最近買った本。

積読も含めて友人風に。
f0005681_1523593.jpgf0005681_15232320.jpgf0005681_15234862.jpg









f0005681_21492385.jpg
f0005681_1524664.jpgf0005681_15242384.jpg










f0005681_15244060.jpgf0005681_15245635.jpg1:世界金融危機 金子勝・アンドリューデヴィット著
2:白洲次郎 占領を背負った男  北 康利著
3:世界金融危機 開いたパンドラ  滝田洋一著
4:強欲資本主義 ウオール街の自爆  神谷秀樹著
5:資本主義は嫌いですか それでもマネーは世界を動かす 竹森俊平著
6:レジェンド 伝説の男 白洲次郎 北 康利著
7:白洲次郎の流儀  白洲 次郎ほか著
8:すべての愛について 浅田次郎著

とりあえず、浅田次郎さんの本と、(いまさらながら)白洲次郎さん関連。
日経の本(世界金融危機 開いたパンドラ  滝田洋一著)は最近の動きをうまくまとめているなあ、と思いながら、でもそれ以上でも以下でもなく。”強欲資本主義 ウオール街の自爆(神谷秀樹著)”に関しては、内情に詳しい方がかかれていて、今回の問題についてかなりわかりやすく(本来の顧客重視のサービスからはずれてバランスシートを拡大させ、極端にリスクラバーになっていた投資銀行の内情)かかれていますが、「なぜそうなったのか」がいまひとつ感。ただ、それは業界内部の人間だからの感想かもしれませんが、、、。
いまさらながらの白洲次郎さん関連は本屋で見かけたので適当にピックアップ。(3冊うち)1冊(レジエンド:伝説の男 白洲次郎)を読みましたが、戦後復興の原点のお話で知らなかったことが多く、面白かったです。本の要約に「プリンシプル(流儀とでも約す?)」と連呼されていましたが、個人的にはそれよりも戦後政治の原点の話が多くておもしろかったです。そしてその白洲さんですが、ファッションやグルメについての本が多いようで、かなりの趣味人であったようで。
竹森俊平先生の本はこんどの長期休みのときにゆっくり読もうかな、という感じ。
浅田さんの本は対談形式。改めて読んでいる「カッシーノ!」とあわせて(いつも取り上げているつばさよつばさも含め)、日曜日リラックスして読みたい本です。
[PR]
by ttori | 2009-01-25 15:25 | 本 / CD / TV
<< ゆめ なぜそこまでシビア、、、。 >>



小さな窓から見上げると曇り空でも、外に出ると意外と晴れてるもんだ。
by ttori

カテゴリ

全体
プロフィール
本 / CD / TV
プライベート
Market(マーケット事件簿)
News
CM一考

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧