りふれ

下記エントリーを書くとき、皆さんの議論を拝見して。(あ、こっからは経済学まったく素人の私の妄想です。為念

下記のコメント欄でも”日銀が既発債全部買うとインフレになる”とのご指摘で、私は
”おっしゃるとおり、国債全部日銀が買うとインフレになると思います*。
が、現実今の日本でその議論はかなり極端だと思います。
皆さんが議論されているのを拝見させていただいて思うのは、「ブラックスワン」的な状況を想定されてるか、今現実の延長で「それは(政治的・現実的に)無理」とおっしゃっているかの違いで、議論がかみ合ってない気がします。前者は経済学者の方、後者は金融関係者に多い論調な気がします。上記日銀の国債すべて引き受けは「ブラックスワン」イベントで、そうすれば確かにインフレにできる(多分、、、)と思いますが、”現実的に”それは無理だろう、と。問題はどのような状況になれば「ブラックスワン」的状況になるか、だとおもいますけど。”
と書きました。
確かにインフレはどこまでも貨幣的現象ですから、何してもいいのであればインフレにできるとおもいますが。
その方法論の現実性をみなさん議論しているのだと思いますが。
*ちなみに個人的には現在の国債保有が国内にかたよっている現状、日銀国債引き受けによるハイパーインフレも”あり”かなあ、と思ってますが。まあ、その場合困るのは年金生活者でしょうから、政治的に受け入れられないでしょうけど、、、。

金融屋として、現実”今の”日本を考えると、まずもし日銀が現状国債買いオペを強化して、市中にお金をばら撒こうとすることを考えて見ましょう。
今国債の保有者はほとんどが市中銀行、保険会社、ゆうちょ簡保**などです。買いオペで銀行の手元に現金が残ったとして、彼らの行動を考えてみると、まず貸し出しにまわす?>今の経済状況だとなかなか国内向け貸し出しには向かない。他の債券はそんなに量はない***でしょうから、外債にまわすかもしれませんが、リスク管理上むちゃくちゃに積み上げることは無理でしょう。となると、日銀口座にブタ積みされる可能性が一番高いきがします。もちろん、金融庁あたりが「無理やりにでも市中に貸し出せ!」と尻をたたいたとしても、上場企業として損が出そうな先には貸し出せない(背任になりかねない)でしょう(ついでにBIS規制上キャピタルがないと手元に資金があっても貸し出せないんですけどね、、。そういう意味でBIS規制を所与のものとして与えると(<ここをかめい先生は否定しようとする魂胆かも知れませんが)、銀行に資本注入するのも一つの手かもしれません)。
**まあ、保有の結構な部分が郵貯簡保ですから、まず彼らがなんでもありにする必要があるかもしれません。そうしないなら、先に郵貯簡保を解体するか、市中に資金アクセスする方法を考えるほうが先かと。
***これによってMBS経由とかで不動産がバブったりして、資産バブルが起きたりする可能性がありますが、、。

この状況を打開するには市中企業(借り手)の資金ニーズが盛り上がる(先行きに楽観的になる>期待インフレが高まる)ことが必要であり、その状況をつくりだす必要があると思います。では日銀が「インフレが*%になるまでマネーを供給します」とします。これが現実効くかどうか。

人の期待インフレってどうやったら上がるんでしょうか?個人的には「わからない」というのが答え(<あほ)なのですが、わかりやすいのは経済成長や、設備の統廃合で物の供給が減ること(相対的にマネーの供給が増えること)。日本の産業構造はなんだかんだ言いながらサービス産業の比重が大きい。サービス産業は輸出できませんから、供給先は国内に限られます。そうすると、人数×必要サービスで規定されてしまいます。人数は今後人口が減るから、一人当たりの必要サービスを上げる必要がありますが、サービスを受けるためには金が必要で、給料が上がらない限り増えません。一方で輸出ができる産業は今の経済状況であればなかなか利益を上げるのが難しい(円安になれば早いですけど)。一方で物の供給が減るか?と考えると今の過剰サービス体質の日本だとなかなか難しい、というのが現状だと思います****。
****物の供給を減らすために鎖国してしまう、という手法も考えられますが、現実的ではないでしょうね、、。物の量を減らしても需要が減ったら元も子もないんですけどね、、(例:減反政策のコメとか)。

だからこそ、下記産業構造が変化して、潜在成長率が上がらないと、”ノーマルな状態では”なかなかデフレから脱却できないと、個人的には考えています。何も無いところで日銀が「インフレ*%になるまでマネー供給します」作戦がどこまで効くかは「やってみないとわからない」だと思います(だからこそその実行性について議論がでる(インフレターゲット論)のだと思います。「やったこと無いんだからやってみろ」みたいな。)。

、、、まあ、ブラックスワン的状況のほうが話題になるしセンセーショナルなので議論になりやすい(どこまでJGBを発行できるのか?、みたいな)とおもいますが。

あ、上にも書きましたが、これは経済学をマッタク勉強してない私の妄想です。為念。

【追記】実は個人的には設備と人員の需給ミスマッチと団塊世代の退場に伴って人件費の高騰>デフレ脱却!ってシナリオも実はあるんではないか、と思ってますけど。期待インフレって実はうつろいやすいもので、ランドマーク的なこと(超巨大ディールとか)であっさり上がってしまったりする(香港の不動産市場で見られたりするようです)んではないかなあと。
もっとも言いたいのは、経済は人の生活に根ざし、物理などに比べて、確固たる物が少ない、という事を肝に銘じなければならない、と思います。上に書いた、日銀によるハイパーインフレも状況証拠的に「そうなる確率が高い」だけであって、必ずそうなるとも限らないと思います。そういう意味で、国の税金を食んでいる碩学な経済学者様、かつーま何ぞにお株を奪われてないで、もっと国への働きかけをしてもいいのでは。

【追記2】下記コメント欄でご指摘ございましたが、あえて触れてないですが今”政府”・日銀が取れる手段としては円安誘導しかなかろう、と思いますが、現政権、そんな雰囲気無いんですよね、、、。
[PR]
by ttori | 2009-11-15 08:50 | News
<< ニュース2題 かつーま旋風 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧