便乗?

ホットストック:JT<2914.T>が急反落、増税懸念で実需の売り観測
日本たばこ産業(JT)は急反落。前日終値から3%超高の27万2000円で寄り付いたが、その後1時間程度で同水準から6%程度下落、25万4800円をつけた。
(中略)
鳩山由紀夫首相がたばこ税の見直しを指示するなど、たばこ増税の可能性が取り沙汰されていることに関連し、武田宗高副社長は決算会見で、仮に、たばこ増税が実施された場合には一段の消費減につながるとし、「増税分以上の値上げが必要になってくる」との見解を示した。市場ではJT株について「朝方は買い地合いのなかで決算が好感されたが、その後は値上げが消費減につながるとの見方が嫌気され、実需の売りが出たのではないか」( 大手証券の株式トレーダー)とみられている。
[東京 30日 ロイター]

私もタバコを吸う上、海外などに行くと駐在の方から「タバコ買ってきて」とたのまれたりするので、日本のタバコの安さは際立っていることは知っていますし(ただ、今の円高でどうなのか知りませんが)、今回の政府予算のばら撒き拡張で税収不安となり、”とりやすいところ”から取る、というのも納得はできませんが、想像はできます。

しかし上記JTの副社長のコメントを読むと、
「たばこ増税が実施された場合には一段の消費減につながるとし、「増税分以上の値上げが必要になってくる」との見解を示した」
とのことですが、世界はそれを

便乗値上げ

と呼ぶんだぜ(by サンボマスター)ではないでしょうか。(<あほ)

過去、消費税引き上げ等があったときに公正取引委員会等が「便乗値上げは許さん!」といきまいていた記憶がありますが、こと半国営会社には(JALや郵政をみてて思いますが)甘いなあ、と思ったりするのは民間人のヒガミですか、そうですか。

、、、しかし「これでJTは大手を振って値上げできる、収支改善、万々歳」みたいなレポートを書いてたアナリストもいたようで、規定路線なんですかね。。まあ、葉タバコ農家との関係とか、いろいろあるのでそうせざる得ない、という意味だとは思いますが。
[PR]
by ttori | 2009-11-10 21:39 | News
<< かつーま旋風 ワイン産業 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧