資系大手のJPモルガン証券は25日、同日午後の取引で日経225バスケットの売り注文をする際、誤ってTOPIX(東証株価指数)連動型バスケットの売り注文を入力し、発注したと発表した。同社は同日夜、この発注が市場に影響を与えた可能性があると判断し、公表した。ただ、個別銘柄の価格には「重要な影響はなかったと認識している」とし、具体的な被害額は「調査中」としている。

 日経225バスケット取引は、日経平均株価に採用されている全銘柄をまとめて売買する。バスケット(=かご)に入れて取引すると見なして、この名称がついた。一般的には1億円以上の大口の取引で、機関投資家の取引がほとんど。
(朝日新聞)




25日の後場入り口で、外資系同士で日経225を100単位(10万株ずつ:大体400億くらい)売り買いでクロス取引(売りと買いをマッチさせる)をしようとしたところ、売り方のJPモルガンが日経225型とTOPIX型を間違え、TOPIX型バスケット1,000億売ってしまったとの事。
そのため、日経225は後場寄りしっかりして始まりましたが、TOPIX指数はいきなり1%近く!急落してしまいました。

ちなみに。
日経225指数は東証上場の株225銘柄で構成され、各銘柄(ほぼ)1,000株ずつで構成されています。
一方でTOPIX指数は、東証一部上場銘柄の約1,700銘柄で構成され、各銘柄の時価総額でウエイト付けされている指数なので、まったく構成銘柄が異なります
(正確には浮動株比率で調整されていて単純な時価総額ウエイトではないですが)

まー、「JPモルガンが日経とTOPIXを間違ったらしい」というのは、マーケットで広くうわさになってたんですが、「んなアホな(普通そんな間違いするかいな)」と笑っていたのですが。。。
たぶん、PCのウインドウで指数をセレクトして、**単位、って入力して発注するようなシステムで、そのセレクトのミスだったんでしょうけど、、。

、、、しかしすごいタイミング(*注)でやらかしてくれましたな。。。
「重要な影響はなかった」って、、。おいおい。。



(*注:ちなみに、実務上の問題として、まず
①JPモルガンはTOPIX型現物株1,000億も持っていたのか?>持っていないと下値たたいているので空売り違反
②持っていないで売った場合、その株券の調達は大丈夫か?
>間違って売った25日は9月受け渡し最終売買日。9月末決算銘柄の権利付き最終日というタイミングで、年でもっとも株券のデリバリー(受け渡し)に気を使わなければならない日。フェイル(受け渡し失敗)なんぞしようもんならめちゃくちゃに大変です。)

【追記】:やっぱり大量にフェイルが発生したそうです、。。かんべんしてくれ。。。
[PR]
by ttori | 2006-09-27 21:01 | Market(マーケット事件簿)
<< 別物なんだろ?(オルタナティブ考察) アマランス、その後(下記エント... >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧