ふかよみ

かんぽの宿:売却額、対立深く 総務相・日本郵政、ともに譲らず
 日本郵政の「かんぽの宿」70施設をオリックス不動産に一括譲渡することは鳩山邦夫総務相の反対で一時凍結となったが、約109億円の譲渡額の妥当性を巡る対立が解消したわけではない。総建設費用に比べ「安すぎる」と批判する総務相に対し、日本郵政は「適正な額」と譲っていない。「2400億円かけて作ったものが、100億円なんてバカなことはない」。鳩山総務相は30日の閣議後会見でこう述べた。日本郵政によると、70施設の土地代は約295億円、建設費は約2107億円。例えばさいたま市の「ラフレさいたま」(00年9月開業)は約286億円をかけたが、08年9月末時点の帳簿価格は約16億円。これも「簿価は簿価として、150億円くらいで売らないと大損する」と指摘した。一方、日本郵政の西川善文社長は29日の会見で「取得原価をみると、投資(額)がいかにも大きい。どういう考えでそういう投資が行われたのか理解できないところがある」と語り、民営化前に採算を度外視した投資があったと暗に批判した。
【毎日新聞 2009年2月1日 東京朝刊】

まあ、まず第一印象は、この大臣馬か鹿かと。
言っていることが支離滅裂、だれがこんなやつ大臣にしたんだと子一時間問い詰めたい。問い詰めたい。

とまあ、悪態をつくのはいいですが、この件で思った妄想をいくつか。
1:まずこの大臣はなぜここまでわざわざ突っ込むのか。「2000億以上かけたのになんで100億」という発言は小学生以下ですが、宮内オリックス会長が大嫌いとか、個人的な感情があるなら別ですが、そこまでこだわる理由がわからない。この件で国会で質問したのも郵政選挙で自民党をたたき出された人のようで、まるでその質問はエールの交換のよう。「うさんくさい」とのたまいますが、大臣のほうがよっぽど胡散臭い。

2:しかも「100億安い」といっときながら、「収益上げるために宿泊費上げ」とか微妙な軌道修正も胡散くさい。どなたかが説明したとしか思えない。しかもこのご時勢に単価上げなぞできるとも思えませんけど、、、。

3:一方で100億以上の値段をつけたオリックス側も胡散臭い。このかたも指摘されていますが、単純に年50億以上の期間損失を出している資産を買うのにしても、高い気がする。今ホテル業界は苦境に陥っていて、客単価も宿泊率もガタ減りの現状ですし。もちろん、郵政側に恩を売って、今後のビジネス拡大に期待をしているんだとおもいますけど。とくにかんぽの宿って地元郵便局の利権の巣って話もあるようで、、。

4:また郵政側の動きもわからない。初めは「大臣への連絡ミス」みたいなことでまさかこんなに延焼するとはおもってもなかったんだと思いますけど。にしても脇があまいのか、ぎりぎりまで大臣に知らせなかったのか、、、、。

5:建設費が無駄に高いのはなぜでしょう。採算なんぞ考えないで作ったのはわかりますけど、簿価と比べ建設費があまりにも高すぎ。個人的に何度かかんぽの宿行った事ありますが、確かに金をかけてつくったのはわかりますが、多くが辺鄙なとこにあるのにあの建設費の高さは異常。なんだか突っつくといろいろ出てきそうな感じですな。

まあとりあえず何をこんなにねじれてしまったのかわかりませんが、とりあえずオリックス側はビットを降りて、再入札するんでしょうね。そして初めのビットより低い値段になってちゃんちゃん、となるのに1万リラ。

【追記】本日出回っていたChikirinの日記さんのログ。かなり面白いのでお勧めです。
[PR]
by ttori | 2009-02-03 21:49 | News
<< 春 ゆめ >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧