「ほっ」と。キャンペーン

先日飲み会の前に時間があったので、丸善をふらふらしていたら見つけた本。f0005681_1029794.jpg
新企画は宇宙旅行! ~あるビジネスマンの夢と挑戦の記録~ 古田 靖 (著)
JTB事業創造本部に転勤になった普通のサラリーマン、中村さんが、「宇宙旅行をしよう!」ということで実際に宇宙旅行を単なる夢物語でなく、ビジネスとして軌道に乗せるまでの軌跡を描いています(実際のJTBのWebはこちら(JTB宇宙旅行事業推進室)

多くの方が実際に宇宙旅行に行ってみたい!とお思いかもしれませんが、本書ではまず民間の人間が宇宙に行くことができるかどうかの検証がおこなわれています。これまで宇宙開発はいわゆる”プロ”しか行くことができなかった領域ですが、それを商業ベースに乗せるために奮闘を描いています。
中村さんが話を聞きに行った元東大航空研の松岡教授の言葉を借りれば、「これまでのロケット開発は、いわば新品のジャンボジェットを東京からワシントンまで飛ばして、そのジェットを捨ててしまうような使い方」「宇宙開発は決まった予算を変わらないメンバーがパイを分け合っている状態」という、ほぼ政府に独占されている宇宙開発の実態が語られています。

中村さんは米スペースアドベンチャー社と提携し、実際の活動としては、ロシアのソユーズロケットをベースとして民間人を宇宙につれていく、というプランを立てて、スペースアドベンチャー社と独占提携を結ぶまでの過程を描いています。
「宇宙までたった200kmしかないのに、ハワイ旅行より難しい」
旅行保険をどうするか、とか細かいけど重要な点とか、多くの方が挑戦してきた歴史、なによりサラリーマンとして大組織の中でいかに宇宙旅行という「夢物語」を実現するか、の努力、また現在シリコンバレーを中心とした民間宇宙開発の現実を描いています。

最後は中村さんが宇宙旅行事業推進室長に就任し、実際に販売を開始するところまでが描かれています。現在中村さんは宇宙旅行事業推進室長を離れJTB中部で営業部長をされているそうです。

私個人、大学を卒業するときの目標は、「10年後月旅行」でした。前も書きましたが、これまで社会では、生産者と需要者が分離する「産業化」が起こり(今宇宙旅行はこの段階)、社会を飛躍的に拡大させる・効率化させる「革命」が起こってきました。そして20世紀以降はそれは20世紀システムの大きな特徴・”国民国家・政府”からある分野が分離され、民間に解放された部門から起こってきました(通信部門のIT革命など)。
宇宙開発が民間に解放され、革命が起こるとき、自分は何ができるのか、もっといろいろ勉強しなければならないなあ、と年末ゆっくり夢を見たいとおもいます。
[PR]
by ttori | 2009-12-26 10:05 | 本 / CD / TV
<< ごあいさつ メリクリ >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧