人の振り見て、、、

世界各国で景気対策のため導入された自動車購入補助金ですが、アメリカで事務手続きが追いつかずに打ち切りになったら、日本でも同じ事態だそうです、、。

エコカー補助金「不発」のおそれ、交付実績たったの1割
「どうなっているんだ。納車から2カ月も経つのに、まだお客さんに振り込まれない」。首都圏のある自動車販売店社長は憤る。6月に始まったエコカー購入補助金。車齢13年超の廃車を伴う場合は25万円、そうでなくても10万円(軽自動車は各半額)がもらえるが、この制度に対する不満が噴出している。購入者への補助金交付が大幅に遅れているのだ。
(中略)
具体的な交付実績はこれまで公にされてこなかったが、センターは本誌の取材に対し、9月25日までの交付決定件数が18万6000台、金額にして199億円にとどまっていると明らかにした。当初予算3700億円に対する消化率は1割にも満たない。1台当たりの補助金額が多い13年超の廃車を伴う申請は全体の15%しかなく、これも交付金総額が増えない一因ではある。ただ最大の理由は、未処理の申請書がセンターに52万台分も積み上がっている点にある。「処理が遅いというおしかりは承知している。当初は到着順に審査していたが、問題ない書類は先に通すよう処理方法を変更した。要員も1・5倍に増やした」と説明するセンターは、想像以上にずさんな申請書類が大量に届いているとも言う。「振込口座の記入に不備がある書類が全体の1割もある。エコカーの対象にならない車を購入したのに申請したり、中には白紙のまま送ってくるケースまである」(センター)。準備不足と意思疎通の目詰まりが露呈している形だ。
(東洋経済Webより)

まあ、どこも(たぶん)ドイツの成功をみて現場のことを考えずに導入した結果、だと思えばわかりやすいかもしれません。でもまあ、それなりに効果があったようなので、細かいことには目をつぶってもいい気がしますが。
しかし、緊急事態はわかりますが、K大臣の暴走といい、みんな好き勝手いろいろやって足元めちゃくちゃになってる気がするのは私だけでしょうか。どっかに書いてありましたが、BIS規制を撤廃させる(!)とか、今度IPOをする大手生保のそのキャッシュアウト効果(既存契約者にかなりの現金キャッシュアウトされる)に着目して、生保相互会社の上場を促進させるとか。

民主党政権も慣れてない、という見方もできますし、既存のやり方をぶち壊すのも必要だとおもいますが、K大臣にかき回されて、地に足がついた仕事ぶりが見えないと思うのは私だけでしょうか、、、。
[PR]
by ttori | 2009-10-11 07:43 | News
<< 引退 たいふう >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧