不審な死

マドフ事件関連です。

マドフ受刑者に投資していた男性、自宅プールで溺死
巨額投資詐欺事件で有罪判決を受け、服役中の米ナスダックのバーナード・マドフ元会長(71)に投資していた男性が25日午後、フロリダ州パームビーチの自宅にあるプールで溺れ、死亡した。警察が明らかにした。 死亡したのはパームビーチ・ピコワー財団代表のジェフリー・ピコワー氏(67)で、プールで意識を失っているところを発見され、病院で死亡が確認された。警察は同氏が溺れた経緯について調べを進めている。 ピコワー氏の財団は今年、巨額の投資損失を理由に閉鎖したが、同氏がマドフ元会長のねずみ講まがいのファンドから利益を得ていた可能性が浮上。同氏がファンド破綻前に、巨額の金を引き出していた可能性も指摘されている。 【CNN】

Bloombergに出てましたが、ユダヤ人の超富裕層を中心に数兆円といわれるマドフファンドからのペイアウトの大口受け取り人の一人だったそうで、その金額数千億円に上るそう。そしてマドフ事件の被害者から、返還の訴訟を起こされていたそうです。

しかし、突然の訃報。
心臓発作でプールで溺死したとのことですが、不審な人物がいればすぐわかる超高級住宅街の住人なので、事件性は薄いとはおもいますが。

ふと思い出したのは、ユダヤ人の大富豪で、モナコで不審な焼死を遂げたリパブリック・バンク創業者のエドモンド・サフラ。

暗い闇を想像してしまう私は想像が過ぎますか、そうですか。
[PR]
by ttori | 2009-10-27 21:56 | News
<< ATM 大型企画 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧