ヘッジファンドの世界

f0005681_6591974.jpgヘッジファンドマネージャーのウォール街の日々―絶好調からどん底へ、そしてまた立ち上がった僕の物語
キース マッカロー (著), リッチ ブレイク (著), Keith McCullough (原著), Rich Blake (原著), 田沢 恭子
アメリカの名門エール大学でアイスホッケーのキャプテンを務め、クレディスイス・ファーストボストンという大手投資銀行で株式セールス、その後ヘッジファンドを渡り歩いた著者の体験を描いた本。

まず著者がアイスホッケーでエール大までたどり着き、CSFBで職を得るまで。ウォール街でいわゆる「体育会系」のつながりが強いことが描かれています。さらに投資銀行での仕事やその雰囲気。多分トレーディングルームで働いたことがない方には珍しい話が多いと思われる逸話が多数書かれています。数年働いた後、ヘッジファンドのドーソン・ハーマンで「彼は投資についてなにも知らない」といわれながら必死に働いてリターンをたたき出し(時には痛い目にあいながら)、自らのファンドを立ち上げるまでになる姿、彼の投資信条が描かれています(決して他の人と同じ考え方をしてはダメだ等)。

その後消費関連投資専門ファンドマネージャーとして自らファンドを立ち上げたにもかかわらず1四半期でそのファンドを閉鎖、大手ファンドのマグネターに売却、そのマグネターで巨大リターンをたたき出し、そのため直ぐに伝説の巨大PE(プライベートエクイティ)ファンド会社・カーライルが立ち上げたHF部門、カーライル・ブルーウェーブにヘッドハントされ立ち上げに参加し、巨大ファンドを運営するまで。
そして巨大な消費バブルに翻弄されながら、「このバブルは崩壊する!」と声を上げたにもかかわらず、タイミングが早すぎて失敗し、首になってしまう様。

最後は自らのリサーチ会社を設立、再度成功する様が描かれています。

本書を読んでると何より2000年代ってホントファンドバブルだったんだなあ、というのが率直な感想です。著者が書いていますが、「大きな波の前では小細工など通用しない」ということ。どんなに努力しても、どんなに頭がよくても大きなマクロ変動には勝てない、ということが描かれています。(ただその大きな波に乗り、著者が大儲けしたのも確かですが)


新聞などで「ヘッジファンド投機筋」とかよくわからない枕詞で語られることが多いんですが、ヘッジファンドの内情が描かれていていて、面白い一冊だと思います。
[PR]
by ttori | 2011-08-29 06:56 | 本 / CD / TV
<< 田舎 夏休み! >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧