投資銀行の裏側

見ていて興味深かったので備忘録。

JPモルガン:信用やスワップ、主要なトレーディング収入源
米銀JPモルガン・チェースは、金利スワップやクレジットなどが同行のトレーディング事業で最大の収入源になっていると明らかにした。通常は非公開とされる内訳を公表することで、大半の米ライバル行と一線を画した。JPモルガンは28日、投資家向けプレゼンテーションで、クレジット取引による収入は標準的な四半期で3億7500万ドル(約300億円)、金利スワップと外国為替のスポット(現物)および先物取引はいずれも3億5000万ドルだと説明した。現物株取引からは約3億2500万ドル、資産担保証券では四半期ベースで3億ドルの収入があるという。一部の欧州の銀行はトレーディング部門内の規模が大きい分野の収入を発表するが、米銀が同事業内の収入構成を数値化することはほとんどない。ウォール街の大手5行ではトレーディング事業の収入が総収入の約4分の1を占める。JPモルガンの2011年のトレーディング収入は202億ドルだった。
2月28日(ブルームバーグ)

世界的トップバンクのJPモルガンの投資銀行部門のトレーディングレベニュー(収入)のざっくりとした内訳が出てたので皆様へー、とかほーとかいいながら見てみましょう。詳細はこちら

FICC世界トップのJPモルガン、昨年のトレーディング収入はトータル202億(約1.6兆円)。うち7割がFICC。資料の7ページめにそのトレーディング事業の概要が出ています。これによると、グローバルでのトレーディング部門のセールスは2500名、トレーダーは約2000名程度*(あとIBバンカーが2000名程度)。特に世界1位のFICC(債券、為替、商品)部門が7割の収益をたたき出しています。この比率はUSのライバル、Goldmanやモルガンスタンレーに比べて株式部門のレベニューが低い(実際資料にはJPモルガンの株式部門のランキングがキャッシュ・エレクトリックで4位と9位で軒並み1位のFICCに比べて低位になっています。
*一般の人は人員が意外と少ない、との印象をもたれるかもしれません。よく話題になるトレーダーなんて、グローバルに多く見積もっても全金融機関で数万人くらいしかいないんだろーなー、と思います。

デスク数(いわゆる商品区分)は110程度。レート(金利)分野ではガバメント(政府債)とか、スワップとか、先物、オプションデスクとか。またコモディティや為替分野でも様々なデスクがあります。これから逆算すると、1デスクあたりの人員はセールス、トレーダー合わせてグローバルで40名程度、レベニュー平均は$180mill(150億程度)、一人当たり4億弱の年レベニューになります。

そして各分野あたりのレベニュー内訳。目を引くのがFXの扱う金額の多さとトレーディングスプレッドの低さ。ただ、JPモルガンは為替分野ではトップバンクですから、為替関連で標準的な四半期で350mill(300億弱)の収入。もっとも稼げている分野はクレジットトレーディング、ついでインタレストレート(金利)スワップ、為替スポット、フォワードデスクとなっており、特にインタレスト・レート(金利)スワップはもっとも”ぶち抜ける”デスクとなっております。

よく話題になる株式分野では現物株があわせて325mill(280億程度)、株デリバティブで200mill(160億)。コモディティはメタル(金属)トレーディングで75mill、エナジートレーディング(原油とかガスとか)で250millであわせて325mill程度。

あとストラクチャードが弱いのは、そういう戦略だったんだろーな、と。特に後半には”高回転トレーディング・ビジネスモデル”と書かれてますので、バランスシートを持たず、顧客フローを集中的に扱い、BSを使わないで細かくスプレッドを抜いていく、そんなビジネスモデルが見えます(とはいってもの、投資銀行のモデルは大概こういう事業モデルを志向してますが、、)。

とりあえず、これから投資銀行にもぐりこもう!とお考えの方には、どこのデスクにもぐりこむといいか、という指針になるのでは。

、、、え?もう遅いって??
[PR]
by ttori | 2012-03-05 22:29 | Market(マーケット事件簿)
<< ロンドンホエールが吠える 世界は広い >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧